TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


こどもの日のお話あれこれ

  ゴールデンウィークも近づいてきましたが、祝日・休日の中でも特になじみ深いのが、5月5日のこどもの日ではないでしょうか。GWの他のお休みと較べても、柱で背丈を測ったりといったイベントがたくさんありますし、こどもの日ならではという食べ物も色々ありますよね。

●おこた
「通販で中華粽(ちまき)を購入しました。レンジでチーンとするだけで蒸したてほやほやです。ちょっと胡麻油の香りと、鶏肉&椎茸の味がして、ペロリンとおなかの中に入っちゃいます」
●デジ之介
「そうそう、これ、我が家でも(ここまで高級じゃないはずですが)、スーパーで売っている冷凍食品で買ってきて、時々食べるのですが、もち米好きの私には、美味しいんですよね」
●miffyちゃん
「おいしそうですね。貰ったもち米があるので、今度作ってみましょう」

 こどもの日といえば、ちまきと柏もちは欠かせませんよね。どちらもいつ食べてもおいしいものですが、子供の日に食べるのには、それぞれちゃんとした意味があるのです。ちまきは中国から伝わったもので、災いをはらう食べ物として古くから儀式などで使われていたのだそうです。また柏もちに使われる柏は、新しい芽が出るまで古い葉が落ちない事から、家系が絶えない事を意味しているといわれています。
 食べ物以外でも、お風呂などに入れる菖蒲には魔除けの効果があって、また「尚武(武事を大切にする)」と読みが同じ事から、武家で好んで用いられていました。五月人形も武家の習慣で、子供(特に男の子)を災いから守る意味があったようです。

●おこた
「子供の日にも小規模ですが、宮崎県の綾町で五月人形の展示をしているそうです。こちらは武者人形版かな?」
●miffyちゃん
「そう言えば、これは去年もやっていましたね。雛祭りの雛山に比べると地味なので、見に行きませんでしたが…。今年は見に行ってみますね」
●東雲
「日本人形協会のサイトによると、五月人形の飾り方にも、地域によって違いがあるみたいですね。うちの場合、ケースに入った人形が一つあるだけだったので、飾り方なんて考えた事もありませんでしたが(笑)」

 綾町に限らず、各地の観光地やお店などではこれからの時期、五月人形の展示も目立ってくるでしょうから、家では飾らないというご家庭でも、ご覧になられてはいかがでしょう?
 こどもの日にまつわる色々な物事の由来を取り上げてみましたが、全てに共通しているのは、子供の健康と成長が願われているという事です。ちなみに祝日のこどもの日ですが、法律では「こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日と定められています。子供が主役の日ではありますが、同時にこれまで育ててくれた両親への感謝の気持ちも、忘れないようにしたいですよね!

・豚まんの蓬莱本館:中華チマキ  http://www.rakuten.co.jp/horai/384066/384901/
・愛知の手づくり和菓子処 菓宗庵  http://www.rakuten.co.jp/kasyuan/
・もち処木の幡  http://www.rakuten.co.jp/konohata/
・こうげつ人形  http://www.rakuten.co.jp/ningyou/
・鎧兜甲冑工房丸竹産業  http://www.rakuten.co.jp/yoroi/
・宮崎県綾町  http://www.town.aya.miyazaki.jp/ayatown/
・社団法人日本人形協会  http://www.ningyo-kyokai.or.jp/
・国民の祝日について  http://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html
 (内閣府ホームページ http://www.cao.go.jp/ 内)

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/