TOP >> ホームページを作ろう

時計工房マイクロック
メーカー:CITIZEN
品番:4KG684
価格:¥3500


参考情報
http://www.rhythm.co.jp/
http://www.citizen.co.jp/watch/

1.袋から内容をばらします。

袋の中身を紹介すると
インクジェット専用フイルム(2枚)
文字版モード(1枚)
置用スタンド(1枚)
ムーブメント(1個)
壁掛金具(1個)
ゴム座(1個)
針(秒針、分針、時針 各2本づつ)
中心ネジ(1個)
中心ネジ閉め用ドライバー(1個)
壁掛け用木ネジ(1個)
とマニュアルがあります。

2.パソコンで、時計の絵柄をデザインします。

σ(^_^)は、自分のバイクの写真にしました。
 1.かっこよく撮影します。
  1)σ(^_^)は、いつも斜め前の下から撮影します。
 2.デジカメの写真をパソコンに撮りこみ、写真を補正します。
    ・ピントはこの時に若干でしたら、補正可能です。
    ・明るさも補正できるので、フラッシュが気になるのでしたら、
    フラッシュなしで撮影して、この時に明るくします。
 3.渋いようにセピア配色に加工しました。
  ・このとき、自分が好きなように、写真を加工してください。
  ・僕はセピア色にしました。
 4.写真の状態を普通用紙に印刷します
  ・写真の状態を紙に実際に印刷して確認します。
 5先ほどの用紙で時計の穴位置を確認します
  この印刷を使って完成時に問題になる、下記の点を確認してください。
   ・時計の針と写真が干渉しないように
   ・写真がカッコ悪くならないように
   ・数字の位置を確認
    ※数字は透明シールに印刷して後で貼ってもいいかも?
 6.確認状況をフィールドバックします。
  ・文字位置も確認して、数字をいれます。。
  ・写真の位置を微調整します。
 7.フイルムに印刷します。
 8.乾燥するのを待ちます。
  ・σ(^_^)は、待ちきれずに触ってしまって失敗しました。
  ・乾燥しないで次の作業に移ると、
   貼りつけ作業時に、指紋などがくっきりとついたり、
   印刷部分がこすれて、写真が崩れます。
テスト印刷というか、
確認するために印刷

3.時計を組み立てます。。

マニュアルを参考にして
時計を組み立てます。
 1.印刷したフイルムを文字板ボードに貼ります。
 2.ムーブメント取付位置に、穴をあけます。
 3.ムーブメントを組み立てます。
 4.文字板ボードにムーブメントを取付ます。
  写真のように文字板を挟むにネジ止めします。
 5.針を曲げないように、秒針、分針、時針を取付ます。

4.完成しました。

写真だとちょっとカッコ悪いけど、実物はなかなかのものです。 
フイルムが一枚あまっていますので、空いてきたら違うデザインの時計に変更できますよ。