TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「オリジナル名刺で個性を演出」

  会社にお勤めの方からフリーの方まで、社会人なら名刺の一つも持っておきたいものです。それもどうせ配るなら、なるべく多くの人の記憶に残る名刺を作りたいですよね。

デジ之介「最近、打ち合わせが増えてきたので、そろそろ新調しないと…と言うことで、早速、デザイン開始。明け方まで創っていたのですが、『完成した』と思ったら、創ったソフトのデータが名刺印刷のためのデータに変換できない(汗;;)。どうやら凝ってしまって、余計な機能まで使ったのが原因のようですが、いやはや、予想していなかった状況に、ガックリ…です(苦笑)。」

 名刺を作ってくれるお店は昔からたくさんありますが、最近ではオンラインで注文のできるところもだいぶ増えてきました。「オリジナル名刺」や「名刺製作」などのキーワードで検索すると、驚くほどたくさんのお店やPCソフトのページが見つかります。あらかじめ用意されているパターンの中から好きなデザインや色を選ぶだけで、誰でも簡単に自分だけの名刺が作れますし、グラフィックツールで自作したデータをそのまま入稿できるところも多いので、自分の思い通りの名刺だって作れてしまいます。
 特にデジ之介オススメのネットクラフト社のサービスでは、Macromedia社のAdobe-Illustratorや、ソフトウェーブ社の名刺郎といったソフトのデータから入稿できて、特に名刺郎はシェアウェアなのですが、無料で利用できる「お試し機能」で作成したデータも使えます(でも、ソフトをフルに活用したいという方にはご購入をお勧めします)。

デジ之介「今回、サンプル印刷してもらうことになったものも、JPEG画像を、このソフトで貼り付けたので、デジカメで撮影した画像などを使って、綺麗な名刺ができますよ。この値段でしたら、自分で用紙買ってきて、インクジェットで印刷するよりも、かえって便利で割安ですから。」

 名刺を渡すのは、相手の人に自分や会社の名前を知ってもらうのが一番の目的ですから、名刺にはなるべくインパクトを持たせたいですよね。デザインに凝るのも一つの方法ですが、他にも倶楽部MLで聞いてみたところ、こんな名刺を作った、もらった事があるようです。

 ・わざと肩書きや説明を入れない
 ・広告を入れる(広告料も入って一石二鳥?)
 ・写真を入れる(車やバイク、風景など)
 ・素材に凝る(和紙、木、中には鉄まで?)

おこた 「個人用の名刺で、手芸屋さんでぬいぐるみの目の玉用の素材を買ってきて、手書きの名刺に猫のイラストを書いて目の辺りに貼り付けていました。目の辺りがくりんくりんと動いて女性には受けましたよ。ただ、男性なのでこの名刺は似合わないと言われたのが残念ですけどね。」

 名刺の限られたスペースを有効利用しようと思ったら、裏面もうまく使いたいところです。普通の名刺だと裏には真っ白だったり、同じ内容が英語で書かれていたりするものが一般的ですが、このスペースも使い方次第では、強いインパクトを相手の人に与える事が可能になります。

おこた 「会社での私の名刺は、裏面は7mm間隔で横点線を入れていただいて います。こうすると、メモ帳代わりに裏面に書く事ができます。自然に何度も私の名刺をお客さんに渡す事ができて、お客さんも何度も私の名刺を見るわけでして、名前を他の方よりも覚えてくれやすくなるわけです。また、お客さんがいない場合は、裏面に挨拶を書いておけば印象もよくなると思って、そんな名刺にしています。」

 また最近は名刺型のCD-RやCD-ROMもありますので、ビジネス用なら商品データを入れたり、プライベート用なら自作の音楽や写真を入れたりと、可能性は大きく広がります。自分のプロモーション映像を作って渡せば、就職活動にも効果的かも?
 名刺の小さいスペースの中に、ちょっとした工夫でたくさんの事が表現できるんですね。個性化の時代といわれる今日この頃、名刺を使って自分だけの個性をアピールしたいですね!

・(株)ネットクラフト  http://www.netcraft.co.jp/
・(株)ソフトウェーブ  http://www.swave.co.jp/

おこた:オフ会や倶楽部に入会した時に、一度に覚えられる人数は限られていますよね。 そんな時に連絡を取れるように趣味の世界用にも名刺を作っています。 私の場合は季節の写真を名刺に貼っています。
 みなさんはどんな感じですか? 教えていただけると幸いです。。

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/