TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「新エネルギー発電・本当に大丈夫?」

 私たちの生活に、いまや電気は欠かせないものとなっています。このメルマガをお届けしているパソコンも電気で動いていますし、他にも生活のあらゆる場所で電気は使われています。
 この電気を作っているのは全国の発電所で、日本では火力・水力・原子力発電が主流なわけですが、ここにきて風力や太陽光など、いわゆる新エネルギーによる発電施設が増えてきているようです。環境に優しい点などから注目度は高いのですが、実はいい事ばかりとも言えないようです。
 それというのも、風力発電に適した風の強い場所というのは海岸の地域が多いのですが、海岸には国立・国定公園が多いので、自然環境や景観の保護のために思うように風車を建てられないんですね。他にも、

デジ之介「でも、何だかまるで風力バブルのような状況かも?(苦笑)そもそも、ちゃんと元が取れているんでしょうかねぇ(謎)。」

との指摘があるように、建設・維持にかかるコストや電力の安定供給など課題が多いのも事実で、まだまだ採算が取れる状態にはほど遠いのが現状でしょうか。この辺は家の屋根に乗せるタイプのソーラー発電が、それほどお得にならない状態に近いかもしれませんね。
 その一方で、採算とは別に教育目的で、学校や保育園に発電設備を設けるところも増えているようです。電気やエネルギーのしくみが勉強できて、学校の電力も作ってくれれば一石二鳥ですね。

東雲  「こうした環境で育った子供たちの中から、将来エネルギー問題を解決してくれる人に出てきてほしいですね(切実)。」

 まだまだ解決すべき問題も多い新エネルギーですが、これからの事を考えるとその必要性は高くなっていきそうです。このところ風が強くて寒い日が続いていますが、この風が発電に役立っていると思うと、寒さも少しだけ紛れるかもしれません?

・TRONC風力発電ネットワーク  http://www.tronc.co.jp/
・北海道電力          http://www.hepco.co.jp/
・財団法人 新エネルギー財団  http://www.nef.or.jp/


提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/