TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


世間で見かける困ったカメラマン?

  ネットと同様に、ここ数年で急速に進歩したものに、デジタルカメラやビデオカメラがあります。小型・軽量化された上に画質や機能も向上していて、今では多くの家庭に普及していますが、同時に困った問題も色々と起きているようで…。

●LEE
「うちの学校のそばは、夜中も運動会の席とりにヘイを乗り越えるので、苦情が殺到しますよ(笑)。学校のそばというのは意外に、解ってくれているようでいて、苦情はあるようだと学校の役員になって気がつきました」

 運動会などに出る自分の子供をビデオで撮影する風景は、ビデオカメラが出始めた頃から見られましたが、最近ではほとんどの親がビデオカメラを持っている事から、場所を確保するための競争が激しくなっているみたいです。他にも他の人を押し退けて前に出ようとしたり、ロープから身を乗り出したりと、マナーも何もないという状態で、この様子を子供たちの側から見たら、かなり恥ずかしい光景なのではないでしょうか…?

●LEE
「運動会や、学芸会、入学式…そこでは、親がビデオもって走り回り、子供はいつも動いているとか笑顔を強制される…という話があります。親は立ち入り禁止のところにでも平気で入っていく。おしゃべりもどこでもあり。自分の子供しかフレームにいれていない。お芝居のフィルムは筋なんてどうでもいいんですね…」
●miffyちゃん
「確かに、ビデオは後から家族で見るのには便利ですよね。でも、心に焼き付ける風景として見るのには、邪魔な機械ですね。我が家も、前はビデオで撮ったりしていましたが、人を押しのけてまで撮りたいと思わないので、いつの間にか止めました」

 自分の子供はかわいいでしょうし、ビデオで映像を残す事も記念にはなるとは思いますが、周りの人に迷惑をかけている親の姿を見たら、せっかくの運動会が、子供にとって嫌な思い出になりかねませんよね…。
 学校に限らず、観光名所などでもカメラにまつわるトラブルは増えているようです。カメラで撮影している本人にとっては、

●おこた
「困ったカメラマンについては、色々と経験がありますよ。どんな場所であってもスナップ写真にしてしまう方々。被写体に近付いて撮影するから、風景を撮影する邪魔になるし入替り立代りなので…風景が撮影できない。スナップ写真を撮るなら、それなりの場所があるんですけど…。また、接写命のカメラマン。野焼きの写真を撮っている時に、風が強くなったので岩影から撮影していたら、どこからかおじさんが私の撮影ポイントで接写を開始。じゃまだな〜と思っていたら、火が道路を渡り始めて、接写していた方がカチカチ山のタヌキになりかけて私の方に逃げてくる。 流石に私でも怒りましたけどね。 他に周囲が見えなくなるカメラマンや三脚を立てて何時間間も同じ場所にいるカメラマン、撮影に夢中になって、被写体を見ていないかたもいますね。運動会の場合、撮影するのに夢中になって、子供がどの競争で、何位になったか分からないで、後で怒られているんだろうな?」

 カメラといえば、最近は携帯電話のカメラ機能も充実してきました。画素数が増えるなどより高画質に、便利になっていますが、その手軽さからまた、別の問題も出てきているようです。

●東雲
「ベッカムが日本に来た時の様子をニュースで見ましたが、周りのファンの方たちが、一斉に携帯を向けていましたね(驚)。端から見ると、かなり異様な光景でしょうね…」
●おこた
「そうなんですよね。デジカメを持っている方は何故か接写命だし、カメラ付き携帯も自分撮り用もあるので、これも接写命になるんですよね。それ故に被写体に人だかり山ができるのが困りものです」
●東雲
「携帯のカメラも、ズームができると便利なんですがね。と思ったのですが、考えたらズームできないのは、盗撮に使わせないためというのがありそうですね(汗)」

 学校行事にしろ観光地にしろ、思い出として記録を残したい場面であるのは確かですが、それは他の人にとっても同じ事。マナーを無視して他の人に迷惑をかけては、結局嫌な思い出しか残らなくなってしまいますよね…。

提供:デジろぐ

 私も風景写真を撮っていますが、本末転倒しているカメラマンが増えた感じですね。 楽しんでいる所をカメラで記録を撮るのでなく、記録を撮るためにここにいる方が増えてきています。 写真を撮るために来たのでなければ、写真を撮る事を忘れて遊んでください。 ふっと、記録というときにデジカメをだして撮影するのが良いですよ。
 良い記念写真でしたら、かしこまって撮るよりも、記憶を呼び出しやすい看板や名物を前にして人が取り囲んでいるのが良いかも知れませんね。
 私なんかだと、祈念碑の後ろに隠れるようなポーズの所と撮ってもらったり、買ったお土産を持ってスナップ写真を撮ったりとするかな?  By.おこた
ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/