TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


牛肉輸入禁止で、牛丼屋はどうなる?

   アメリカで牛海綿状脳症(BSE)が発生した事から、日本政府はアメリカ産牛肉の輸入禁止を決定しました。ハンバーガーや牛丼など、外食産業には牛肉の輸入をアメリカに頼っているところも多いだけに、すでにあちこちで波紋が出てきているようです。

●デジ之介
「吉野家から牛丼が消える可能性があるのは、ちょっとビックリですね」
●東雲
「牛丼だけでなく、他の外食産業にも影響が出そうですし、早く安心して輸入できるようにしてほしいですね(切実)」
●りん
「実はこれ、私にとっては喜ばしいことなのです。なぜなら、私は肉が嫌いなので、吉野家に行っても食べられるものがない。が、しかし、吉野家はこの急場をしのぐために、鮭イクラ丼を出すのだとか。こちらは大好物なので、出来る限り、この状態が長く続けばいいなあ〜などと不埒なことを考えています」
●LEE
「私も牛丼より、鮭いくら丼の方が好みです♪ 牛丼並み、より、鮭いくら丼のほうが頼みやすいし、店も入りやすいかな?(笑)」
●miffyちゃん
「私も、牛丼よりも鮭イクラ丼の方がいいですね! お値段も牛丼並みだったらいいんですけどね」

 外食産業の中でも、牛丼が中心の吉野家は特に深刻なようで、メニューから特盛牛丼を廃止して、牛肉を使わないメニューを出すなど、様々な対策に乗り出しています。

●田村
「始めは新メニューは全て400円の予定だったみたいですが、さすがに安すぎですかね。カレー丼、いくら鮭丼、焼鶏丼が全国ですが、他にも地域で鶏そぼろ丼、中華丼、豚キムチ丼、麻婆丼、麻婆なす丼があるようです。しかもテレビで実物を見ましたが、どれもけっこうなボリュームで、特に焼鶏丼が想像以上でした」
●東雲
「なんと、そんなに種類があるんですか(驚)。とはいえ、なんだか手当たり次第という感じもしますね(汗)」
●miffyちゃん
「どのメニューも、原価は安そうですね。しかし、牛丼に変わりうるものがあるかと言うと、『???』ですね」
●おこた
「焼鶏丼の復活バンザイ! 焼鶏丼に七味を掛けて、けんちん汁と一緒に食べると旨いんですよね。実は、吉野屋には焼鶏丼を目当てで通っていたのに、メニューから廃止されてから、段々と足が遠のいていました」
●東雲
「調べてみたところ、焼鶏丼は一部の店舗で試験的に出されていたようで、レトルトの具も通販や生協で販売されていたんですね」
●りん
「ニュースで映っていましたが、なかなかおいしそうでしたよ、いくら丼。それもちょぼちょぼではなく、思った以上にイクラが乗っかっていましたし。ただ、報道された店では、カレー丼発売後24時間後の統計を見ると、カレー丼を頼んだ人はわずか数%。ほとんどの人は、やはり牛丼を頼んでいたそうです」
●東雲
「吉野家といえば牛丼という、ブランドイメージがありますから、新しい商品に今から打って出るのは厳しいかもしれませんね。ユニクロでいきなり高級服を売り出しても、信用されないといった感じでしょうか?」

 他の大手牛丼チェーンでは、以前からカレーや親子丼など、牛丼以外のメニューも出していましたが、吉野家の場合はほとんど牛丼一本に近い状態だっただけに、これから新しいメニューを定着させるのも大変でしょうね。
 もっとも、これまで吉野家を敬遠していた人たちが、新メニューを目当てに来る事も考えられますし、吉野家にとっては、新しいお客さんを開拓するチャンスかもしれません?

●東雲
「そういえば、牛丼の好きな女性ってあまり聞きませんね。牛丼だとどうしても味付けが濃くなりますし、カロリーの高さも理由かもしれませんね」
●LEE
「そう、牛丼は味付け濃いので、あまり…かな。うちの近くは『なか卯』なんですけれど。あ、すき焼きも割り下は薄めに作ります。醤油と砂糖で、極端な話、煮るなんてことはないです」
●東雲
「味付けが濃いと、特に女性には敬遠されがちですね。牛丼が再開された時には、薄味牛丼をメニューに加えると売れるかもしれません(笑)?」
●田村
「前に女性から『すぐ食べてすぐ出て行かなければいけない雰囲気が嫌』という事を聞きました。たしかにオフィス街や繁華街の昼飯時だと完全にそんな感じで3分くらいですませるおじさんも珍しくないですが、そうじゃなければそんなにせわしなくはないですけどね。(^^; それ以上に席が狭く荷物の置き場も小さく、向いの人と目があうあの配置ではおしゃべりしながらくつろぐのは難しいので、メニューよりもそっちが女性には問題かもしれませんね」
●miffyちゃん
「こういった事は確かに感じましたね。ただ食べて出ていくだけというのが、何とも味気ないと言うか…」
●東雲
「なるほど、それも理由としては大きそうですね。確かに吉野家は、落ち着いて食べるのには向いていない気もします」

 牛肉の輸入再開に向けて、すでにアメリカと協議も行われているようで、牛の検査や処理方法などが改善されれば牛丼も早い段階で復活するかもしれませんが、一度失った信頼は、回復するのにはそうとう時間がかかりそうですよね…。

●miffyちゃん
「アメリカなどは、飼育の規模も大きいでしょうから、日本みたいに一頭一頭
飼育歴を確認するなどという事は不可能に近いでしょうし、アメリカ全土に
BSEが広がっていけば大変な事態になりますね」
●東雲
「ですよね(汗)。もし実現しても、コストが上がって輸入には適さなくなるでしょうから、どちらにしても大問題ですね」
●LEE
「BSEは、頭の痛い問題ですね。米国のもっとも大口の輸出先は、日本だそうですし」
●りん
「狂牛病問題を乗り切れば、また元の吉野家に戻ってしまうのでしょうね。そうなると、イクラ丼目当ての人間はまた去ってしってしまうかも…」
●東雲
「せっかくメニューが増えるのですから、牛丼が再開しても続けてほしいですね(期待)」
●おこた
「将来も牛丼しか販売しないなら、今回の事件は危機ですけど。和風のファーストフード店として発展する予定なら、良いチャンスですね。宣伝費を払わなくても勝手にメディアが宣伝してくれていますからね。2度目の倒産を迎えるか、和風のファーストフード店として発展するか楽しみです」

 牛丼を出せなくなるのは、吉野家にとっては大きな痛手でしょうが、このピンチを乗り越える事で、より多くのお客さんが集まるようなお店になっていく事を期待したいですね! とはいえ、早く安心して牛丼を食べられるようになってほしいです…。

・吉野家 D&C  http://www.yoshinoya-dc.com/


提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/