TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「プロ野球・12球団マスコットの謎に迫る」

 ワールドカップは大盛り上がりのうちに終わったけれど、プロ野球のペナントレースは、いよいよここからが正念場! オールスターゲームも一週間後に迫り、どこの球団も一つでも多く勝とうと必死のはず。 そんな球団の思惑とは別に何だか気になるのが、球場で見かける各球団のマスコットたち。ファンにとってはおなじみのキャラクターだけれど、そうでない人にとっては名前はもちろん、どんな生き物なのかもよくわからないもの……。 そこで、各球団の公式ページなどを調べて、マスコットの名前やモチーフ、キャラクターグッズの種類などを調べてみた。
 ◆ヤクルトスワローズ
 つば九郎と、妹のつばみ。言うまでもなくどちらもつばめ(=スワロー)をモチーフにしたキャラクターである。球団の公式ページには情報が全くと言っていいほど見つからないのだが、ファンにとっては周知の事実という事だろうか? グッズの通販ではTシャツをはじめ、タオルや貯金箱、携帯ストラップなど様々な商品が購入できる。
 ◆読売ジャイアンツ
 ジャビット、シスタージャビット、キッズジャビットの三人。一説によるとどうやら三兄弟らしいが、キッズジャビットに至っては性別もわからない、謎の存在である。 ウサギがモチーフらしいが、ウサギとジャイアンツとの関係は不明。子供向けサイト「キッズジャイアンツ」では、彼らの登場するアニメーションや壁紙のダウンロードなどが用意されている。 キャラクターグッズ専門のショップサイトがあり、ぬいぐるみやキーホルダーなど多彩なグッズを揃えている。
 ◆横浜ベイスターズ
 ホッシー、ホッシーゾ、ホッシーナの三人。関係は不明だが、それぞれクローン人間のように似ている。ベイスターズだけに星がモチーフ。ちなみにファームチームの湘南シーレックスは、エースのレックを筆頭に十六人もキャラクターがいて、名前しか書いていない一軍のページより設定もよっぽど細かい。 球団のオフィシャルショップが横浜にあり、ホームページ上にない商品でも購入が可能(カタログは送料無料)。
 ◆広島東洋カープ
 スラィリー。何がモチーフになっているのかさっぱりわからない謎の生物。また、他球団はだいたい複数のキャラクターがいるのだが、たった一人で頑張っている孤高のキャラクターでもある。球場では来訪者にTシャツをプレゼントしたり、イベントなど呼ばれたところに出張したりと球場の内外で活躍している。 グッズはぬいぐるみやTシャツ、マウスパッドなどがあるが、他球団と比べると種類はやや少なめ……。負けるな!
 ◆中日ドラゴンズ
 シャオロン、パオロン、ドアラの三人。外見から判断するに、シャオロン、パオロンは竜、ドアラはコアラがモチーフと思われる。竜はともかく、なぜコアラ? 子供向けページ「キッズドラゴンズ」では、ゲームや選手ニュースの他に、ペーパークラフトのPDFファイルなどもある。 グッズはベビーTシャツの他、文具やストラップなど色々出ている。
 ◆阪神タイガース
 トラッキーとラッキー。言うまでもなく虎である。公式ページでは試合開始前に甲子園球場で流れる、「GO-GO! トラッキー」の振り付けも見られる。ファンならぜひこれを見て覚えて、球場で一緒に踊ろうという事だろう。 通販ページで扱っているグッズはお菓子やぬいぐるみ、腕時計など色々あるけれど、今は星野監督グッズに押されているかも?
 ◆大阪近鉄バファローズ
 バフィリード。これも言うまでもなくバファロー(アメリカバイソン、水牛)がモチーフ。公式ページの設定によると、空想の国“バファロービル”から時空を超えてやってきたらしい。他にファルルリーナ、カペロット、バルバロックといった仲間がいる。 通販サイトにあるグッズは、クリップやノートといった文具からお菓子、珍しいところでは孫の手や耳かきなどもある。
 ◆福岡ダイエーホークス
 ハリー・ホーク。他に仲間が何人かいるらしいが、公式ページからは確認できず。 モチーフは鷹だが、翼の部分が腕になっているので、空は飛べないと思われる。それを言ったら、スワローズのつば九郎もそうだけれど。 グッズは携帯電話のアンテナマスコットやストラップ、文具、ぬいぐるみなどあるが、グッズ化されているのはハリーばっかりで、他のキャラクターはほとんど見つからない。
 ◆西武ライオンズ
 レオと、妹のライナ。デザインは「ジャングル大帝」などでおなじみの故・手塚治虫氏。モチーフは当然ライオンだが、「ジャングル大帝」の主人公レオと同じキャラクターなのか、それとも別個なのかは不明。 グッズはぬいぐるみ、タオルなどあるが、オンラインでの販売はしていない模様。 公式ページ上でも紹介はしているが、「レオ&ライナコーナー」にレオの人形しかないのはいかがなものか。
 ◆オリックスブルーウェーブ
 ネッピーとリプシーの二人。見た目は人間のようだが、何かモチーフがあるのかは不明。あちこちの学校や幼稚園を訪問したり、公式ページ内でコラムを連載したりと、なかなか多忙なようである。 ファームチームのサーパス神戸は、サマーとシルキーの二人がマスコット。こちらは飛翔、復活を期待してフェニックスがモチーフだそうである。 グッズはぬいぐるみ、ストラップといった定番からマウスパット、ゴルフボール、果てはラーメン丼などまで幅広い。
 ◆千葉ロッテマリーンズ
 マーくん、リーンちゃん、ズーちゃんの三人。名前を続けて読むと「マリーンズ」になる。球場が海に近い事もあって、海鳥がモチーフと思われる。 グッズはTシャツなどの衣料品からクッションや時計、クッションなど種類はかなり豊富。またファンクラブ会員の来場特典でもらえるピンバッジにも使われている。
 ◆日本ハムファイターズ
 ファイティー。モチーフは翼竜と思われる。これとは別に、球団ロゴなどに鎧を着たキャラクターがいるが、こちらの名前は不明。ファイティーは試合の日、球場ゲートでファンを出迎えたり、内野席やグラウンドと精力的に動き回っている。 12球団で唯一、公式ページ内にグッズの情報がないが、グッズ自体がないわけではない。はっぴやストラップ、あぶらとり紙などを、東京ドームのショップなどで販売している。
 またこれら12球団のマスコットとは別に、サンリオは「ハローキティ プリティリーグ」として、スワローズ、ジャイアンツ、カープ、ドラゴンズ、タイガース、ホークス、マリーンズ、ファイターズの国内8球団や、マリナーズなどメジャーリーグ4球団のグッズを販売している。キティ好きなら全部揃えたいかも? 今回調べてみて思ったのは、球団の公式ページでも、マスコットについてあまり詳しい情報を載せていない球団が多かった事。推測するに、湘南シーレックスやサーパス神戸はキャラクターが登場してから間もないので、ファンに覚えてもらうためにマスコットの情報を載せているけれど、定着してしまえばファンにとっては当たり前の事だから、いちいち載せなくなるのでは? とはいえ、これでは他球団のファンの人たちにとってはよくわからないまま。そこで各球団のファンの皆さんから、より詳しい情報などを大募集します〜! マスコットの詳しい情報やサービスなどを、どしどしお寄せ下さい!
日本野球機構     http://www.npb.or.jp/index.html
サンリオ     http://www.sanrio.co.jp/
※2003年頃のお話で、段々と中身が変わったようです。

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/