TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「因縁の対決? チョコエッグ対チョコQ」

 ここ数年続いている食玩ブームの火付け役ともいえるのが、フルタ製菓の出した「チョコエッグ・日本の動物コレクション」ではないでしょうか。フィギュア作成に定評のある海洋堂のリアルな動物フィギュアが、コレクターのツボをうまく突いて全国的なヒット商品になりました。
 ところが、最強タッグと思われたフルタと海洋堂との関係が悪化(海洋堂関連の情報サイト  http://www.kaiyodo.net/)に、この辺りの経緯が書かれています)。結局契約期間の満了をもって、海洋堂は大手の玩具メーカー、タカラと組んで新商品「チョコQ 」を出してきたのです。しかしこのチョコQ 、デジろぐ倶楽部内での評判はどうかといいますと……。
 ☆ひらくん「しかーし食べた瞬間大ショック。チョコレートの品質がかなり落ちてます。チョコレートの滑らかさや口溶け具合がかなり悪いです。それと、全体的に味がビターチョコよりになっているので子供はあまりおいしいとは感じないでしょう。」
 ☆東雲  「確かにチョコエッグと較べると、コクが落ちたような気が。ビターになったとはいえ結構甘いですし、これをたくさん食べるのは辛いなあと。」
 フィギュアは海洋堂なので文句なしの出来なのですが、やはりチョコの部分では、チョコレートに強いフルタに分があるようです……。
 そんな事を思っていたら、なんと今度はフルタがチョコエッグの新シリーズを出してきました。 しかしこちらは、
 ☆ひらくん「ちなみに肝心のフィギュアの出来具合ですがやはりいまいちですか・・・。 まだ一つしか買ってないですがジョイント部分の精密性に欠けますねえ。」
といったように、やはりフィギュアに難があるようで……。こうした点を踏まえて考えると、
 ☆デジ之介「知名度と今までの実績を考えると、フルタが模型のエキスパートと提携すれば、勝つような気もするんですよね。多くがマニアとは言え、大ヒットした背景には、「チョコエッグ」の名前で買っていた 人も多かったと思いますので…。」
 という事になるのかもしれません。 どうやら海洋堂は、これまでフルタから出していたチョコエッグ以外のシリーズも他社に移すようで、このまま全面対決になりそうです。業界の今後を占う意味でも、また一ファンとしても、今後の動きから目が離せませんね!
 ☆フルタ製菓      http://www.furuta.co.jp/
 ☆タカラ        http://www.takaratoys.co.jp/
 ☆海洋堂ホームページ  http://www.kaiyodo.co.jp/
  (チョコQ公式ページ  http://www.choco-q.com/

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/