TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「雷情報をチェックして停電対策!」

 夕立の季節だからでしょうか、この頃雷がよく鳴っています。デジろぐ倶楽部の間でも被害は出ているようで、「電車が止まった(東雲)」、「パソコン学習の記録が消えた(平本)」「犬が怖がる(ひらくん)」といった他に、こんな深刻な例も……。
 ●田村「このメールを書いているときに近くに落雷して、マシンがフリーズ。 イーサネットハブがオシャカになりました(~~;(これがサージ!?)」
 雷は自然現象なので避けようがないのですが、それでも事前に備える事はできるはず! そこで落雷情報や予測など、雷の情報を扱っているページを色々と探してみました。
◆全国の雷情報(株式会社気象サービス
http://www.weather-service.co.jp/ 内)http://www.weather-service.co.jp/Public/cts0004/weather/kaminari/thunder0.html
 今日・明日二日間に雷の発生する恐れのある地域を地図上にマークで表示している。他に天気予報や地震・台風の情報など色々見られるので、天気の全国的な状況を知りたい時などに便利。
 ◆落雷情報(東北電力ホームページ  http://www.tohoku-epco.co.jp/ 内) http://www.tohoku-epco.co.jp/weather/
 東北地方の落雷状況と雨量を、地域ごとに地図で表示。また、雷の観測システムや落雷のしくみについても詳しく紹介している。
◆雨量・雷観測情報 (メッシュ天気予報 http://www.weather.ttcn.ne.jp/ 内) http://www.thunder.ttcn.ne.jp/
 東京電力の観測データによる、関東及び近郊の雨量・雷雲・発雷状況を地図で表示。晴れの日・雨の日向けのおすすめコンテンツへのリンクも。
◆雷情報(中部電力ホームページ http://www.chuden.co.jp/ 内)
  http://www.chuden.co.jp/kisyo/
  中部地方の発雷状況を地図で表示。表示地域・時刻による表示方法などが選べる他、雷雲発生のメカニズムや発雷状況の調べ方なども図入りで説明してあってわかりやすい。iモードにも対応。
 ◆雷センター(北陸電力ホームページ http://www.rikuden.co.jp/ 内)
  http://www.kaminari-center.com/
 冬の発雷も多い北陸地方の、雷対策の総合ページ。発雷状況や予報を地図で表示する他に、雷についての知識や対策、また雷への相談も受け付けている。
 ◆雷さんだ〜(STNetホームページ http://www.stnet.co.jp/ 内)
  http://www.stnet.co.jp/it/kaminari.html
 四国地方の、最新の落雷情報を地図で表示。無料サービスと有料サービスがあって、有料サービスではより詳しい情報をリアルタイムで受け取る事ができる。
 ◆かみなりねっと http://www.kaminari.gr.jp/
 「雷って何なのか」といった基本的な事柄から、雷にまつわる言葉や地名・伝説、さらには雷おこしなど雷にちなんだ食べ物など、あらゆる情報を集めた雷の総合情報サイト。雷に関する情報を交換し合うなど交流もさかん。

 色々なページが見つかりましたが、電力会社の関係したページが多いのは、やはり雷が「電気」だからでしょうか? こうしたページからの情報を簡単にまとめると、家電製品を雷の被害から守るには、
 ・電源コンセントを抜いておく(パソコンの場合は電話線も)
 ・専用の耐雷機材を接続する
といった方法が有効なようです。
 特にパソコンの場合、停電によって平本さんのようにデータが消えてしまったり、田村さんのように壊れてしまったりする場合もあるので、
 ●UPS(無停電電源装置)と言う装置を使うのも効果的です。何やら難しい名前ですが、簡単に言ってしまえば「バッテリー」と同じで、ノートパソコンのACアダプターを抜いても、バッテリーが充電されている場合には問題無く動作するのと同じように、停電になっても、UPS経由で接続していれば問題無く動作します(動作時間は装置の容量によります)。さらにUPSには雷保護機能内蔵の機種も多いです。 また、雷が鳴っている時に、一瞬電灯やテレビの画面が暗くなったりしますが、これは送電線に雷が落ちた時などに、雷の電流が大量に流れて設備が壊れるのを防ぐために一時的に回路を切り離す事で、瞬間的に電圧が低下する現象(瞬時電圧低下)によるものだそうです。
いずれにしても、雷からパソコンや家電製品を守る事はできたとしても、あの音と光の怖さだけは防ぎようがありません……。昔からあるものですし、夏の風物詩だと思って割り切るしかないんでしょうかね……(苦笑)。

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/