TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「飲めば納得? 低温殺菌牛乳のヒミツ」

 カルシウム、タンパク質など栄養が豊富で、学校の給食などでも欠かせない牛乳。しかし、同じ牛乳でも色々と種類があるのはご存知でしょうか?  一般に市販されている牛乳のほとんどは、120〜130℃で2〜3秒殺菌する超高温瞬間殺菌という方法を使っています。それに対して低温殺菌には、62〜65℃で30分殺菌する低温保持殺菌と、72℃以上で15秒以上殺菌する高温短時間殺菌(パスチャライズド殺菌)とがあります。ヨーロッパなどでは、パスチャライズド殺菌による牛乳が主流になっているようです。
  殺菌方法で何が違うかというと、超高温瞬間殺菌では悪い菌は確実に殺すけれど、いい菌まで一緒に死んでしまう。一方の低温殺菌ではいい菌を生かしつつ、悪い菌だけを殺します。悪い菌が元々少ない、新鮮で衛生的な原乳からしか作れませんが、高熱による成分の変質を防ぐ効果もあります。牛乳を飲んでおなかがゴロゴロするという人もいますが、これも熱によるタンパク質の変質が原因と言われています。
 低温殺菌牛乳は大量生産がしにくいため、どうしても普通の牛乳より値段が高くなってしまいますが、当然味だって違ってきます。
 ☆ 田中  「低温殺菌牛乳がおいしいのは、より生乳に近い状態で処理されているからです。牛乳本来のカルシュウムとたんぱく質がそのままの状態で残っています。」
 ☆ ひらくん「おいしい牛乳を捜し求めて、私もまずは低温殺菌牛乳を探します。 しかしこれって、ほとんどお店に無いですよね。私の近所のスーパー群では、商品の中に1つあればいいほうで、2つあったらもう驚きです。」
 ひらくんの証言通り、スーパーなどでもあまり大々的に扱われてはいないようですが、せっかく牛乳を飲むんだったら、味と健康にもこだわりたいところですね!
 ・社団法人 全国牛乳普及協会 http://group.lin.go.jp/milkpr/

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/