TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「本当に必要? 読書感想文の謎」

 これからどんどん寒くなってくると、外で遊ぶのも一苦労。そんな時には暖かい部屋の中で、のんびりと読書なんていうのもいいですね。 読書の好きな方もいれば嫌いな方もいますが、デジろぐ倶楽部内ではどちらにしても、読書感想文が好きではないというメンバーが多いようです。
 小学生の頃に、誰でも一度は読書感想文を書いて(書かされて)いるでしょうが、読書って強制されてするものでもないと思うのですが……。 それが原因で本嫌いになっては本末転倒ですし、中にはこんな報告も……。
 ☆ひらくん「小学校のころに絵本で感想文と感想画を書きました。実際中身を読んでなくていいかげんに提出したのですが、何を血迷ったのか感想文が県の大会で入賞してしまい、『絵本の内容とまったく異なる感想文を全校生徒の前で発表する』という非常に恥ずかしい思いをした記憶があります。」
 審査した側もその絵本を読んでいなかったという事で、こうなるともう、誰のための感想文なのかわかりませんね。 実際には出版社やマスコミの思惑もあって、簡単になくすわけにいかないのかもしれませんが、書かされる子供の事も少しは考えてもらいたいと思うのですが……。

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/