TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


TVゲームの歴史と視力の関係

   任天堂のファミリーコンピュータが1983年7月に発売されて、すでに20年が過ぎました。TVゲームもすでに私たちの生活にも定着して、すっかり市民権を手に入れた感がありますが、それまでの20年や、さらにその前からTVゲームは存在していましたから、意外と歴史があるんですよね…。

●東雲
「うちはファミコンの代わりに、親戚からもらった古いセガのゲーム機があったのですが、あまりハマりませんでした。というのもファミコンにどんどん押されていって、セガ自体も新機種を出したりで、ソフトが出なかったもので(苦笑)」
●miffyちゃん
「セガのゲーム機と言うのがあったんですか。息子が4歳くらいの時に、夫が今のキーボードみたいな形態のコンピュータ(?)を買って来て、それ以来、息子はゲームから離れた事がないですね」
●東雲
「今は撤退してしまいましたが、去年ぐらいまでゲーム機自体は作っていたんですよ。ただ、プレステのようなソフトの互換性がなくて…(泣)。それでユーザーが離れていったのも大きいでしょうね」

 ファミコンが出た当時には、セガ以外にも色々なメーカーからゲーム機が出ていました。その中での競争をファミコンが勝ち抜いてきたわけですが、今はファミコンの流れを汲む後継機のゲームキューブとソニーのプレイステーション2、そしてマイクロソフトのXboxとの間で新たな競争が続いています。

●デジ之介
「小学生時代って、ファミコン前の時代なんですよ。その代りにパソコン(当時はマイコン)だったので、お金はかからなかっただろうファミコン世代が羨ましいです」
●miffyちゃん
「当時のマイコンは、お金がかかっていたんですか? ちょっとわからないんですが、これは、電話代でしょうか?」
●デジ之介
「いや、本体が高いんですよ。要は、ファミコン以下の性能なのに、安くても10万円(20〜25年ぐらい前の当時で)ぐらいした…みたいな?」
●miffyちゃん
「20年くらい前の10万円って、かなりの値段だったんでしょうね」
●田村
「ファミコンもソフトが一本5千円〜1万円しましたから、けっして安くはなかったですよ(^^; それでも、小学生で数十本もソフト持ってて普通でしたからね…」
●デジ之介
「ですね。ただ、PC-6001とかに比べると絶対安いです…(苦笑)。やっぱり、時間が経てば経つほど、安くなってきますよねぇ(つくづく)」

 今でこそゲームソフトの値段はだいぶ下がってきましたが、一時は本体と変わらないくらい高価なソフトも多く、それだけ買う側にとっては、一本一本のソフトが持つ重みも大きかったですね。定価より安く買える、中古ショップがたくさん出てきたのもわかります。

●miffyちゃん
「そうでしたね…。息子が小学生の時は、5千円くらいするソフトを買わされていました。うちにもかなりあったのですが、あまりにも勉強しないので、ある日、とうとうぶち切れて(私が)、ファミコンの本体と一緒に捨ててしまいました! と言うのは建前の話で、ホントは倉庫に隠してあったんですが、引っ越しのドサクサで、本当に行方不明になってしまっています」
●田村
「なぜかそうなってしまいがちでしたね(笑)。自分も含め周りではよく行方不明になったりしてました。あと、高学年になると中古屋に売ったりしてましたが、マジックで名前が書いてあると買取100円均一(ボッタクリ!(笑))それでも売ってましたし、もったいないことばかりしてました。(--;」
●miffyちゃん
「ハハハ…、5千円で買ったのが100円じゃあ、涙も出ませんね。そうか、売ってしまえば良かったんですよね。でも、お金を出した当人としては、安い値段で手放すのは忍びなかったでしょうね」
●東雲
「そして買い叩かれたソフトが、また高い値段で売られているのを見てまたショック、というのもありますね(苦笑)。ファミコン本体の生産が終了したそうですし、古いソフトはこれから値上がりするかもしれませんね」

 現在では中古ショップでのソフト販売は、著作権の問題などもあって難しい状態になっているようですが、利用者の需要がある以上、販売そのものをなくすのは難しいかもしれませんね。中古ソフトを販売する側から、メーカーに利益を還元する体制作りが必要になってくると思われます。
 TVゲームの歴史の中で一貫して言われてきた事に、ゲームのやりすぎが目を悪くするという主張があります。こちらの問題については残念ながら、20年経った今でも解決の見通しは立っていないようです。

●miffyちゃん
「うちの子ども達は、ゲームばっかりしていたので、目が悪くなるのが早かったですね。ちなみに下の娘は、小学2年生でメガネをかけていました」
●東雲
「僕も気をつけないといけませんね(汗)。学生の頃は視力も1.5ぐらいありましたが、最近はだいぶ目が悪くなって…」
●miffyちゃん
「これはゲームボーイを買ってから、急速に悪くなりましたね。うちの夫は、こういったコンピュータ関係の物が好きで、『買ったらダメ!』と言っていたのに、ゲームボーイを2台も買って来て、子ども達はゲームばかりしていると私に怒られるものだから、ゲームボーイを暗い所でこっそりやっていたので、3人とも目が悪くなってしまいました」
●東雲
「暗いところでゲームボーイは、確かに目に悪そうですね(汗)。最初の頃は白黒でしたから、なおさら見づらいでしょうし」
●LEE
「ゲームボーイは、目医者に言われました。ファミコンより目に悪いと。だから、まんざら暗いところでやっていたせいばかりじゃないんだと思います」
●miffyちゃん
「目に悪い画面で、暗い所でやるものだから、相乗効果で目が悪くなったんでしょうね」
●東雲
「確かにファミコンより画面に近いですから、目には悪そうですね。どちらにしても、程度の問題もありますよね。そんなわけで、最近ブルーベリー入りの食品をよく食べています(笑)」
●miffyちゃん
「ゲームボーイも、ファミコンも、目によくないのは程度の問題ということはありますね。ただ困った事に、子供はひとつのことにのめり込みやすいので、大人が注意すると、miffyちゃんのところのようにこっそり暗いところでやってまた…と悪循環になってしまう。難しいですよねえ…(困)」

 目が悪くなる原因には、ゲーム以外にもテレビやパソコンなど色々ありますから、ゲームだけを悪者にするのは筋違いかもしれませんが、ゲームは長い時間集中するだけに、注意しないと目に与える影響は大きそうです。
 ゲームに限らず何事もそうですが、程度を考えてほどほどにしておくのが一番大切ですね。目を悪くせずに、ゲームを末永く楽しむためにも気をつけたいところです。

・任天堂  http://www.nintendo.co.jp/
・目指せ! 買い物の達人 ゲーム・DVD・CD  http://tonic.jp.to/cgi-bin/dejirogu/s_game.cgi
・健康アカデミー:目の健康  http://www.rakuten.co.jp/kenko-academy/462456/
・爽快ドラッグストア:保健食品(目の健康)  http://www.rakuten.co.jp/soukai/498084/499699/

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/