TOP >> 電脳書斎

妖怪を探して、 宍道湖/中海巡り

8/17 05:40 出発
空の天気が気になるのでカーナビから天気予報を入手するが、目的地も雨(TT)
 まぁ、いいかぁ、今日は、移動日なのさ。

8/17 09:00
お腹の調子が悪いので広島でトイレ休憩。 広島つけ麺の文字を発見、土地の名前がついている料理に弱く食べる。
中身は冷麺にこの土地で取れたゆで野菜の細切れが入っていただけでした。 あじゃ〜^^ でも、有名見たいなので老舗に行けば美味しいかな?

8/17 10:00
庄原ICから降りてカーナビにしたがって山道に進路をとる。 インター出口で大きな太鼓の形をしたお店を発見。 旅はこういったユニークなものを発見するとうれしくなる。
しばらく、山道を走ると出雲おろちループ橋を通過。 ここにはおろちの顔をしたトンネルがあるので、蛇に呑込まれた不思議な感覚を味わいながら山を降り始める。

8/17 11:00
仲間オススメの木地線の亀獄駅に到着。 ここの駅舎がお蕎麦屋さんになっていて屋号は扇屋そばです。  
人づてに聞いた話なので、違うかもしれませんが、駅長の趣味が、お店まで発展したとか、歯応えは東京で食べたよりは柔らかでしたが、出汁はちょっと甘め。
気がつくと平らげてしまっていたけど....後でも蕎麦を食う予定だったので、腹三部で立ち去る。
そう、そう、感想は九州人にとっては、やはり、他の人にも薦めたい味でした。

8/17 11:30
カーナビを見ると「桃源郷」という施設を発見。 うふふふふ...ふふ 何だろう?と思って山道を走っていくと、
普通のキャンプ場でしたが、いや、何か名前に由来した施設がと探したがわらぶき屋根などの古そうな施設がある、ただのキャンプ場であった。

8/17 11:45
道路の裏路地にある神社の「須我」が気になり立寄ってみると、なんと日本初之宮 『須我神社』でした。
祭られている神様は天照大神の弟で高天原(神の国)から乱暴者として日本に追放される。
彼がこの地をうろうろしていると、老夫婦と若い娘が泣いていたので理由を聞くと既に七人の娘が大蛇の生贄として食べられて、8人目の稲田姫も八岐大蛇に食べられるとの事
この大蛇は出雲おろちループ橋ぐらいの大きさで、一つの胴体に頭と尾が八つずつあるとか?(@@) スゴスギル
スサノオは稲田姫を妻にする約束し、大蛇の首数と同じだけ門を作って、その門前に酒を置く罠を仕掛けて八岐大蛇が酔って寝るまで待つ。
大蛇が寝るとスグサマ出てきて切り殺して退治する。 彼は大蛇に困っていた各地の住民たちに感謝されながら稲田姫と結婚する。

結婚後に八雲山の麓に日本に腰を落ち着ける為に宮を作り夫婦岩に腰をおろた所、この地を包むように美しい雲が立ちあがるのを見て「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに八重垣つくるその八重垣を」の歌を詠まれながら、日本の開拓に思いを馳せたそうです。
この歌により、この地方は出雲と呼ばれるようになり、この神社裏手にある八雲山・山頂までの登山道には「和歌発祥之遺跡」とされて山道には歌碑・句碑が並んでいます。 今では歌や詩が上達するようにと登山をされる方も多いそうです?

8/17 13:00
玉造温泉に近づくにしたがって雨が降り始める。 この温泉は日本最古の歴史を持ち、「出雲国風土記」にも名前が登場する。
最初、出雲玉作資料館に立ち寄って、この土地の歴史を見ると、玉造の名前の通りに古墳時代から奈良・平安時代を通じて玉の生産地で玉作りとともに発展していったそうです。
そして玉造温泉街にある公衆浴場ゆ〜ゆへと向かう。 この施設は最上階に温泉場があるのでエスカレータで昇って汗を流してきます。
露天風呂は、中心にサウナがあって、それを半月状に囲むように勾玉の形をした風呂が2段重ね。 私は立ち湯もある上側へと移り入浴する。
どんより雲なのが残念だけど心地よい( =0)A  休憩施設でこれまた牛乳を飲む......格好が悪いけど、一時の至福を味わう。

温泉を出発して宍道湖の南側を撮影スポットを探して走り始める頃には雨が強く降り出して湖面しか見えなくなる。
残念だけ、昨年の10月に訪れていたことだし、まぁ、いいかぁ〜

8/17 14:20 出雲大社に向かう途中目に飛び込んで来た、出雲伝承館に立ち寄る
江戸時代の豪農屋敷を移築保存する施設で、ここの日本庭園と隣接した部分に出雲ソバ屋さんを発見。
席につくと、庭園と面している部分は大きなガラス戸なので全身で日本庭園を楽しむことができる。
メニューを見ながら釜揚げソバの文字...思わず、注文してしまいました。
どんぶりの中に蕎麦のゆで汁と蕎麦が入っていって、それに薬味(ねぎ、紅葉卸、鰹節)をいれて、割子ソバ用?の汁を加えて自分好みの味にして頂きます。
私は、初めは何も入れずに食べていると、蕎麦のゆで汁が麺のそばの香りを強調、味覚は麺のシコシコの中に嫌味のないとろりとした食感
食べ続けると、同じ味覚だと慣れがでる頃に薬味とつゆを徐々に濃いくなるように加えて頂きました。
汁を加えると先ほどまでの味覚と異なり、味わいに深みと旨味がまして気がつくと食べ尽くしていました。
感想は、「うまかったでぇ〜」で次に出雲に来た時は必ず食べに訪れるでしょう。

8/17 15:00 出雲大社に到着。
いつも駐車場から入るので、今度は入口からと思い戻る....意外に長い距離^^A
ここに訪れた来た記念の「出雲大社の石碑」を撮ろうとうろついていたら、現在までの出雲大社の模型が展示されていたので見学する。
やはり、目立るのは古代の出雲大社の模型でした。 何しろミニチュアなのに2Fの天井付近に宮があり木造建築で15階建てビルの高さがあったそうです。
現在でも大都市でもなければ15階建て以上のビルは少ない事を考えると、1000年以上前には存在していた大社は神々が住んでいたと思っても分るような気がします。
そして参道は今回が初めてなのですが歩いているとデジャブー現象に襲われる。 特に大国主尊が波間に漂う玉を授かろうとしている像は見た記憶がある。


8/17 16:00 日御崎神社
 大社の裏山から日御崎神社へと抜ける。 海岸線の道はなく山越えとなった。
 こちらも漁村にある地元神社といった雰囲気です。
 実際に日御崎灯台からの風景を楽しみつつ立寄る方が多いのかな?

 しかし、由来を聞くと驚いてしまう。 何しろ江戸時代の話で必ずでてくる伊勢詣では有名だと思います。
 その伊勢神宮が日本の昼を守っている神様なら、こちらは日本の夜を守っている神様だったのです。(@@)
 うふふふふふ...昨年、ここに詣でて懸賞に申し込んだ記憶がないのに1万円が当たったので、
 今回も一番無防備の寝ている時なので無事息災を祈りました。 今年は何がでるかな?

8/17 17:00 島根ワイナリで工場見学
 ぴかぴかに磨かれたタンクとベルトコンベア−しか見えないワイナリの工場見学は退屈でしたが、食事とお土産を買う為に立ち寄る目的だとGoodです。
 晩飯を頂くつもりでしたが、まだ、お腹が一杯だったのでお土産を購入してホテルへ。

8/17 17:30 旧本陣記念館
 時計を見ていなかったので気がつかなかったけど、閉館後に到着しました。
 たまたま入口が空いていたので尋ねて見ると親切な方々で、遠くから来たのならしかたないな〜との一言で、翌日の展示会(美術館もかねているので)の準備が終るまで見学をさせて頂きました。
 ここは、江戸時代に松江藩主の本陣として使われた屋敷と庭を移築した記念館で、遠くからは白壁と黒瓦のコントラストが素敵。 また、屋敷内には枯山水庭園、民芸展示室で、畳のある室内を昔、利用されていた道具を見て回ります。 気になったのは子供をあやす為の馬車や漁をする為の道具でした。
 そう、そう、美術展示館では、本日が展示最後の裸婦像の絵画が展示していて、写真と比較にならないぐらいに健康的だけど妙に色っぽかったです。

8/17 18:00 鰐淵寺
 見学予定は無かったけど、頭の片隅に何か引っかかるので行って見ました。 私が行った時には門が閉まっていましたが、この寺は武蔵坊弁慶がここで修行したそうで彼にまつわる物も沢山あるらしいのです。 残念。

8/17 18:20 ホテルに到着
 雨が降っていたので、楽しみにしていた宍道湖公園からの夕日撮影は諦めてホテルへと到着
 今回のホテルは、最初の説明以外は全て無人だそうで、チケット購入後はカードが電子キーとなり自由に出入りが可能でチェックアウトもなし
 ホテルというより、旅先で借りた個人部屋といった感じでした。

8/17 19:00 晩飯を食べに徘徊
 ホテルをでて、まずは100円ショップで今年のバージョンの地図を購入。 裏面は小さな旅と題して県内のオススメ観光地の紹介がされていた。 ラッキー
 その後、出雲市内に行こうかと思ったけど...随分と走って疲れていたので、ホテル前にあるラーメンを思い出して晩飯を頂く。
 あれ?どこかで見たラーメン屋と思ったら、九州は小倉のラーメンでした。 あぅ...地元じゃん

8/18 08:00 出発
 雨雲が垂れ込めているので、対岸の風景を楽しむ為の宍道湖周辺の観光を諦めて美保関へと向かうが、松江市内で通勤渋滞に巻き込まれる。(ノ<)No−!!

8/18 09:30 美保関にて
 途中からしおかぜラインを走り山陰最古の灯台へと到着。
 この灯台は明治に造られた石造りの建物で、土台の部分が優雅なラインを描いているので
 あれ?と帰ってきて調べてみると、「世界の歴史的灯台100選」に選ばれたそうです。

 そして、引き返して美保関港に訪れる。 ここは名の由来のように日本海側の海上交通の要港で、海上交通の関所が置かれたためとか?
 境港を観光するなら、ここの民宿に宿泊しても良かったかな?と思うぐらい良い場所でした。
 また、街の山沿いに美保神社が気になったので立寄りますが駐車場が無いのでパスしましたが、後で調べると全国各地にあるゑびす社の総本社だとか!
 んで、二神をお祭りする為に大社造りを二棟並べた造りで「美保造り」と呼ばれ、国の重要文化財に指定されているそうです。
 あゞ、無理しても立寄ればよかった。 (ノ<)行き当たりばったりだと、こういう所で取りこぼすんだよな〜

8/18 10:15 メテオプラザへ立寄る
 境港へと渡る前に隕石を見学。 ここは1992年12月に民家に落下した隕石を中心に世界の隕石展示や宇宙の誕生について解説した映像を流している
 「メテオミュージアム」を中心に温海水プール、温泉施設?、リラックスルーム、隠岐航路ターミナルとして機能しています。
 隕石に触れるコーナーもあって、実際に触ってみるとまじに重く、また、展示されている美保関隕石は太陽系の誕生とともに生まれ、漂流してきた隕石だそうです。

8/18 11:30 海とくらしの史料館
 境水道大橋を渡り海とくらしの史料館に入る。 外見はこの土地の古い建物を利用した民族伝承館と思って入場すると、中はまるで立体魚類図鑑で、魚の剥製だけでなく、漁船や漁方による網の張方などが子供心に戻って面白かった。
 2Fに上がると民族伝承館といった感じだが、港町だけに魚釣りに関係する品々が飾っていました。 あの、小さな船は何に使うのかな?

8/18 12:10 水木ロードを歩く為に境港駅へ
 水木ロードや記念館には駐車場は無いですが、境港駅近くにある交番に隣接している駐車場(リーズナブルな料金だった)に止める。
 ここから境港駅に一旦でてから水木ロードを歩く。 水木しげる記念館までの800m間に彼の作品である妖怪のブロンズ像があるので写真を撮りながら歩いていく。
 水木しげる記念館は懐かしい部分もありましたが、ゲゲノ鬼太郎に登場する妖怪が立体で登場していたので子供向けのお化け屋敷といった感じだったりして、大人でも楽しめました。 特に彼が世界中で集めた妖怪のお面を展示していたコーナーは形相が怖いけど優しさが感じて、しばらく眺めていました。
 そういえば子供の頃は妖怪が怖かったけど...それは悪いことした時の罰として妖怪が登場したっけ。

 予定では日本海と大山が一望できる地上43mにあるパノラマ展望室(古代出雲大社と同じ高さ)からの絶景が楽しそうで、夢みなとタワーに立寄るつもりでしたが、
 雨雲が垂れ込んでいたので灰色の風景しか温泉に使ってもな〜と思って、国引き伝説で登場する国を引張っぱて来た綱の一つが弓ヶ浜に行くが...普通の海岸でした(笑)

 松江市に戻り八雲立つ風土記に向かっていると、カーナビに出雲国庁跡が近いらしい事が分り場所を探す。
 道を間違えてUターンする場所を探していると、古い地元の神社だけど威厳がある「六所神社」を発見。
 とりあえず、参拝してしまえと路上駐車して参拝して、そのまま出雲国庁跡を探しに行く
 後で調べてみると、「総社」とも呼ばれ、国司が全ての神社を回れないので、この神社に出雲の神々を集めたとのこと
 つまり、この神社に参拝すれば、出雲の代表的な神々に参拝したことになる。 v(^^)ラッキー

 神社の裏側にあってくるりと回った所をカーナビはさしている。現在は広い田んぼといった感じの場所であった。
 奈良時代から室町時代まで出雲の国の中心地の面影はなかったのが残念。

8/18 13:31 休館日と知らずに訪れた八雲立つ風土記の丘資料館。 案内は玄関にしかなく土砂降りの雨の中,呆然と立ちすくんでいました。
 少し気を取り直して、近所の神魂(かもす)神社に移動。
 駐車場らしき空き地に車を止めて、山道を昇っていくと竹で作られた手清場を発見。 参道でなく石畳を昇っていくと、やっと神社が現れた。
 この神社はそして大社造りではもっとも古く国宝に指定され出雲大社より400年も古いとか? (凄)

8/18 14:27
 ヤマタノオロチに関する物はないかと、とりあえず八雲村方面へと走る
 カーナビに大きな神社マークが表示されたので立寄ってみると、八雲村の熊野大社という事が分かる。
 出雲大社の神様の先祖に当たる神が祭られていて、大勢の方が参拝に訪れ易い場所であったので、出雲一宮となったらしい。
 なるほどと思ってしまうのであった。

その後にホテルにチェックインしようと松江市内へと向かい。 道筋にあった「八重垣神社」に立寄る
ここに訪れて驚いたのは、縁結びに御利益のある神社との事。 何故かというと、出雲の始祖にあたるスサノオウのお嫁さんを祭り、日本初の結婚式が行われたからだとか。
なるどね。
結婚占いもできるらしく、本殿で占い用紙を買って社殿の奥の森に稲田姫が鏡として使ったといわれる鏡の池に訪れます。 この池に占紙に硬貨をのせて水ぬ浮かべて、沈時間で早婚、遅婚なのと恋の行方を占いができるそうです。(15分以上も沈まないと遅婚だそうです。)

8/18 15:30 旅館にチェックインして、松江市内見学のアドバイスを頂いて再出発
 歩いて10分程で松江堀川めぐりの乗り場に到着。 柳川とは違って観光ガイド付きの水上バスという感じでした。。
 補足として、市内は交通量が多いので、道を知らない人が観光地を探すのは大変ですし、時間がかかります。
 旅館と相談して車を止めさせて頂いて、周回バスと遊覧船の1日乗車券を購入して回ればスムーズに観光できます。
 特に松江堀川めぐりは松江城を取り囲んでいる水路(堀川)を使うので、渋滞なんてありません。

 松江市内の観光は今回で数度目ですが、水上は初めて、視点が違うだけでも観光は新鮮に感じで楽しいですね。
 最初、城を左前方に見ながら堀を進み、屈み込んで橋の下を潜り抜けて、松江堀川地ビール館や小泉八雲記念館前を見学にとふれあい広場乗船場で下船。
 日本に帰化したイギリス人、日本名は小泉八雲といわれる小説家が日本で住んだ時の家が小泉八雲記念館で、この方の愛用した品々を見て周り
 川沿いを白壁と柳に囲まれながら歩いて武家屋敷へ
 その途中に八雲庵というお蕎麦屋さんを発見。上手そうだったので割子ソバを食べる。 麺は関東好みかな?と思うぐらいに腰が強く、3段でなく5段にすればよかったと思ってしまう。 
 しかし、帰ってから驚愕の事実が、なんと、夏でも鴨なんばんやってますと書いてあったので名物かな?と思っていたら、大評判だったとか(ノ<)しまった。 もう一杯食べておけばよかった。

 食事が終わった後に武家屋敷に行くと当時の姿を残す典型的な武家屋敷だとかで、飾らない質素だけど重厚感のある屋敷を見て回り先ほどの乗船場へ、ぎりぎりまで松江堀川めぐりをして、堀を二周していまいました。

8/18 19:08 ホテルに到着
 ホテル4Fにある露天風呂に行くと誰も入っていなかった。 独りで風呂から見える川沿いや出雲の山々、色々な色で染める夕暮れの太陽 そして夜景を楽しみ、この旅の疲れを癒しました。
 旅館の部屋に戻ってTVを付けると水戸黄門が放映していました。 先日、今日と、歴史がまだ神話として語られる頃の史跡巡りをしてきたので、なんだか、タイムスリップした感覚に襲われてしまい。
 水戸黄門を食い入るように見てしまった。 いや、はや、恥ずかしい。

8/19 6:00に目が覚めて、朝の温泉に入り、朝食をとる。
8/19 08:40-09:30 遊覧船の旅
 本来は11:00から5便+サンセットクルーズしかないのだが、旅館でチェックインする時に宍道湖のエコクルーズに参加しませんか?との話し。 こんな隠れメニューを外したら、しばらく公開すると思ってYesと即答。
 内容は地元の青年団が宍道湖環境遊覧船を企画して、市民環境大学村の卒業生がガイドとして宍道湖について解説してくれます。
 手作り感覚の観光案内、内容は一般的な話以外に宍道湖の生態系、シジミ漁の見学、環境浄化の取り組み等が聞けます。 希望者にはシジミ汁やシジミ飯の朝食も用意していました。
 船内は海の家風で座敷に座って宍道湖遊覧の旅。 嫁ケ島付近でシジミ漁の見学ができるのでデッキにでると、
 湖面を飛び跳ねる魚や島の木々を止まり木にしている鳥...
 視点を変えると川鳥が水面を蹴りながら飛んで行ったりと1時間の船旅が物凄く短く感じました。
 そう、そう、帰りに、クルーズに参加の記念にと、シジミを使った飾りを頂きました。 綺麗でしたよ。

8/19 10:00-10:40  自宅へと出発
 宍道湖公園付近で湖の写真を撮ってから、急いで出雲を脱出

8/19 12:40 温泉津(ゆのつ)を通過
 温泉津は名前のとおりに海岸沿いにある温泉街です。 初めて出雲も訪れた時にこの町で温泉に使ったので立寄ってみる
 昔は石見銀山で生産された銀をこの港から世界へと出荷したそうで...陸路と海路を結ぶ町だとか。
 石見銀山をテーマに観光する時は、ここの温泉街に止まっても良いかな?

8/19 14:00 やっとこ浜田町
 走っても、走っても同じ風景、コンビニでおにぎりを1個食べただけ。 食事しようと思っていた浜田町をやっと通過中
 実は工事による交互通行とゆっくりと走る方(例50kmの所を35kmぐらい)がいるので、予定以上に時間がかかってしまう。
 ゆうひパーク浜田でトイレ休憩して風景写真を撮影。 本当は食事と思いましたが...食欲が湧くメニューがないので即出発
 しまね海洋館アクネス〜ゆうひパーク浜田〜ゆうひパーク三隅を繋ぐ、国道9号線は日本海に沈む夕日が綺麗らしく、
 道の駅も夕日が綺麗に見える場所に作って、名前もゆうひパーク○○にしているようです。
 ここから見える景色は夕日でなくても、十分に綺麗でした。 でも、この時間に浜田。 今日中に帰りつけるかな

8/19 14:50 益田を通過中
 トラックが遅い車を追い抜くので、段々と道を譲ってくれるようになって、スムーズに道路が流れ出す。
 益田市内では水墨画家で造園家でもあった雪舟の終焉の地といわれるので、
 彼が晩年を過ごしたという庵に隣接して建つ記念館、「雪舟の郷記念館」に立寄った。

8/19 15:40
 須佐フォルンフェンスに立寄る。 足は疲れで家路までの距離が限界と判断して、
 近くに行かないで、対岸よりマーブルケーキのような断層が有名な須佐フォルンフェンスを撮影

 後は萩より秋吉台に抜けて、ここから高速にのって自宅へ
19:00頃に自宅へと到着する