TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


秋空の下、アイスがおいしい?

  ついこの前までの残暑はどこへやら、朝晩などは急に肌寒くなってきた今日この頃ですが、風邪などひいてはいませんでしょうか? こんな時期には温かいものが食べたくなりますが、逆に暖房の効いた部屋で冷たいものを食べるのもおいしいんですよね。そんなわけで、あえて今! アイスクリームについて調べてみました。

●デジ之介
「白熊アイスの話題に続いて、アイス愛好者の間で話題になっているようですね、黒熊が…。でも、この黒熊アイスの製造元のロイヤル食品(株)って、ファミレスのロイヤルホストのグループ企業だったんですね(驚)」
●おこた
「黒熊の定義として、かき氷に珈琲と蜜をかけて白熊のように果物をトッピングしているとの噂ですが、本場・九州では、珈琲白熊と呼ばれると思います。白熊というと練乳がたっぷりかかっているので、色から来たイメージがありますね。また、既製品になると昨年秋から白熊もたくさんのバリエーションが販売されています。それで、珈琲やチョコレートシロップをかけると、九州外の方が違うじゃんと思うので、黒熊と呼んでいると思います」
●miffyちゃん
「去年鹿児島へ白熊を食べに行った時は、黒熊というのもメニューにあって、これはおこたさんのお話のように、チョコレートシロップが掛かっていて、かき氷が黒かったですね。北極熊(名前は定かではありません)というのを頼んだら、青いシロップがかかったのが出て来ました。お友達数人と行って、別々の物を頼んで食べ比べてみるのも楽しそうだにゃ〜ん!」

 かき氷に練乳をかけてフルーツを乗せた「白熊」については、デジろぐでも過去に取り上げましたが( http://tonic.jp.to/cgi-bin/dejirogu/print.cgi?no=121&reno=no&oya=121&mode=msgview&page=85 )、さらに色々なバリエーションがあったんですね。この調子で、他にも色々な熊が出てくると、広がりも出てきて面白くなるかもしれません?
 そして白熊の他にも、アイスといえばこんなものもありましたね。

●デジ之介
「そう言えば昔、アイスクリームの天ぷら…って、流行ったことありませんでしたっけ? カステラに包んで揚げる…なんて感じだったと思うんですが、考えてみれば、うっかり漏れたら油がはねまくって、かなり危険な料理(I?)ですよね…(汗;;)」
●おこた
「美味しいそうです。ただし、天ぷら料理のプロが腕を見せる為に衣をつけて揚げたそうです。日本料理人のこころ域の部分です。カステラに包むのは、一般の方でどうしても作りたい方は、こうしないと危険という事で、料理家が考えたみたいです」
●東雲
「確かにアイスクリームに直接衣をつけて揚げるのは、相当技術がないと難しそうですね。天ぷらは火事の危険もありますし」

 アイスクリームの天ぷらは、ネットで検索するとレシピも色々見つかりますので、興味のある方は挑戦してみるのも楽しそうです。挑戦といえば、好きな材料を入れてオリジナルのアイスを作るのも楽しいですよね。

●miffyちゃん
「我が家では、子どもが小さい時は『どんびえ』と言うアイスクリーム製造器を使って、自家製のアイスクリームを作っていました。これは、手動でくるくるかき混ぜてアイスクリームを作ります。これって結構便利なんですよね。手近にあるジュースを入れるだけでも、シャーベットが出来ますし、本物のアイスクリームが、材料費300円くらいで食べられるのも魅力です」
●東雲
「手動でアイスが作れるのは楽しそうですね〜。作っている過程が見えますから、お子さんも楽しそうですし」
●miffyちゃん
「そうそう、小さい子どもと作る時は特に楽しいですね。ハンドルをくるくる回しながら『まだかな? まだかな?』なんて言いながら中を覗き込んでいましたね。それに手動だと、アイスクリームが出来上がっていくのが手応えでわかるんですよね。初めは軽く、抵抗なく回っていたハンドルが、急に重くなってくると、『あ、あともう少しだ!』と楽しくなってきます(笑)」
●おこた
「電動といっても、今年の梅雨に販売開始された機器なので、オークションで手に入る電動なら、手動の方が作っているといった感覚があるだけ美味しいと思います」
●デジ之介
「そう言えば、電動のアイスクリーム機ってありましたね。ただ、やっぱり家電製品ですと、故障するとどうにもなりませんから、そう考えると、シンプルなどんびえの方が魅力ありますよね」

 実際、手動の機械の方が電動のものよりも壊れにくい分長持ちしますし、面倒に思える作業も、手間をかけた分余計においしく感じると思えば、かえって楽しみになるかもしれません?
 自分で手作りアイスを作る場合には、市販の商品では作れないような変わった物を入れてみるのも面白いですよね。とはいえ、商業目的でもかなりインパクトの強いアイスを作っているところもあるようで、ちょっとやそっとのものでは太刀打ちできないかもしれません?

●おこた
「私の知り合いのアイスクリーム屋さんも、オリジナルアイスを作ってくれます。しかし、塩鯨アイス、犬用アイスは…ちょっと腰が引いちゃいました。それからオリジナルアイスのアイディアを募集したところ、『とんこつラーメンアイス』が食べたいという話題が登場。店長が売れない事を覚悟で100個限定で製造販売したら…今回が最後と言いながら、雑誌などで紹介される度にまた製造販売しています。こんなのが定番になるのかな? 日本人の味覚はおぞましや〜(笑)」

 どんなアイスを作っても個人の自由ですが、食べられないものを作って食べ物を無駄にするのはやめましょうね。これからますます冷え込んできますが、冷たいアイスは温かいところで、おいしく食べたいですね!

・ジェラテリア・チルコドーロ  http://www.rakuten.co.jp/circo/
・クローバー・ソシエ 自慢のシャーベット・アイス  http://www.rakuten.co.jp/clover4socie/452240/
・(有)西村八良商店 アイスクリーム  http://www.rakuten.co.jp/nishi8/497586/
・ロイヤル  http://www.royal.co.jp/

提供:デジろぐ

  文中でのべた感じで、私の行きつけのアイスクリーム屋さんは、百個限定でユニークなアイスを作るのを楽しんでいます。 普通のアイスクリームも勿論ありますが、メニューを見たときには腰が引けるアイスも作ってます。 
 この腰が引けるアイスが材料から、こんな味?といいたくなるような美味しいアイスクリームに変身しているので、近所の方は行って冒険して見てください。 それと、ここのアイスクリーム屋さんは御酒をベースにしたアイスクリームも美味しいので、パーティーなどで出してもGoodかもしれません。 遠隔地の方でも通販してもらえるので購入してみては如何でしょうか? OLの方や甘党の方も参加しやすくなると思いますよ。
 ついんスター:http://www10.ocn.ne.jp/~twinster/

 やはり、手作りで作りたい方の為に、アイスクリーマーを数点紹介します。 '03/10/03時点
 
コードレスアイスクリーマー
アイスクリームメーカー
アイスクリームメーカー
エレクトロラックス ソフトクリーム&ジェラートメーカー
エレクトロラックス ソフトクリーム&ジェラートメーカー
                        By.おこた
ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/