TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


自然は怖い! 台風・竜巻の脅威

   日本をはじめ、アジアの国々では毎年たくさんの台風が発生します。日本にも毎年何度も上陸していますが、ここ最近は大型のものも多いだけに、土砂崩れなどの二次災害も心配ですよね。
 台風や大雨に遭遇した事は皆さんも何度もあると思いますが、デジろぐ倶楽部のメンバーも例外ではありません。例えばこんなように…。

●おこた
「列車を待っている間、雨が凄い降り方をしていたので、急坂を土砂降りのなか歩くのも大変だし、祭りがあったのでタクシーは捕まらないと思って自宅に電話かけたら、弟が迎えに来てくれるとのこと。
しばし、待っていると、弟が私の車で迎えにきた。さて、車に乗り込もうとしたら、運転を変わってくれといわれた。なぜ? 理由を聞くと、駅までの道は車が床上浸水していて大渋滞しているとか?
 こういった状況下で安全に確実に運転できるのは僕しかいないので…変わってくれとの事。そして出発!! 登山で峰を歩むように、頭のなかで等高線地図と道路地図を描きながら進む。自宅までのルート中で一番低い場所…といっても標高数mの交差点、河も近いので大丈夫だろう? と近付くと…湖のようになっていた。
運が悪く赤信号で停車…とりあえず、弟には、エンジン停止しなければ浸水しても大丈夫といって、ブレーキを強く踏んで軽くエンジンを吹かせながら停車した。その前を歩行者が通過する…スニーカーを履いていたが、くるぶし付近よりも水面が高いので、靴に水がたっぷりと入って歩き辛そうだった。
しばしまつと、信号が青に変わり無事に通過…といっても、ほとんど、船が航行したような軌跡を残しつつ高台へ。道路は川の状態でマンホ−ル毎に30cm〜50cmの噴水が上がっていた。弟には道路以外みるな〜といって抜けていく。何しろ、民家からの排水口も崩壊したダムのように溢れていた。坂の上の交差点に差し掛かると、周辺の家からの水が流れて滝つぼのようなっていた。その水が交差点で河になり坂下へ流れていく。
やっとの思いで自宅に帰って、大雨がニュースになっているかと思えば、長崎の脱線事故がニュース番組でちらりと報道されていただけ。それも放映時間では、阪神のニュースに負けていた。ニュース番組内で九州の人に土砂崩れとか注意を呼びかける案内も無いのかぁ…と思ってしまう」
●miffyちゃん
「この日は治療の日だったんですが、予約の時間帯はちょうど台風が通過中で、ひどい雨と風。電話をかけてみると『治療はやっているけど、大丈夫? 出て来れなければキャンセルしようか?』と言われて、休めば、お盆休みが入るので一ヶ月は治療してもらえなくなると思って、出かける事にしました。外は凄い状況で、家の玄関先から車に乗り込む過程で、すでに濡れそぼり、運転中も強風で煽られた雨が霧状に舞っていました。行き帰りには、本庄川という大きな川の側を通るんですが、もう少しで堤防を越えそうなくらいに増水していて、濁流が渦巻き、川の近くに住んでいる人達は生きた心地がしないだろうな…、なんて思いながら何とか無事に家へ帰り着きました。ちなみに、我が家の台風による被害は、パソコンのある窓辺に立て掛けているよしずを外し忘れていて、それが倒れて壊れただけですみました」

 こうした大規模なものは、そう何度も起こらないでしょうが、こういった激しい雨風を目の当たりにすると、自然の猛威を改めて思い知らされますね。
 アジアでは台風がよく発生しますが、アメリカなどでは竜巻がそれに相当するようです。竜巻については故・藤田哲也博士などが詳しい研究を行っていて、竜巻の規模を表すのにF1、F2といった単位が国際的に用いられていますが、この基準を制定したのが藤田博士です。
 日本で発生する竜巻はF0、F1のものがほとんどですが、1999年に愛知県豊橋市で台風の際に発生した竜巻がF3規模だったといわれています。この時の被害も相当なものだったのですが、アメリカではさらにそれ以上のF4、F5といったものまで発生しているといいますから驚きです。

●東雲
「余談ですが、プロレスでF5という技がありまして、これも竜巻が名前の由来になっています。プロレス技の名前は大げさなものが多いですが、本当にこれくらいの威力があったら怖いですね(汗)。日本の台風も被害は深刻ですが、竜巻も怖いです」
●デジ之介
「確かに台風も怖いですけど、突然発生する竜巻って、防ぎようが無いから、そんな部分で怖いんですよね(汗;;)」

 台風も竜巻も自然に起きる事ですから、簡単に防げるものでもありませんが、万一の場合を考えて、被害が最小になるように備えておきたいですよね。

●おこた
「しか〜し、台風があると…不謹慎ですが、なぜ、強風の中で屋根に登ったり、波を見に行ったりするのでしょうか? もしかして、冒険と無謀の違いなのかも知れませんね」

 実際に亡くなっている方もいますし、くれぐれも無茶な行動は禁物ですね。自然の猛威をバカにしてはいけません!

・台風のはなし  http://www.kishou.go.jp/know/typhoon/
 (気象庁 http://jma.go.jp/ 内)
・台風のはなし  http://www.okinawa-jma.go.jp/ishigaki/manabou/tyhoo/3.htm
 (石垣島地方気象台 http://www.okinawa-jma.go.jp/ishigaki/home.htm 内)
・Yahoo!天気情報 台風情報  http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/typha.html
 (Yahoo! JAPAN http://www.yahoo.co.jp/ 内)
・tenki.jp 台風情報  http://tenki.jp/typ/typhoon_1.html
 (日本気象協会 http://tenki.jp/ 内)
・森田さんのお天気ですかァ?  http://www.tbs.co.jp/morita/
 (TBS http://www.tbs.co.jp/ 内)
・たつまき博士の研究室  http://www.fujita-scale.com/

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/