TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


冬を乗り切るお手軽暖房法

   気がつけばすっかり冬本番、朝晩の寒さも日増しに厳しくなってきました。すでにコタツやストーブ、ヒーターなどを出されたご家庭も多いでしょうが、お部屋でいくら温まっても、外は相変わらず寒いまま…。そこで家の中でも外でも温まれる、携帯用の暖房器具について調べてみました。

●おこた
「最近、朝夕がめっきりと寒いですよね。小さい時から血行が悪いので、目覚めても疲れが残っている事がしばしばです。温泉に入って症状が和らぐ時は、素肌に貼るカイロを使ってます。ただ、低温火傷をしないように、起きている時にしか貼ってませんけど」
●東雲
「確かに貼ったまま寝ると、低温火傷が気になりますね。温度調節ができませんから、気をつけないと危ないですね(汗)」

 携帯用の暖房器具といえば、代表的なのがカイロです。現在主に使われている使い捨てカイロは、鉄粉が酸化する際に発する熱を利用しているもので、最初に商品化したのはロッテの「ホカロン」なのだそうです。最近では貼るタイプや靴に入れるタイプ、座布団用など種類も増えていますので、温めたい場所によって使い分けもできて便利です。

●おこた
「実は冬でもバイクに乗ろうとグリップヒーターを調べていると、気化した液体燃料(ライター用オイル)が白金を通過する時に、酸化して熱を発生するのを利用した、使い捨てカイロ以前のカイロを見つけました。知らない若い方もいるかな? 他にもハンドクリームタイプの塗るカイロや繰り返し使えるカイロ、飲むカイロと言ったものが存在します。そう、そう、カイロではないのですが、汗を服が吸う事で発熱する生地を使った下着というのがあります」
●東雲
「確かにバイクに乗る時など、上に羽織りにくい時に便利ですね。ただ途中で天気がよくなると、ものすごく暑くなりそうですね(大汗)」
●miffyちゃん
「確かにそうですよね。下着に保温性のあるものを着ていると、暑くなっても脱ぐわけにはいかないので、大変ですね」

 使い捨てカイロより前に使われていたのが、白金カイロと呼ばれるもので、こちらはベンジンなどの液体燃料を触媒に、白金(プラチナ)を酸化させて熱を出します。貼って使ったりする事はできませんが、丸みを帯びた温かみのあるデザインや、繰り返し使えて経済的な事から、今も根強いファンは少なくないようです。
 他にもおこたさんの紹介された商品のように、ショウガなどの成分や生地の性質を使って熱を出す方法など、様々な形で製品が作られているみたいですね。

●おこた
「筋肉痛とか肩こり、腰痛など、みなさんはどのように対策されています? 私は医療用カイロを使っていたのですが、人気がないようで今年は全くみかけません。このカイロは40℃(通常は60℃)程度の温かさなので患部に貼って置くと、ずっと風呂に入っている状態になります。温めて血行を良くしているので、酷い時に利用していました」

 医療用のカイロは、通常のものより温度が低く、大半のものは地肌に直接貼れるようになっています。温める事によって血行がよくなるので、肩こりや腰痛などに効果があるようです。ただし捻挫や打ち身、炎症による痛みなど、症状によっては温めると逆に悪化する場合もありますので、わからない時には薬局などでご相談下さい。

●おこた
「座った体勢で腰が痛くなりだしたので、電子レンジでチーンするタイプのカイロを出しましょうかね。これ、体を温めるというより、血行の悪い部分に当てておくと、疲れや痺れが治るんですよね。温めてよいか、悪いかは医者に相談する必要はあるけど、温めて良くなる場合は効果がありますよ。また、温シップは唐辛子エキスなどで温かくするらしいのですが…私はかぶれて駄目でした」
●miffyちゃん
「私も、暖かく感じるよりも先にひりひりしてきますので、温シップは貼れませんね」
●デジ之介
「これとは違うのですが、温湿布、ヤバそうな時に、整体の先生に分けていただきまして、まだ、その残りが我が家にもあります!」

 カイロと似た効果を持つものに温湿布があります。こちらは名前の通り、湿布の温かいもので、医療用カイロと同様に血行をよくするなどの効果があります。製品によっては唐辛子エキスなどの成分が含まれていますので、お話のようにお肌の敏感な方などは、かぶれたりする事もあるようです。

●おこた
「私は布団に入っても寒い時は、昔ながらのアルマイトの湯たんぽを使ってます。動物好きな方も、湯たんぽを猫や犬の寝床に置いてあげたりしています。小学校の頃、豆炭とか木炭を石綿で包んで、懐を暖めた製品があったよな? と思って調べたところ、今もあるみたいです」
●東雲
「湯たんぽは使った事がなかったもので、気付きませんでした(感謝)。白金カイロもそうですが、こうした時代だからこそ、昔ながらの暖房法が、逆に新鮮で評価されるかもしれませんね」

 カイロをはじめ、温湿布や湯たんぽなど、会社によって色々な種類の製品も出ていますし、色々使って温かく過ごしたいですよね。まだまだ冬も長いですから、くれぐれも風邪にはお気をつけ下さい〜!

・ホカロンのしくみって?  http://www.lotte.co.jp/denshi/hoka/
 (ロッテ http://www.lotte.co.jp/ 内)
・ハクキン  http://www.hakukin.co.jp/

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/