TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


今の時期こそ麺類を食べたい!

   冷夏といわれるように、あまり暑さを感じなかったこの夏ですが、これから暑くなってくるのでしょうか? 暑いと食欲もなくなりがちで、そんな時にはツルツルと手軽に食べられる麺類は重宝しますね。作るのにも手間がかからない上に、アイディア次第で色々な食べ方ができるのも嬉しいところです。
 夏に食べる麺類といえば、そうめんや冷麦が定番ですが、最近はそうめんにも色々と工夫がされていて、色々種類があるようです。

miffyちゃん「これとは違いますが、小麦粉にいろんな野菜を練りこんで作られたカラフルな野菜そうめんというのがありますね。普通のそうめんと違って、見た目もきれいだし、野菜の栄養素が入っているので、こういうのもお薦めですね」

 そうめんの麺には何本か色のついたものが入っていますが、一束全部色つきというのも、見た目にも新鮮かもしれません?
 また、最近は韓国や盛岡などの冷麺がブームのようで、お店やカップ麺など、食べられる機会もずいぶんと増えています。

おこた「冷麺は半透明でゴムのような弾力のある麺が特徴です。具は、サクサクとした歯ごたえのあるキムチ、キュウリ、ゆで玉子等がのってます。このあたりはお店によって変わります。スープは、牛肉や鳥ガラなどをじっくりと煮込んで作られたコクのあるスープにスープタイプのキムチを加えたような味です。韓国と盛岡の冷麺の違いは、盛岡がそば粉が入らないで太いと言ったところです」
デジ之介「新製品を買ってきたと言うことで、冷麺のカップ麺があったんですよ、家に…。値段は98円だったって言うから、全く期待していなかったんですが、中を明けてみると、あの冷麺の独特な色をした圧縮された固形物質(?)が入っていて、おぉ、これはもしや期待できるかも…と言うことで、早速作りはじめたんですよね。でも、いかんせんまともに説明書を読まない性格が災いして、袋から出す前に麺を良くほぐすのを忘れて熱湯を注いだので、固まったままになってしまって…(焦)。慌ててハシで突っついたら、容器に穴が開いてしまってビショビショに…(涙)。当然のことながら、完成品は固まってゴワゴワした感じの大失敗(嘆)。ちなみに後日リベンジしたら、見事成功(嬉)。かなりイケてました」

 もちろん、そうめんや冷麺の他にもおいしい麺は色々あります。あっさりした麺もおいしいですが、あえてこの時期に辛いものや熱いものを食べて、汗をいっぱいかくのもいいですよね!

おこた「そう、そう、じゃじゃ麺は知っていますか? 肉味噌麺という所もあります。茹でた平打ちうどんというか、冷麺のような麺にきゅうり、トマトにラー油がたっぷりと効いた肉味噌を乗せていただきます。辛いものが好きな方にはお勧めの一品です」
デジ之介「ソースじゃない醤油か塩のカップ焼きそばを、最後に水で冷やして、冷やし焼きそば(?)なんてのも、実は美味しかったりしまして…(笑)。お酢をたっぷりかけて、アッサリ風!」
東雲「最近、近所の100円ショップで売られている辛ラーメンにハマっています。韓国の農心という会社の製品なのですが、名前の通りとにかく辛いです(汗)。冷たい麺もおいしいですが、熱くて辛い麺も食べたくなるんですよね(笑)」

 最後におこたさんオススメの、「なんちゃって瓦蕎麦」の作り方をこちらに紹介します。夏も残りわずかとなってきましたが、おいしい麺類を色々食べて、元気に乗り切って下さいね!

 道具はホットプレート、材料は茶蕎麦、薄きり肉、卵、大根、唐辛子、レモン、のり、博多ねぎ、素麺の出汁、ごま

 1.卵は薄焼きにして金糸風、薄きり肉は食べ易いように刻んで焼いてださい。のりや博多ねぎは細かく刻んで下さい。
 2.大根に箸で穴を空けて、そこに唐辛子を差し込みます。そして、大根おろしを作る要領で紅葉おろしを作って下さい。素麺の出汁に、お好みでごま、レモン、紅葉おろしを入れてください。 
 3.ホットプレートを温めているうちに、茶蕎麦を湯がいて水を切ってください。ホットプレートに茶蕎麦をのせたら、水気が飛ぶ感じで少し焼いてください。水気が無くなったら、弱火にするなり止めるなりして、薬味を蕎麦の上に乗せてください。

 これで出来上がりです。瓦蕎麦はパリパリ感がGoodなので、ホットプレートの火力? 調整で焦げない程度に焼いてください。
 ちなみに、かわらそばは山口県川棚温泉の名物で、本物の瓦を焼いた上に茶蕎麦を盛って作ります。

 写真はこちら。
  http://www.okota.net/tabi/991010/kawara37.jpg
  (いしのあるいし http://www.okota.net/ 内)

・目指せ! 買い物の達人:グルメ  http://tonic.jp.to/cgi-bin/dejirogu/s_gourmet.cgi
・癒しのキムチ 高麗冷麺物語  http://www.rakuten.co.jp/panga/399238/
・キムチでやせる 本場韓国の麺&トック  http://www.rakuten.co.jp/rabbit/281338/
・盛岡市産業まつり 盛岡冷麺  http://www.rakuten.co.jp/morioka/287262/
・味の麺匠戸田久 北緯40度もりおか冷麺  http://www.rakuten.co.jp/todakyu/404187/
・農心  http://www.nongshim.co.jp/

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/