TOP >> ホームページを作ろう

ホームページ 弐
何を創ろうかな?

1.さて、さて、何を作ろうかな?
「さぁ、ホームページを作るぞ〜」とパソコンに向かって作業を始めました。
まずは、MyHomePageとのタイトルを入れて.....
こんな感じで取り掛かると、タイトルを作った後...

┐(~ー~;)┌ マイッタネ ッてな感じでホームページ作成を難しく感じます。

先ほども延べましたが、ホームページとは、インターネット上で公開している
貴方の作った電子本だと思って下さい。 それも日記帳のように更新を繰り返しながら進化していきます。
その本の内容は人さまざまです。 私は写真を使った旅行記ですが、ある人は育児日記だったり
動物の観察日記、掲示板という双方向の頁だけを設置して仲間と会話を楽しんだりしています。

本という言葉で気が付かれた人もいると思いますが、例えば、学校や会社で資料や論文を提出するのに、
机に座ってすぐに文書を書かれる方は少ないと思います。 私は無理です。
ホームページも同様でソフトがあれば簡単に作成できますが、創る事はできないのです。

そこで、第一段階は大雑把に何を作るのか、ホームページの土台となるテーマを決めて下さい。

テーマを決めるにあたって、下記の三段階で絞って下さい。
1.抽象的でなく具体的なテーマを上げて下さい。
2.身近に感じる事、普段から頭の中に思い描いている事に絞って下さい。
3.一人一テーマにして下さい。
※ホームページ作成に慣れてきてから2つ目、そして3つ目と増やして下さい。


2.ホームページのねたを貪欲に集める
テーマが決まれば次は企画です。 企画はホームページ制作の骨組みとなります。
企画はテーマを実現するために、どのような行動をするのか決めて行きます。
※ここでの行動とは、取材、調査になるのかな?

私の場合、写真日記がテーマでしたので、
1.日帰り旅行に絞り、ツーリングなどに行った時には必ず写真を撮ってくる。
2.日記を書く為のねた帳をつくる
具体的には目に留まったもの、ふっと頭に思い浮かんだ事をメモする
3.旅行の感想だけでなく旅行先に関する情報を掲載する
具体的には旅先の名所、旧跡を調査したり、観光案内のパンフレットを持って返る

こんな感じで1つのテーマを実現するための方法を具体的に考えます。 行動を起こすと、自然とホームページのねたが増えてきます。

ここで注意が必要です。 ホームページのねたを簡単に集めようと....
新聞雑誌や他の方のホームページをねたにはしないで下さいね。
安直に利用してしまうと...例えば、イベント情報などをコピーしたりすると著作権違反に
なったりしますからね。 それに貴方の個性がでないのはさみしいしね。