TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


ネットの困り者・迷惑メールあれこれ

  毎日メールチェックをしていると、必ず何通かは遭遇してしまうのが、未承諾広告などの迷惑メール(別名スパムメール)。ほしくもない商品の広告だけでも厄介ですが、ウィルスなどの問題もあって、なかなか深刻です。

●デジ之介
「迷惑メール、本当に最近酷いですね…。ドメインのレジストラ変更したら、ターゲットになっているのか、メチャクチャ増えてしまいました(苦笑)。あまりにも酷い場合、対象メールアドレスを自動返信メールにして、フォームのURLを教えて、そこから再送信してもらうなんて風に自衛せざるを得ないのですが、思いっきり不便ですし、なによりもこのやり方ですと、トラフィックが倍になりますね…」
●田村
「毎日毎日20通くらいSPAMがくるのでなんとかしたいのですが、送信元のメールアドレスはもちろん毎回違うし、自動振り分けもなかなかうまいことがいかず、ずっと手動振り分けなんです。で、よく考えたらヘッダの Received: に含まれる、メールサーバのIPアドレスを対象にして自動振り分けできるんじゃないかと思い、挑戦してみました(笑)。そんなに甘くなかったですm(--;m スパムメール約1500通から抽出した送信元IPアドレスで、重複していたものは約100…つまり1500通のスパムメールは、1400の違うIPアドレスから送られてきたわけです。送信元メールアドレスもほぼ毎回違いますが、送信元IPアドレスもほぼ毎回違うんです(@@) 想像以上にインターネットは荒野ですね…参りました(笑)」

 迷惑メールにも色々あって、出会い系サイトなどの広告はもちろんですが、中にはまっとうな企業でも、無料サービスや一度オンライン通販を使ったところなどから、何度も送られてくる広告メールやダイレクトメールなども、迷惑メールに含まれるかもしれません。

●田村
「スパムを、郵便受けにチラシを入れる行為に例えるなら(ポスティングというんですかね)ひとの家の壁にチラシを貼り付けてるような状態ですかね。たまに死んでる掲示板が広告などで埋まってる場合がありますが…(^^;」
●おこた
「ニュースサイトの記事によると、迷惑メールはMSNのサーバーが受信する全メールの約80%を占め、1日約24億通に上るとの事でした。また、ネットワークのトラフィクの1/3は迷惑メール等の迷惑行為が占めているそうです。ほんと、プロバイダーメールもなにか対策をうって欲しいですよね」
●東雲
「そんなに多いんですか(驚)。それだけの量のメールがサーバーに負荷を与えていると思うと、何とかしてほしいと思うのも道理ですね。なくなってくれた方が、ユーザーもありがたいですし」

 迷惑メールへの対策も色々ありますが、手軽にできそうなのはメーラーやプロバイダのフィルタ機能でしょうか。受信したメールの中から、自動的にいらないメールを振り分けてくれるのですが、問題は時々必要なメールまで一緒に削除してしまう事なんですね…。

●田村
「フィルターは弊害が起こりそうなのが気がかりですね。(^^; 米国で、マーケティングメールだけの話だと思いますが、平均17%の正当なメールが間違って遮断だそうです」
●東雲
「これも難しい問題ですね。フィルタを緩くすれば迷惑メールが来やすくなりますし、精度を上げようとすると設定が複雑になりそうですし(困)」
●おこた
「メール拒否してくれるソフトは色々と副作用が大きいですね。それよりも、プロバイダーに同一アドレスから大量送信があった場合に、スパムメールと見なして拒否するプロバイダーが良いと思います。ただし、メールマガジン発行サイトからのメールを拒否する場合もあるので、こういったものだけフリーメールで読むとスパムは激減しますよ」

 同じような事は、携帯電話のドメイン指定受信にも言えます。こちらは自動的に削除はされませんが、指定したドメイン以外のアドレスからは受信そのものがされないので、メールを送る側のドメインによっては、一度連絡して指定してもらわないとメールで連絡できないという矛盾した状態になってしまう事も考えられます。
 ちなみに余談ですが、迷惑メールのことをスパムメールというのは、イギリスのコメディ番組「モンティ・パイソン」でされたコントが語源になっているというのは、けっこう有名な話ですね。コントの中でしつこく連呼される「スパム」という単語と、同じくらいうっとうしいメールという意味です。

●おこた
「とあるレストランに行くとこのスパムを利用した料理しかない為に、従業員とお客の会話が次第に『スパム』ONLYの会話に(笑)。実は近くのお店が今月は沖縄をテーマにした弁当を作っているので、スパム弁当を頂きました。スパムは缶詰入りの豚肉で、魚肉ソーセージのようなお弁当用のハムってな感じです。これを適当にスライスして油で表面を焼いて、俵型のおにぎりの上に海苔で江戸前風にしていました。スパム自体は少し塩辛いですが、塩加減の弱いおにぎりと一緒に頂いたので美味しかったです」
●東雲
「スパムそのものではありませんが、類似品のソーセージは食べた事があります。たまに食べる分にはおいしいと思うのですが、高校の頃、一ヶ月近く続けて弁当に入っていた事があって、さすがに嫌になりました。まさに、上のお話のレストランみたいな感じです(笑えません)」

 スパムのように、あまりしつこいメールばかりだと嫌になりますが、そんな時には逆転の発想で、普通のメールだと思ってちゃんと読んでみるのも一つの手かもしれません? あからさまな迷惑メールは論外ですが、企業のダイレクトメールなどは、使いようによっては意外と役に立つ事もあるようです。

●デジ之介
「ここ1〜2年で、広告のやり方も変りましたもんね。今まではクリック数云々でしたけど、最近のアフィリエイトを見ると、まずクリック数でお金をくれるところは少ないですからね。で、アフィリエイトですと、いちいち個別に探してオファーして許可をもらったりせずに、リンク用のバナーまでGETできて、古くなったサイトのリンク切れが広告非表示でわかる! と言う感じで、お金以上に情報としての利用価値がありそうで、せっかくならデジろぐの方で、ショッピングDBを創っていこうかな…なんて感じでした(笑)。あと、アフィリエイトに登録しておくと、お知らせのダイレクトメール結構来るんですけど、そこに新着やら色々な情報が載っているので、これも便利でした!」
●東雲
「こういう情報も興味のない人にとってはスパム同然ですが、ちゃんと見てみると、立派な情報源なんですね(納得)」
●デジ之介
「アフィリエイトもやってみると、結構、楽しいんですよね(儲かる儲からない以前に…)。せっかくなら活用しない手は無いですからね」

 例えどんな情報でも、それを必要としている人にとっては価値のあるものですから、迷惑メールだと思っていても、読んでみたら意外な発見があるかもしれません。とはいえ、ほとんどの迷惑メールは読んでも何も発見がないというのも現実ですし、あまりに悪質でしつこい場合には、下の機関に相談してみるのも手かもしれませんね。

・迷惑メール相談センター  http://www.dekyo.or.jp/soudan/top.htm
 (財団法人 日本データ通信協会 http://www.dekyo.or.jp/ 内)
・@police  http://www.cyberpolice.go.jp/
・迷惑メールを受け取ったら…  http://www.jaipa.or.jp/UCE/
 (社団法人日本インターネットプロバイダー協会 http://www.jaipa.or.jp/ 内)
・インターネットを利用する方のためのルール&マナー集  http://www.iajapan.org/rule/
 (財団法人インターネット協会 http://www.iajapan.org/ 内)

提供:デジろぐ


 ちなみに私はプロバイダーメールは一切利用せずに、ウィルス駆除のオプションも付けてい有料のYahooメールを利用しています。 
 何故かというと、Webメールはユーザー獲得の為にウィルス&スパム対策は進んでいます。 特にYahooやHotMAILは特定ドメインからの短時間かつ大量メールはスパムとして弾くそうです。 
 さらに、Webブラウザーで不愉快なメールを受信しないようにフィルターを設定するとサーバー側で全て処理してくれるので、スパムメールを目にする事は日をおうごと減ってきます。
 Yahooを選んだのは、自宅ではプロバイダーメールのように利用できて、会社からはWeb経由でメールを見ることができるからです。
 そして、ウィルスはIT初心者が感染しやすい傾向があって、それを切欠に仲間がドンドンと感染していくのですが、このウィルス駆除のオプションによりサーバー側で駆除してくれるので、安心してネット生活を送っています。
 といっても、Webから感染する可能性があるので、ファイアーウォール付のウィルス駆除ソフトをPCにインストールして防御しています。
 本当はこれでも危険と言えば危険なんでしょうけど、個人PCをハッキングする労力を考えると....
ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/