TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「家で手軽に! 温泉たまごに挑戦」

 寒い季節になると、温泉につかって温まりたくなります。しかし温泉といえばもう一つ、あの温泉たまごを忘れてはいけません! 固ゆで卵ほど完全に固まってもいなくて、独特のトロッとした食感は、一度食べたら病みつきになるほど。 そんな温泉たまごが、家で簡単に作る方法はないのでしょうか? 実は、こんな簡単にできたんです。  ☆田中  「70℃に保ったお湯に25分つけておくだけで出来ます。鍋だとお湯の管理が大変なので、広口の魔法瓶に70℃のお湯と卵を入れて作ると簡単に出来ます。鍋に水を入れて沸かしていくと、鍋の底や 側面にぽつぽつと小さな気泡が出来てきて、上に浮き始めたらだいたい70℃くらいです。」
 温度を一定に保つために、魔法瓶を使うのがポイントですね。ちなみに家電メーカーからも温泉たまごを作る機械は発売されていて、例えば魔法瓶メーカーの象印の製品は、固ゆでや半熟も作れるなど工夫もされているので、面倒くさがりな方にはこうした機械もオススメですね。 ちなみにこの温泉たまご、温泉のお湯にたまごを入れて作ったのが由来と言われていますが、こんな証言もあって……。
 ☆ひらくん「そういえば別府の温泉で売っている温泉卵は半熟ではなく普通に火が通っているんですよね。別府の温泉卵はこれなんですと言っていたような気がする。」
 別府の温泉は、70℃より熱いのかもしれません?

・温泉たまご器 http://www.zojirushi.co.jp/syohin/kitchenware/EGG.html
(象印マホービン株式会社  http://www.zojirushi.co.jp/ 内)

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/