TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「ブタ、ウマ、ニワトリ…かわいいミニ動物大集合」

 アイフルのCMの影響からか、最近はチワワが人気のようです。その前に流行っていたミニチュアダックスフントといい、この頃は小さい犬がブームなのかもしれません。
 しかし、小さい動物は犬だけではありません! 中でもデジろぐ倶楽部が注目しているのは、ペット用のミニブタなのです。元々は医学の研究用に開発されたらしいのですが、現在ではペット用の飼育もさかんです。品種によって差はありますが、体重は40〜70kg程度で、大型犬ぐらいの大きさです。それでも普通のブタが何百kgもある事を考えれば、充分小さいんですね。
 ミニブタの他にも小さい動物は色々いるようで、調べたらこんな動物たちも見つかりました。

・ミニヤギ     …ピグミーゴートとも呼ばれる。アフリカ原産で、体高40cm程度。木にものぼるらしい。
・スーパーミニホース…ポニーやミニチュアホースよりさらに小さくて、最小のものでは体高50cm程度。北海道清水町のムーミン牧場というところで見られる。
・プチコッコ    …アグリビジネス高知という会社から販売されている、普通のニワトリの半分ほどの大きさのニワトリ。おとなしくて人に馴れやすい。
・コキンメフクロウ …普通のフクロウよりも小さめで、体長20cm程度。ちなみに、ハリー・ポッターに出てくるのはシロフクロウで、大きさはコキンメフクロウの3倍近くある。

 こうしたミニ動物たちはかわいいですし、大きい動物と較べて場所も取りませんから、ペットとして人気があるのもうなずけます。ですが、動物を飼う時の問題点は、ミニ動物も変わらないようで……。

りん  「でも、ミニブタはエサのやり方が難しいらしく、いっぱい食べさせると、普通のブタになってしまうようです。先日、ニュースで『失敗したケース』として、大きくなったブタくんが、養豚場にいるのが映ってました。『これって、飼い主が放棄して、食べられちゃうってこと?』と、かわいそうになりました。無責任な飼い主が多いのには呆れてしまいます。」

 小さいとはいえ生き物である事に変わりはありませんから、普通のペットと同じように責任と愛情を持って飼わないといけませんね。人間のわがままに振り回されないように、大切に育ててあげましょうね!

・日本ペットミニブタ普及協会
 http://www.hakusekikan.co.jp/puton/minibuta.html
 (博石館 http://www.hakusekikan.co.jp/内)

・サイボクぶた博物館(ミニブタについての詳しい紹介があります)
  http://www.saiboku.co.jp/museum/
 (サイボクハム http://www.saiboku.co.jp/ 内)

・館ヶ森アーク牧場(岩手県東磐井郡の牧場。ミニブタ、ミニヤギなどを飼育しています)
 http://www.arkfarm.co.jp/

・ふれあい牧場(福島県河沼郡の牧場。ミニヤギなどを飼育しています)
 http://www.tourmaline.aizu.or.jp/bokujou/
 (となかいふれあいパーク http://www.tourmaline.aizu.or.jp/ 内)

・どうぶつ奇想天外! スギタ・スーパーミニホース
 http://www.tbs.co.jp/doubutsu/ehon_35.html
 (TBS http://www.tbs.co.jp/内)

・プチコッコのホームページ
 http://www.nishiyamagroup.com/pkk.html
 (西山グループ http://www.nishiyamagroup.com/内)

・アイフル('03/02/28現時点ではチワワのCMも見られます)
 http://www.aiful.co.jp/


提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/