素材の美味しさを大事に、そば定食。

旅の目的地。 旅の途中の立ち寄り先となる、青の洞門。
 北部九州に住んでいたら知らない人はいないかな?
 物語と菊池寛の短編小説が混ざってしまってますが、青の洞門(大分県中津市本耶馬渓町)は、耶馬溪の山国川に面してそそり立つ険しい岩場「競秀峰」の裾にある洞門(人道トンネル)である。
 諸国遍歴の旅の途中ここに立ち寄った禅海和尚は、断崖絶壁に鎖のみで結ばれた難所で通行人が命を落とすのを見て、托鉢勧進によって掘削の資金を集め、石工たちを雇って「ノミと槌だけで30年かけて掘り抜いた」というはなしもある。
若い頃に悪行を重ねた罪滅ぼしに僧となり、この地に訪れた時に。。。
トンネルを掘り安全な道を作ったそうです。 という話で有名です。
今は、自動車用の道もあるので、完成当時よりかなり変形しているが、人道の部分は一部にノミの跡が残っています。

さて、話を戻して、知り合いの方に教えて頂いた。 青の洞門の大きな駐車場の外れにあるお店
店の雰囲気は田舎の料亭?といった感じなので、暖簾の前で財布と相談したが、メニューはリーズナブル
普段着の旅行姿で気軽に立ち寄り、旅をしている気分が味わえるお店でした。
 店はオープンしたてか、直前だったので、この暑い夏場に冷房しないで窓や玄関が開いたままでしたが、店内は涼風が感じられます。 カラダに優しいですね。
 黒豚料理が美味しいと聞いていたのに、メニューを見ながら十割そばに誘われてソバ定食の冷を注文
 そばはつるりと冷たく、とろろや出汁はひんやり。 涼を感じながら、味わうのを忘れて平らげてしまう。 定食を注文したのに(ノ<)
 天ぷらは天汁でなく塩で頂く。 素材の味が生きていて、野菜を食べている感じ。 田舎料理定番の小皿は山菜を煮込んでいたものだけだけど、丼で出されても食べてしまうぐらい。

 さて、次は黒豚料理を頂くぞ〜