TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


手作り小物で楽しくリサイクル!

  破れたりして着られなくなった服や、使わなくなった古い道具の数々。捨てないでとっておいても、どんどん溜まっていって、結局捨ててしまう場合がほとんどなのですが、ちょっと手を加えてみれば、見事に生き返らせる事ができるんです!

●miffyちゃん
「絣のコースター6枚と、本藍染めしじら織のブラウスを作りました。コースターは、大体2枚一組で考えて作っていますので、6枚作りました。ブラウスは去年、阿波の本藍染めしじら織の着物用反物をオークションで落札していましたので、その生地で作りました。藍色ばっかりだと地味になりがちだったので、右袖にアクセントとして、古布の着物生地を付けました」

 miffyちゃんの作品は、こちらに紹介されています。
   http://tonic.jp.to/dejirogu/album/img20030814135608.jpg
   http://tonic.jp.to/dejirogu/album/img20030814134758.jpg

●miffyちゃん
「古布などは特に、布に表情があると言うか、温もりを感じるので、丁寧に使って、きちんと生かしてやりたいなと思います。洋裁でも慣れてくると、生地の取り方が上手になって、大きな残り布が出ないような裁ち方が出来るようになりますね。同じパターンを使って色々アレンジして何枚も作るんですが、使う生地によって、和風になったり洋風になったりしますので、面白いですね」
●東雲
「元の布地の組み合わせによって、色々と模様が変わるのが楽しいですね。こういう事ができると、着られなくなった服も無駄になりませんし、どうやって使おうかと楽しみも広がりますね(羨)!」
●miffyちゃん
「ホント、その通りなんですよ。自分が予想していた通りの仕上りだと、とても嬉しいですし、それをまた日常の生活の中で使えるというのが嬉しいんですよね。なんか、豊かな気持ちになれます」
●LEE
「丁寧にほどいた布をどういうふうに見せようか、なんて考えながらまた丁寧な手仕事をするって、お姿が見えるようです。モノを作るってそういうことでしたね。思い出しました」

 これだけ物が氾濫している現在では、なかなか自分で物を作ろうという考えも出てきにくいですが、実際に何かを作ってみると、意外に楽かったりするんですよね。
 また、普通に買ったものを使って捨てている時には気付きませんが、自分で作ってみることで、物のしくみがわかったり、作っている人たちの苦労を実感する事もできるんですよね。

●miffyちゃん
「布と布の関係とか、まず頭の中で組み合わせてみて、色々思考錯誤してみるんです。何故かと言うと、この布達は古布なので二度と手に入らないから、上手に使ってやらないと、失敗したらもう生かされませんからね。裁縫をしていて、一番緊張するのはハサミを入れる時ですね。間違って切ってしまったら、もうその布は使えませんからね。思っていたような姿が出来あがった時は、本当に嬉しいですね。物作りは、地道な下準備と、丁寧な作業があって、初めて良いものが出来あがるんだな、って、いつも思いますね。こういう手仕事を長年やっていると、嫌でも根気強くなってきますよ」
●東雲
「何にしてもそうですが、自分で一から準備して、試行錯誤した末に完成した時の満足感・達成感は貴重ですよね。苦労して作ったものを他の人に喜んでいただくとより嬉しいですし、不評でも、それはそれで励みになりますし」
●LEE
「モノを作ること、から男性は遠ざかってしまっていて、それがいけないという話も聞いたことあります。工場でも、モノを作るのじゃなく、歯車になっているだけ、だとも。そういう発想がなくなってしまって今、日本はモノ作りが駄目になってしまった」

 手作りの物には、工場生産の物には出せない温かみや個性が出ますから、自分で使うだけでなく、プレゼントとして人にあげるのにも喜ばれますよね。それにただ作るよりも、誰かのためにと思って作った方が張り合いも出ますし。

●東雲
「手作りの小物は、もらった人にも喜ばれますよね。喜ばれるとまた作りたくなりますから、結局自分の手元には残らないんですよね(苦笑)」
●miffyちゃん
「昔の人も、こうやって布を使い回していたんですよね。刺し子も、小布細工も、裂き織も、大切な布を最後まで使い切る、昔の人の知恵だったんでしょうね」
●東雲
「ですよね。リサイクルというと大げさになってしまいますが、要は使えるものを有効に使いきるという事なんですよね(つくづく)」

 裁縫に限らず、工作などが苦手な方でも、例えば空き瓶を貯金箱代わりにするのだって、立派な再利用ですよね。あなたの家に眠っている使わない物も、ちょっとしたアイディアと一工夫で、何か新しい物に生まれ変わるかもしれませんよ…?

・miffyちゃんのお部屋(作品などが写真で紹介されています)  http://club.to/miffy/
・目指せ! 買い物の達人 DIY関係  http://tonic.jp.to/cgi-bin/dejirogu/s_daily.cgi#3


提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/