TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「アトム誕生? 原子力ロボットの未来」

 デジ之介「本当なら(?)来年の4月7日に鉄腕アトムが誕生するんですが、だからと言って原子力・アシモとか、原子力アイボとかが出てきたら、それはそれで怖いですけどね…(苦笑)。」
 調べてみたところ、鉄腕アトムって原子力で動いているんですね(汗)。さらにML内でもこの話題になり、アトムの他にドラえもんや、ガンダムに出てくるモビルスーツまで原子力で動いている事が判明。未来のロボットは、全部原子力で動いているの? 時代はもう21世紀という事で、かつてSFなどで夢見られた未来が現実になりつつあるのですが、アトムのようなロボットたちは、今の時点ではどれだけ現実化しているのでしょうか? そんな疑問を解決するべく、原子力とロボットの現状についてあれこれ調べてみました。
 そもそも、現在あるロボットは何を動力にしているんだろう? という事でアシモやアイボの公式ページで動力を調べてみたところ、アシモはニッケル亜鉛電池、アイボは充電式のリチウムイオンバッテリーを使っている事がわかりました。要するにどちらも外部から電力を供給されているわけで、原子炉のように内部でエネルギーを発生させるロボットは、まだまだ先のようです。
それにしても原子力で動くロボットなんて、事故や放射能漏れが心配……。そこで実際に発電をしている、電力会社のページをチェックしてみました。各社のページ上では、原子力発電の仕組みや発電所のバーチャル見学など多彩なコンテンツが用意されていて、原子力について詳しくなれますが、肝心なロボットの原子炉については何の説明もありませんでした……。当たり前な気もしますけれど。
 また、電力会社のページでは、原子力以外の太陽熱や風力など、環境に配慮した新しいエネルギーについても紹介されています。これから作られるSF作品では、原子力に替わってこうしたエネルギーを動力にしたロボットが主流になるのかもしれませんね。
 来春には新しいTVシリーズ「アストロボーイ・鉄腕アトム」も放映されるという事で、ロボットに対する注目もますます高まると予想されます。原子力は色々と危険や不安もありますが、アシモやアイボに続く、新しいロボットにどんどん登場してほしいものですね。
 ◆ASIMO公式ページ  http://www.honda.co.jp/ASIMO/
  (ホンダホームページ http://www.honda.co.jp/ 内)
 ◆AIBO公式ページ(日本語) http://www.jp.aibo.com/
 ◆東京電力 http://www.tepco.co.jp/
 ◆関西電力 http://www.kepco.co.jp/
 ◆九州電力 http://www.kyuden.co.jp/

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/