TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


安全? 心配? 通信販売の決済方法

  インターネットやテレビの通信販売をはじめ、ネットオークションなどの普及によって、買い物は大幅に便利になりました。遠くのお店の商品が手軽に買えたり、探している商品を検索できたりと数々の利点がありますが、その一方で気になるのが、お金をどうやって支払うかなんですよね…。

●りん
「ネット通販を利用する場合、クレジットカード支払いが主ですよね。ネット通販で買い物をするとき、銀行のキャッシュカードを利用することって、できるんでしょうか? どなたか、利用したことがある、もしくは、使えるところを見たことがあるという方がいらっしゃったら、教えてください」
●おこた
「ネット通販では、銀行口座振込みという支払い方法もありますよね。銀行によっては、ネットから口座番号へ振り込む事ができたと思います。それ故に、銀行口座振込みで手続きを行い、ネットバンク契約している銀行よりその口座へと振り込めば、クレジットカードのように手軽に購入ができると思います」
●デジ之介
「既に活用されているものは、佐川急便のe-コレクトでしょうかね? 基本的には代金引換ですけど、支払い時に現金、クレジットカードだけではなく、デビットカード(銀行のキャッシュカード)の支払いも可能です。あと、まだ普及してないですけど、ネット上でデビットカード決済が利用できるインターデビットと言うのもありますね。基本的にクレジットカードと違って、口座番号は桁数も少ないですし、人に教えてますから、クレジットカードのカード番号と、同じように利用するのは難しいでしょうね、やっぱり」
●LEE
「先日TVで、銀行のATMの回線に細工して、他人の銀行カードのクローンを作り、かってに引き出してしまうというのが紹介されていました。この場合、盗用が客観的に証明難しく、泣き寝入りが多く、その件数も非常に増えてきているというものがありました。そうしたことがやすやすと行われるとなると、利用にかなり抵抗を感じます」

 インターネットの決済方法としては、クレジットカードによるものが一般的ですが、最近はカードを使った犯罪も増えていますから、使う時に不安を感じる事もありますね。
 デビットカードは、金融機関のキャッシュカードを買い物や通販の決済に使えるシステムで、口座から直接引き落とされるので、現金の持ち合わせがない時などに便利です。

●りん
「ネット通販では利用したことないのですが、デビットカードはときどき使います。極力カード決済を嫌う私としては、現金の持ち合わせのないときは、結構便利です。ただ、通帳に記帳したときそれを忘れていると、『げっ、なんで減ってるの?』と慌てることがありますが(笑)。通常の買い物では、確か手数料もかからなかった気がします。今、手元に通帳がないので、確かなことはいえませんが」
●東雲
「スーパーやレストランなどでも、デビットカードの使えるところは結構あるみたいですね。引き落とす時間のない時や、お出かけの時などにも便利そうです。支払いの際には、利用者が暗証番号を直接入力するみたいですね。配達の人が見ないとはいえ、目の前で入力するのには抵抗があるような気もしますが(汗)」
●りん
「これは、お店でもそうです。レジ横にあるテンキーにカバーがついていて、一応店員には見えないようになっています。私の場合、あまり店員の視線は気にならなかったですね」
●デジ之介
「これ、基本的にデビットカード自体がそうなんですよね。お店のレジのところで、箱を渡させて『どうぞ!』みたいな感じで…」
●東雲
「あ、お店でも同じなんですね(納得)。暗証番号は大事ですから、そう簡単に見られても困りますしね」

 代金引き換え以外にも支払いの方法は様々で、銀行や郵便局への振り込みや現金書留もありますし、会社によってはクレジットカードの分割払いとは別にローンを組んで支払う方法もあって、こちらは主に高額の商品に対して使われるようです。
 また最近では独自のポイントやプリペイドカードなどの電子マネーが使えたり、コンビニで支払いができるところも増えています。利用できる支払い方法はお店によって違いますので、購入の前にサイトなどで確認しておくと便利です。

●りん
「ネット通販は便利だとは思うのですが、どうしても、カード番号を書き込むことに抵抗を感じて、未だ、利用したことがありません」
●東雲
「これは僕も思います。なので、先日買ったプリンタも代金引き換えです。クレジットカードを持っていないのも理由の一つですが」
●りん
「代引きのネックは、手数料が別にかかるのと、到着するときには家にいなければいけないということですよね。それさえなければ、私も代引き派なのですが」

 代金引き換えの手数料や送料は、お店によっては無料になるところもありますし、また中には受け取り先にコンビニを指定できるところもありますので、今後はこうしたサービスの充実にも期待が高まります。それに不安視されるクレジットカードでも、配送業者が代金の徴収を代行するサービスなども始まっていて、情報が漏れにくいように工夫されているようです。
 これからはネットの普及と発達によって、通信販売もますます便利になっていきそうです。その一方で個人情報の重要度も上がっているだけに、その分安心できる方法を選びたいですね!

・佐川急便  http://www.sagawa-exp.co.jp/
・日本デビットカード推進協議会  http://www.debitcard.gr.jp/
・日本インターネット決済推進協議会  http://www.jippa.gr.jp/

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/