TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


飲み方色々・奥深い焼酎の世界

  発泡酒が増税で値上げされた影響でしょうか、最近は発泡酒に代わってチューハイが売れているそうです。元々ワインやビールがどんなに好調の時でも、焼酎は安定した人気を集めていますが、その焼酎については、まだまだ知られていない事も意外と多いようです。
 まず焼酎は、大きく甲類と乙類の二種類に分けられます。二つの違いはアルコールを蒸留で取り出す際の方法で、甲類焼酎の方がアルコール以外の成分を徹底して取り除いているので、クセがなくてチューハイなどに向いています。
 一方の乙類焼酎(本格焼酎ともいいます)は昔ながらの蒸留で、素材の持ち味がある程度残っているので、芋(さつま芋)・麦・米・そばといった素材や、発酵に使う麹菌の種類による味の違いを楽しむ事ができます。一般的な傾向として、乙類焼酎は九州地方(特に南部)を中心に飲まれていて、それ以外の地域では甲類焼酎の方が盛んなようです。

miffyちゃん「都会では匂いのない甲類の焼酎が好まれているそうで、芋や米を発酵させて作る乙類の焼酎はどうしても色や匂いがあるので敬遠されるみたいで、売り込みに必死なのだそうです。でも、おいしくて体に良いのは断然乙類だそうですよ」
おこた「私は鹿児島県枕崎市にある明治蔵に訪れます。焼酎の醸造メーカー白波の記念館なんですが、製造工程を見学できるだけでなく、昔の道具だけでなく、原料の芋の種類による味の違いを試飲しながら比較する事ができる所です」

 日本以外の国には、ウォッカやジンなどの蒸留酒がありますが、どちらもアルコールの純度が高く、蒸留の仕方なども甲類焼酎に近いお酒のようです。
 またこの時期、梅酒や果実酒をご家庭で作られる方もいらっしゃるかと思いますが、梅酒などによく使われるホワイトリカーも、甲類焼酎の一種です。もちろん乙類焼酎や他の蒸留酒を使っても作れますし、その場合はホワイトリカーで作った時よりも、焼酎の持ち味が生かされたお酒になります。

東雲「果実酒に使われるホワイトリカーって、甲類焼酎の事だったんですね。調べていて初めて知りました(汗)。クセがない分果実酒にも向いているようですが、乙類焼酎などを使う方が、個性が出て楽しみは増えますね」
miffyちゃん「なるほど、だからホワイトリカーで作った梅酒よりも、ブランデーで作ったものの方がおいしかったんですね。実は、うちの倉庫にはホワイトリカーで漬けた梅酒が飲まれなくて、眠っているんですよ。ブランデーで漬けた方はすぐ無くなってしまったんですけどね」

 甲類と乙類、どちらもそれぞれに特徴がありますが、チューハイなどで手軽に楽しむなら甲類、お酒としての味をじっくり味わうなら乙類、という感じでしょうか? 時と場合によってうまく飲み分けるのが、賢い飲み方かもしれませんね。

miffyちゃん「味を楽しむんであればやはりお湯割りでしょうかね? お湯割りの焼酎にレモン果汁を入れると随分飲みやすくなりますね」
東雲「レモン果汁が入ると、強い焼酎でもあっさり飲めてしまいそうですね。その分、飲みすぎが心配かもしれません?」

 代表的な焼酎の飲み方としては、水割りやお湯割り、ロック(氷)などがありますが、他にも探してみると色々見つかりました。

おこた「まず、ピンとくるのが、レモン、ライム、カシスかな? 果物系は青りんご、もも、白桃、ミカン、葡萄、巨峰、白葡萄、甘夏、マスカット、グレープフルーツ、あんず、デコポン、はちみつレモン、ライチ、りんご、すもも、バナナ、パイン、トマト、グァバ、ピンクグレープフルーツ、アセロラ、なし、ネーブル、マスカット、ブルーベリー、メロン。ドリンク系はウーロン茶、コーラ、ラムネ、梅酒、カルピス、緑茶、ジン、ジントニック、牛乳、紅茶、和風ですだち、ゆず、かぼすに、変種として、梅干、きゅうり、ビール、ホッピーかな? これに未確認ですが、唐辛子などがあるそうです。あははは…」

 ざっと挙げただけでも、こんなにたくさんの種類があるとはビックリですね。ちなみにホッピーというのは、ビールと似た味のノンアルコール飲料で、居酒屋などのメニューでホッピーとあるのは、焼酎をこれで割ったものなのだそうです。

おこた「酎ハイは昔はレモンとライムしかありませんでしたが、カルピスなどの冷水で割って飲む濃縮ジュースへと広がり、最近は果実酒などで割って飲むケースが増えていますね」

 割るものや入れるものの種類で、焼酎も色々な楽しみ方があるんですね。特に乙類焼酎の場合は、焼酎自体に色々な種類がありますから、組み合わせる事でさらに様々なバリエーションが楽しめますね。
 また、焼酎のもう一つの特徴として、健康面での効果があります。他のお酒に較べてカロリーが控えめな上に、血液をサラサラにする効果もあって、脳梗塞や心筋梗塞を予防する効果があるのだそうです。

おこた「酒は百薬の長というぐらいに適量に味わいながら飲めば、健康増進に繋がります。アルコールを飛ばしても効果があるので、下戸の方は料理に使うと良いそうです。ひょっとして、健康面の話から焼酎ブームが起きて、焼酎最中などのお菓子が出来たりして(笑)」

 おいしく飲めて、体にもいい焼酎。まさに楽しみ方は無限大とも言えそうです。
 ちなみに焼酎最中ですが、熊本の球磨地方ではすでに商品化されています。宮崎には焼酎を使ったケーキもあるそうですし、焼酎を使った他の食品も、これからどんどん出てくるかも?

【ショッピング】
・目指せ! 買い物の達人:グルメ  http://tonic.jp.to/cgi-bin/dejirogu/s_gourmet.cgi
・鬼ヶ島 焼酎探検隊  http://www.rakuten.co.jp/nikoniko/
・焼酎本舗  http://www.rakuten.co.jp/syocyu/
・焼酎どっとねっと  http://www.shochu.net/
・明治蔵  http://www.meijigura.com/

【焼酎について】
・焼酎SQUARE  http://www.shochu.or.jp/
・ホッピーでハッピー!  http://www.hoppy-happy.com/
・焼酎でヘルシー  http://www.shochu-kikou.com/festa_2002/healthy/
 (焼酎紀行 http://www.shochu-kikou.com/ 内)

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/