TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


長〜い友達? 髪の毛のお手入れ

   最近は若い人に限らず、髪を茶色などの明るい色にする人を、多く見かけるようになりました。髪の色も多様化して、様々な選択肢が選べるようになりましたが、その一方では自然に色が変わる事もありますね。

●おこた
「自宅で白髪を染めてみました。ヘアースタイルとか気にする方ではないのですが、白髪って立つんですよね。ピン、ピンと…それは生活疲れしている感じなのでしかたないねと、焦茶色にしました。流石に緑や黄色に染めるには抵抗がありました。最近の白髪染めって、多色化しているのは知ってましたが、白っぽくするのも売っているなんて(==A それと、缶々を押すとブラシ部分で2液が混ざって、ブラッシングするだけで染める事ができるので簡単でした」
●東雲
「髪を青や緑などに染める時は、一度脱色してからの方が綺麗に染まるらしいですしね。スーパー店員時代によく品出しをしていましたが、色の種類が微妙にグラデーションしていて、かなり複雑になっていますよね(汗)。それだけ髪に対するこだわりも、強くなっているという事でしょうか」
●LEE
「美容院で染める場合も、白髪まで染まるものと染まらないものとがあるといいますが、白髪はやはりそのまま残りやすいですね。また白髪は、他の髪から色だけでなく浮き上がってしまって(男性より女性は髪が長いから余計?)困ったり。全体に同じ色ではなく、3種位になっていると目立たないのですが、美容院ではできないと言われてしまいます…」
●デジ之介
「私だったら、いっそのこと、真っ白にしちゃいたいんですが、でも、真っ白にするのって、一番難しいみたいです? 失敗すると汚れた野良犬みたいになっちゃうよ…なんて、前に言われたことがあったような…(汗;;)」

 白髪染めなどの染髪剤にも最近はだいぶ種類が増えて、好きな髪の色を選べるようになりました。白髪を完全に隠すのはまだまだ難しいみたいですが、それでも種類自体は多様化していますし、中には青や緑などの奇抜な色も見られるようになりましたが、そうした色を綺麗に出すのも、それはそれで大変かもしれません?

●LEE
「髪を染めると、どうしても痛むし、特に外で売っている自分で染めるタイプのものは、割安だけれどもさらに良くないと聞いた事があります。ヘアマニュキュアがそういう点では痛まないとも」
●東雲
「髪を染めるのもそうですが、特に白は脱色しないといけませんから、綺麗にするのは難しそうですね。髪が傷むといいますし、自然に白くなるのを待った方がいいかも(笑)?」
●miffyちゃん
「そうそう、脱色しても、黄色にしかなりませんから、自然に白髪になるのを待った方がいいですね」
●デジ之介
「白くなる前に無くなる可能性も(笑)? でも、それはそれで髪が痛む心配から解放されるかも!?」

 髪を染めたり脱色をしすぎると、髪が傷んで抜けやすくなるとよくいわれます。ほどほどにしておくのも一つの方法ですが、逆にいっその事、全部剃ってしまうという手もありますね。もっとも、これはこれでなにかと大変なようですが…。

●デジ之介
「いや、結構、スキンヘッドって、手入れが大変だと思うんですよね、生えてくるうちは…。ってことは、真っ白にしちゃうのも、黒いうちはたぶん大変でしょうね」
●東雲
「大学の時に、知り合いに一人いましたが、毎日安全カミソリで、ヒゲと同じように剃っていました。慣れるまでは、結構傷ができるみたいです(汗)」
●デジ之介
「なんですよね。ヒゲでも結構面倒だったりするので、全体になるとねぇ(汗;;)」

 染めるにしても剃るにしても、自分でやると何かと大変ですし、プロの方にお任せした方が確実かもしれませんね。もっともそのプロである床屋さんや美容院にも、色々な種類があるみたいで、一筋縄ではいかないかもしれません?

●田村
「新しい床屋さんに行くのってためらいがちですが、引越したのでどうしようもなく…。でも面白い床屋さんなんです。なんというか、元不良というかロカビリーというか、そんな感じのご主人と元スケバンみたいな奥さんで(笑)。ご主人の動きや仕草とかに特徴があって、昔テレビドラマでよく見た不良がバイクを改造してるように髪を切るんです。(^^; 髪をいじるときの眼差しから違います」
●デジ之介
「こう言う床屋さんの方が、お客さんから愛されたりもしてて、実は私の行っている床屋さんも、そんな感じで、警官からヤクザ屋さん(?)まで、幅広いそうが来てますね(笑)。
●東雲
「僕のよく行くのは『早い、安い、腕はそこそこ』のお店ですが、理容師さんが五、六人いて誰に当たるかわからないので、同じように頼んでも行く度に違う頭になって面白いです(笑)」
●デジ之介
「これを楽しめる人はそうは居ない気がする。う〜む、東雲くんらしい楽しみ方ですな(笑)。最近、床屋さん業界も厳しいようで、早さと安さが売りというマクドナルド形式のところが流行ってきちゃっているんですよね。幸い、小さい時からお世話になっている床屋さんは今も健在なんですが、地域社会の崩壊は、『地域社会の情報基地の床屋さん』へ、みんなが行かなくなっちゃったのも原因かも知れませんね」

 髪の染め方や髪型などが、どんどん多様化している一方で、昔ながらの床屋さんがなくなっているというのは寂しい気がしますね…。髪についてこだわるなら、こうしたお店を利用するのも面白いかもしれませんね。

・目指せ! 買い物の達人:美容・健康  http://tonic.jp.to/cgi-bin/dejirogu/s_beauty.cgi
・ヘアケア・ラボラトリー  http://www.rakuten.co.jp/svenson/
・カラーリング基礎知識  http://www.hoyu.co.jp/color/
 (ホーユー http://www.hoyu.co.jp/ 内)
・HAIR COLOR CLICK  http://www.bigen.jp/
・キレイ向上 ヘアレッスン  http://www.kao.co.jp/haircare/
 (花王 http://www.kao.co.jp/ 内)

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/