TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「メールのトラブルにご用心!」

ブロードバンドや携帯電話の普及で、私たちの生活で電子メールはすっかり身近なものになりました。とはいえ、メールを操作しているのはあくまで人間ですから、間違えたり失敗したりという事は誰にでもあります。そこで、そんなメール送信にまつわる失敗談をいくつか……。
 まずは基本的ですが、ついついやってしまうメールアドレスの間違い。送信されなかったというのはまだいい方で、下手をすると違う相手やメーリングリストに、全然かみ合わないメールを送ってしまうという事も。また、仕事用のメールと趣味用のメールを間違えて、それぞれ逆の相手に年賀状メールの返信をしてしまったとか、飲み会で酔って帰宅報告のメールを出したら、友達のアドレスではなくてデジろぐ倶楽部MLだった、などという報告もあります。トラブルの元になりかねないだけに、送信する前にアドレスはちゃんと確認しておきましょうね。
 それとよくあるのが、書きかけのメールを誤って送信してしまう事。特に仕事のメールでこれをやってしまうと焦りますね。

デジ之介「マックやWin95&98時代のクセで、フリーズしても大丈夫なように、Ctrl+Sで、頻繁に保存しているのですが、うっかり、Sを押さずにEnterを押してしまって、書きかけで送信されちゃった…なんてこと、時々ありまして(汗;;)。」

 他にもCCなどで複数の人に出されたメールに返信したら、全員に返信してしまった(またはその逆)とか、機種依存文字(ローマ数字や携帯電話の絵文字 など)が入っていて相手が読めなかったなど、メールがらみの失敗は意外と多いみたいですね。
 また失敗とは少し違いますが、Outlook Expressなどのメーラーでは、初期設定ではHTML形式でメールを送信するようになっていますが、対応していないメーラーでは読みにくくなるので、知らずに使っていると相手に迷惑をかけてしまう可能性があります。仲間内やメルマガなどで、HTML形式が前提となっている場合を除いては、テキスト形式にした方が無難です。
 最後にメールがらみでもう一つ、これは洒落にならない話題を。最近、アダルトサイトの利用料金の請求を装った、詐欺系の迷惑メールが出回っているようです。

デジ之介「インターネットなど、ちょっとしたHPからアダルトに繋がっていたりするので、見る気が無くても『もしや?』なんて人がいる可能性も高いですよね。あと、脅迫的な内容なので、気の弱い人は送金しちゃうだろうなぁ…とも。」

 メールでは指定の口座に入金しないと直接取りに行く、というような事を書いていますが、もちろん嘘なので支払う必要はありません。またうっかり返信してしまうと、相手に余計な情報を与えてしまうのでかえって危険です。友達相手の失敗なら笑って済ませられますが、こういう相手への失敗は被害も大きいだけに、くれぐれも気をつけましょうね。

・迷惑メール相談センター  http://www.dekyo.or.jp/soudan/top.htm
   財団法人 日本データ通信協会 http://www.dekyo.or.jp/内)
・各都道府県のハイテク犯罪相談窓口   http://www.npa.go.jp/hightech/soudan/hitech-sodan.htm
  (警察庁 http://www.npa.go.jp/ 内)

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/