TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「連休中のテレビはDVD&HDDレコーダーで完全録画!」

 せっかくの連休を、家の中で過ごすのはもったいない! 旅行だ遊びだと、外出のなにかと多くなるこの時期。そこで気になるのは、いつも見ているテレビ番組をどうするかという問題。ビデオテープでは録画できる時間に限りがあるし、野球中継の延長で放送時間がズレるのが心配、という方も多いのでは?
 そんな時に大活躍するのが、この頃話題のDVD、HDD(ハードディスクドライブ)に録画するタイプのレコーダーです。ビデオテープよりも長時間録画できるのはもちろんですが、上書きを気にしないで、ボタン一つですぐに録画が始められるのも便利なところです。

デジ之介「要はカセットテープとCD&MDの違いみたいな感じですかね? スローや早送りや一時停止でノイズも出ませんし、ガチャガチャするタイムラグも無いので、行き過ぎてもすぐに戻せる…みたいな感じですかね? そうそう、とり終わって巻き戻す必要も無いのは便利なんですよね。」
東雲  「ビデオテープの巻き戻しって、意外に時間がかかりますよね。撮りたい番組が始まりそうなのに、『このテープは空きがあったっけ』って調べている時のイライラが解消されるだけでも魅力的かも。」

 他にも録画をしている途中でも最初から再生できたり、編集やディスクの管理が簡単にできたりといったハードディスクならではの機能が、メーカーや機種ごとに色々と用意されているようです。特にDVDとHDDが両方搭載されている機種だと、HDDでとりあえず録画しておいて、残したいものだけDVDにダビングするなんて事もできてますます便利に!

ひらくん「ついに購入いたしました。これで見れない番組が見れるようになります。ついでにネット経由で録画予約もできるようなので、会社から録画予約もできるようになっちゃう。なーんて、そんなことしてたら怒られそうですが(苦笑)」

 最近はDVDに記録するビデオカメラなども出ていますし、パソコンともつないで有効活用などと夢は広がりますが、DVDで気をつけないといけないのが規格の問題です。
 ビデオテープで言うVHSとベータのように、DVDにも複数の規格が存在していて、しかもまだ統一されていない状態です。録画した機種と再生する機種で規格が合わないと、最悪の場合再生できないなんて事も。

デジ之介「DVDフォーラム(DVDの規格団体)の正規規格では、
 DVD-R  → 一度のみの記録用
 DVD-RW → 書換え記録用
 DVD-RAM → データ記録用(DVD-RWよりも書換え耐用度が高い)
 みたいな感じなんですよね。ところが、あとの2つが戦いになってしまっていた…みたいな状況で。要はDVDフォーラムの中でも分裂したんですね、陣営によって…。(このDVDフォーラムの規格に真っ向から対立するのが、DVD+RとDVD+RWですよね)」
りん  「そう、このDVDフォーラムというのがまた曲者なんですよね。何をやっているのか、イマイチわからない。結局各社、自分たちが提唱する規格を押し通して、その特許料で儲けようと必死なわけです。 消費者としては、なんでもいいから1個にまとめてくれ! という感じですよね。」

 メーカーによって提唱している企画が違うのが混乱の原因になっているのですが、最近では複数の規格に対応したマルチドライブ搭載の機種もかなり増えてきたので、気になる方はお店や公式ページで確認するのをオススメします。
 技術そのものがどんどん進歩しているので、まだまだレコーダーも進歩が期待されますが、各社がどんどん製品を出しているだけに、そろそろ購入を考えてもいい時期にきているのかもしれませんね。
 しかしレコーダーを利用する時に一番問題なのは、録画した番組をいつ見るかだったりして?

・DVDフォーラム(日本語ページ)   http://www.dvdforum.gr.jp/
・ソニー              http://www.sony.co.jp/
・東芝               http://www.toshiba.co.jp/
・パイオニア            http://www.pioneer.co.jp/
・パナソニック           http://panasonic.jp/
・日立               http://www.hitachi.co.jp/


 この記事は古いですが、この記事の話題となっているDVDの、次の規格がやっとブルーレイという規格に統合されましたね。
 ほんと、オリンピックが終る頃に新しい規格が紹介され、広がって、オリンピックの年に決まっている感じです。  ただ、レコーダー(映像など記録する機械)を、そんなサイクルで買い直す方は少ないと思います。
 私もVTRは10年目に近くに落ちた雷で壊れて、HDDレコーダに買いなして5年ぐらい使っています。 みなさんも、そんな感じじゃないですか?
 さて、2011年にはアナログ放送が終るので、2-3年以内にレコーダーを買いなおそうかと思っていますが、過去の記録をどうするかが悩みですよね。
 私の部屋の中には再生する機械がないまま、映画が記録されたVTRやLDが。。。部屋の隅っこに残ってます。
 こんど購入するときにはオーバーラップさせて複写。。。プロテクトが掛かっているので買いなおしかぁ。。。。下取りして欲しいですよね。 その前に売っているのかな?
 やぱっり、DVDとブルーレイが使えるレコーダーを考えなきゃいけないかな?

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/