TOP >> ホームページを作ろう

自宅PCで手動的ズームを行う

 トイカメラ等は固定焦点なので、被写体が遠い場合...
 例えば、心の中では右の写真の様な、船を大きくして撮影したくても、この場合川が物理的に邪魔をして近づくことが出来ませんでした。
 仕方がないので、写真を撮ると下記の写真の用に画面に船は小さく映ります。
 ※これはまだ用ですけどね。
 こんな望遠で撮影したくても撮影できない場合がトイカメラなどでは、こんな場面で始終出会います。 また、トイカメラでないカメラでズーム機能があっても、被写体が思ったより遠かったり、手ぶれしてしまう事があります。
 ここではPCを取り込んでから、目で見て感じたサイズの写真に仕立て上げようと思います。

こんな感じの写真を撮りたい

実際には遠景の写真しか撮れない
 作業を簡単に説明すると撮影した写真は、ほとんどがホームページで扱うサイズより大きなサイズになっていると思います。 その為にみなさんはデジカメソフトで適切なサイズに縮小していると思います。
 自宅のPCで行う手動的ズームは、ソフトで縮小しないで被写体+周辺を切り抜く事で実現するという発想です。
1.現地での撮影
 1)ズームアップしたいけど、被写体が遠いという場面に出会った時は取り合えずデジカメの解像度を最大解像度にしてください。
 2)次に帰ってから手動で写真を加工する事を考えて、手ぶれをおこさない程度にズームアップして、写真を撮影しておきます。 
2.写真の取り込み
 1)帰ってからはPCに写真を取り込みます。
 2)写真をデジカメのおまけについていた写真を加工するソフトで開きます
 もし、色合い等が気に入らない場合は、全体を見ながら修整すると、綺麗に仕上がるのでこの段階で行ってくださいね。

コピー先のソフトで大きさを決めます
2.ズーム加工の準備
 1)もう一つデジカメソフトを立ち上げます。 私は単純で加工しやすいのでペイントブラシ(他でもOK)を利用しています。(以降:ソフト1と呼ぶ)
 2)ホームページに貼りつける写真の大きさの枠を作ります。(以降:ソフト2と呼ぶ)
  ・ペイントブラシの場合、メニューの「変形」→「キャンバスの色とサイズ」を開いて下さい。
  ・幅と高さをホームページに貼り付けるサイズ(以降:写真枠と呼ぶ)を入力いたします。
2.写真をカットアンドペーストで大きさをカットする
 1)ソフト1で、写真全体をクリップボードへコピーする

2)ソフト2にクリップボードより写真を貼りつける

3)ほとんどのソフトが「ドラック&ドロップ」により写真が動くので、被写体が写真枠に入るように構図を考えながら動かしてください。
4)構図が決まれば、ソフト2側で写真をセーブしてください。
※ペイントブラシはMS・Officeが入っている機械ではJPEGなどのフォーマット形式でセーブできます。
出来ない場合は、ビットマップでセーブして、グラフィックー系のフリーソフトでフォーマット形式を変換してください。

構図を考えながら写真を動かす
5)写真がちょっと大きすぎるとかの理由で思ったような構図にならない場合もあります。 その場合、ソフト1側で写真を少し縮小してから1)よりやり直してください。
6)これで完成です。
 如何でしたか? 簡単に感じた通の写真が出来るでしょう。