TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


ファストフードも高級化の時代に

   急いでいる時や小腹のすいた時、ハンバーガー、牛丼など手軽に食べられるファストフードは便利ですね。一時期は値引き合戦で潰し合いに近い状態になっていましたが、最近はどのチェーンも、安売り以外の部分で個性を打ち出してきているようです。

●デジ之介
「例のモスバーガーの高級なヤツを食べてみようと思って、レジに行ったら、『当店では匠味(たくみ)バーガーの取り扱いはございません』と書かれた下敷きが(涙)。とは言え、手ぶらで帰るのも申し訳無かったんで、普通のタンドリーチキンバーガーを食べてきました!」
●miffyちゃん
「ありゃりゃ…、これは残念でしたね。食べた感想が聞けると良かったんですけどね」

 モスバーガーで2003年8月から始まった「ニッポンのバーガー 匠味」は、各社のハンバーガーの中でも珍しく、580円(チーズは640円)という高い値段で、しかも1店舗で1日10食限定、注文してから10分以上かかるなど、ファストフード業界の常識を覆す事ばかりの商品です。
 取り扱う店舗も限定されていて、店舗数は増え続けていますが、まだ全店舗で食べられるまでにはなっていないようです。

●デジ之介
「このモスバーガーは面白いですね。ハンバーガーとしては高い気がするものの、でも、1店舗1日10食限定で10分かけて調理してくれることを考えると、手の届く高級さがウケるかも知れません?」
●東雲
「モスバーガーは元々注文を受けてから作るので時間がかかりますが、1日10食限定というのはすごいですね(汗)。行列ができるかもしれません?」
●デジ之介
「この値段なら、1度は食べてみたい気もしますよね。一食抜いてしまうような感覚で食べるのもアリかも知れません(笑)」
●miffyちゃん
「そう考えると、値下げ競争の中で安売りに走らなかったモスバーガーの販売姿勢が、商品への信頼感を作っているのかも知れませんね」

 これまでファストフードというと早い、安いというイメージが強かったですが、匠味バーガーはこうしたイメージを大きく変える事につながりそうです。また、他のハンバーガー会社やハンバーガー以外の会社でも、少し値段は高めでも、よそにはない独自の商品が増えるなどの動きが出てきました。
 それとファストフードといえば、早さと安さ以外に画一性も大きな特徴ですが、こちらの方でも動きが出ているようです。

●LEE
「最近はファストフードも、地域性がありますね。以前は、同一商品をどこでも、同一の値段で早く、が身上でした。マクドナルドでキャンペーンをしていた時も、ベーコンレタスバーガーを150円で提供する時間は、店舗によって違うと書いていましたしね。扱っている店の前を通りかかったら、『11時から整理券配布します』とありました。1日100個の限定ですから、なかなかの人気を伺わせました」
●デジ之介
「これも、本部主導型と店舗主導型で結構、違ったりもするんですよね。たぶん、これは本部主導型かな…って思うんですけど、例えば後者は、スターバックスとか、ベンチャー系の店舗に多いですよね。店舗主導型ですと、統一されていないデメリットがある反面、そのお店の裁量で色々な工夫ができるので、質の高いお店が誕生することもあったりしますね、やっぱり!」

 こうした各社の動きの背景には、安売り路線の行き詰まりがあるのは確かですが、スローフードが注目されるなど、ファストフードに対する風当たりも強くなっていますので、そうした影響を受けた部分も大きいかもしれません。
 とはいえモスバーガーの場合、他社が安売り競争をしている時にも、注文を受けてから作るなどの高級路線を貫いてきましたので、時流に合わせたというよりも、時流がモスバーガーに向いてきたのかもしれません?

●デジ之介
「ディスカウント状態は、質を優先させてきた会社にとっては、大きなダメージがありそうなんですよね。とは言えこんな状況でも、モスバーガーは頑張ってたりもするわけで、そう考えると、ヘタにあわせようとせずに、自社の特徴に特化していく方が、成功するかも知れません!?」

 ファストフードは確かに便利ですが、食事があまり画一化されすぎてしまうのも、つまらなくなってしまいますよね…。早さや安さだけでなく、会社ごとのこだわりや地域性が重視されるようになるのは、ファストフード業界にとってはもちろん、消費者である私たちにとっても嬉しい傾向といえそうですね!

・ニッポンのバーガー 匠味  http://www.mos.co.jp/spotlight/030807/takumi.html
 (モスバーガー http://www.mos.co.jp/ 内)

提供:デジろぐ


 安価な品物だと味が画一化されてしまうのもありますが、高価な品物が出てくると、何故かメニューに掲載される品の数が少なくなり、私などのユニークな人間は食べる物がなくなってきます。
 実はこの十年ほど、ハンバーガーは食べなかったのですが、安くなってメニューも豊富になって、段々とハンバーガーを口にするようになりました。 けど、ハンバーガーの高級化に伴ってメニューが少なくなったり、限定何個とかで肝心の食べたいものがなくなってきます。 今のままだと私のようにハンバーガー離れする方が増えるような気がします。 
 そう、そう、昔は昼飯にラーメンやカレーを食べていて、休日は知り合いから教えていただいたラーメンやカレーを食べにドライブに出かけたり。 給料日前は高級ラーメン...といっても、チェーシュウ麺なんですけど。 こんな感じで身近な存在でしたよね。
 最近はシンプルなラーメンやカレーは安くて600円とか、下手したら千円越えますよね。 庶民の味だったのが高級料理化していますよね。 安ければ良いというのでなく、庶民が気軽に食べれるようにメニューに安価〜高級といった感じで選べるとうれしいなと思ったりします。        
                              By.おこた
ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/