TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「缶コーヒーの英語を読んでみた」

ちょっとコーヒーが飲みたくなった時、コンビニや自動販売機で簡単に買えるのが缶コーヒー。ブラックコーヒーやカフェオレはもちろん、最近ではキャラメルマキアートみたいな変わった種類のコーヒーも缶コーヒーで手に入りやすくなっていて、コーヒー好きには嬉しい今日この頃。 ところでコーヒーの缶を見ていると、表面に英語で何か書いてあるものが多い。 普段そんなところを気に留めたりしないんだけれど、一度気になると英語の書いてある缶コーヒーがやたらと目につき始める。そこでそんな缶コーヒーの英語を集めて、何が書いてあるのか日本語に訳してみた。素人の訳なので、間違っていたらごめんね。
★ジョージア モカレーチェ(日本コカ・コーラ)http://www.georgia.jp/
 (原文)OUR USE OF SELECT COFFEE BEANS ENSURES A RICH AROMA AND DELICIOUS TASTE GEORGIA IS TRULY A QUALITY COFFEE
 (翻訳)私たちは厳選されたコーヒー豆を使う事で、豊かな香りとおいしさを保証します。ジョージアは本当に上質のコーヒーです。
 (寸評)ジョージアから最近出た、ほんのりチョコ味のモカレーチェ。最初の2行はジョージアの他のコーヒーにも共通で書いてあるんだけど、ジョージアは砂糖の甘さが強すぎて、せっかく選んだコーヒー豆の味が負けている気も……。
★ファイア原種豆 直火ブラック(キリンビバレッジ)http://www.k-fire.com/
 (原文)For 100% black coffee go to the origin.Rest your mind, warm your soul and feel the fire.
 (翻訳)100%のブラックにする事で、コーヒーは原点に向かう。心を休めろ、そして魂を熱くしてファイアを感じてくれ!
 (寸評)ブラックがコーヒーの原点というのは、何となくわかる気もする。だけど、魂を熱くって言われても、アイスで飲む人だっているわけだし。あと、ファイアを感じるってどういう意味? 火?
 ★ブラック・無糖(UCC)http://www.ucc-black.com/
 (原文)BLCAK COFFEE has great features which other coffees have never had Non-sugar;Quality blend from care fully selected beans and UCC's exclusive extraction process."DRINK IT,BLACK!"
 (翻訳)(UCCの)ブラックコーヒーには、他のコーヒーにはこれまでなかったノンシュガー〜充分に厳選された豆の上質のブレンドと、UCCの完璧な抽出過程〜という優れた特徴がある。「ブラックを飲んでみろ!」
 (寸評)今みたいに各社がブラックのコーヒーを出す前からブラックを出している、UCCならではのこだわりが感じられる。今はブラックの缶コーヒーなんて、珍しくもないんだけれどね。
★ドリップコーヒー 新豆深煎り(伊藤園)http://www.itoen.co.jp/
 (原文)DRIP COFFEE FILTERED THROUGH FLANNEL.
 (翻訳)ドリップコーヒーはフランネルを通してろ過されます。
 (寸評)ドリップコーヒーそのものの説明で、缶コーヒーの説明になっていないんじゃないの? ちなみにこの缶、日本語でも説明が書いてあって、こっちの方が詳しい。
★デミタスコーヒー(ダイドードリンコ)http://www.dydo.co.jp/
 (原文)The rich arima of deep-roasted beans-a full-bodied flavour you can drink all day long.
 (翻訳)深煎り豆の豊かな香り……コクのある味付けで、一日中だって飲めちゃいます。
 (寸評)普通よりも小さ目の缶で、香りとコクをアピールしたこのコーヒー。ただいくらコクがあっても、一日中飲んだらさすがに飽きると思うんだけれど。

とまあ、色々見てみたけれど、共通して書いてあるのは、その缶コーヒーがどんな商品で、どれだけおいしいかという事。考えてみればそんなの当たり前なんだけれど、ちゃんと読む人もあんまりいないだろうし、もっと関係ない事を書いてもバレないと思うんだけれど。 ちなみにこれくらいの文章を訳すのに、辞書を片手に悪戦苦闘したんだけれど、 一つだけ簡単に訳せる缶コーヒーがあった。
★ボス・ブラック(サントリー)http://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/
 (原文)GOLD
 (翻訳)金
  (寸評)わかりやすい。

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/