TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「大河からサスペンスまで…ドラマと観光地の関係」

  毎年様々な時代を舞台に、壮大な歴史絵巻で私たちを楽しませてくれるNHKの大河ドラマ。今年は市川新之助主演の「武蔵 -MUSASHI-」を放送中ですが、視聴率では苦戦しているようで……。

おこた 「大河ドラマ『武蔵』は不調のようすね。せっかく、クライマックスの巌流島の決闘のシーンで『宮本武蔵』というキーワードのヒット率が高くなると頑張っていたのに〜。現在、巌流島/武蔵塚の写真を撮っています。ここは佐々木小次郎との決戦場・舟島(巌流島)も見えるらしく、かつ、武蔵の養子の伊織が建立した『小倉手向山武蔵顕彰碑(小倉碑文)』があります。」
 ※おこたさん撮影の写真はこちらです。

 とはいえ、大河ドラマの影響力はまだまだ強く、武蔵生誕の地である岡山県大原町をはじめ、ゆかりのある各地で記念館や記念碑が建てられて、観光資源としてバックアップしていこうとする地元の姿勢が強く感じられます。

東雲  「大河ドラマの場合は、地元の全面協力で地域ごと盛り上げていこうという動きがありますよね。」
デジ之介「いや、これはこれで問題あるんですよ。ドラマが終了したら、それっきり…で、ダメダメ村おこしになったりして。むしろ、『TVを見てきたお客さんを次も来させるだけの魅力』こそ、大切になってくると思うんですよね。つまり『きっかけはテレビだったお客さんを逃さない』って感じですね。」

 確かに大河ドラマは毎年新しいものが作られますから、過去の作品は年々印象が薄れていきます。大河ドラマの舞台という事だけで観光客を集めようとすると、ドラマと一緒に忘れ去られてしまうのかもしれませんね。
 大河ドラマは歴史上の人物ゆかりの地が舞台になりますが、各地の温泉が舞台になっているといえば、おなじみ2時間のサスペンスドラマです。

田中  「そう言えば(宮崎県)綾町が舞台になったサスペンスドラマが2つくらいありましたが、ドラマの中で『綾町(あやちょう)』を『あやまち』と言っていたのでしらけました。そうそう、なんでいつも温泉なんでしょうね?」
デジ之介「単純な理由ですよ。ロケしやすいんです。しかもタイアップにすることで、費用を安く抑えられる…なんて感じですね。それに視聴対象が主婦層なので、旅行的な要素も人気があるんでしょうね。」

 番組の中で、撮影の舞台になった温泉地の紹介をする事で、ドラマでありながら情報番組としての役割も果たしているんですね。なので注意深く見てみると、
  ●かならずどこかの温泉とかの施設紹介がある
  ●地元の名所などの紹介がある
  ●(よほどのことが無い限り)温泉内では殺人事件が起こらない

といった特徴に気付くはずです。
 大河ドラマと2時間ドラマ、どちらも地元の活性化のためにドラマを活用している部分で共通していますが、中にはこんな事もあるようで……。

田中  「でも、ドラマ化されたご当地に住んでいる者から見たら、何とも消化不良の番組内容ですね。ドラマの中に名所をたくさん取り入れるために、A地点とB地点では5時間くらい離れているのに、ドラマの設定では30分くらいの間隔だったり、あんな所に人は行かないよね、というような所でロケがあっていたりして、期待はずれでがっかりします。」
東雲  「見ている人にはわからなくても、地元の人にはわかってしまいますね。原作がある以上、イメージが優先されるのでしょうが、ロケ地になる以上、実際の様子を反映してほしいですよね。」

 せっかくドラマを見た人に興味を持ってもらっても、実際に行ってみてイメージと違ったら、PRとしてはむしろマイナスになってしまいますよね。ドラマを作る側と地元をPRしてほしい側、どちらも持ちつ持たれつの関係なのですから、お互いに協力し合って、面白いドラマを作ってほしいですね!

・大河ドラマ 武蔵   http://www.nhk.or.jp/taiga/
                   (NHK http://www.nhk.or.jp/ 内)
・大原町ホームページ  http://www.harenet.ne.jp/ohara/
・宮崎県綾町      http://www.town.aya.miyazaki.jp/ayatown/

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/