TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「地域の情報をゲットして便利ライフを!」

 普段家の近所を歩いていると、知らない間に道路で工事をしていたり、新しいお店がオープンしていたりという事ってありますよね。そのせいで道が混んでいて、予定が狂ってしまったりなんて事もあるだけに、必要な情報は事前に知っておきたいですね。

デジ之介「土曜日、ふといつも通っていた抜け道を通ろうと思って、細い道を     走っていたら、何と道が無くなってました(汗;;)。 正確には行き止まりではなくて、新しく出来た道に合流してしまって、しかも 今まで進んでいた方向には進めない…なんて感じで(涙)。 便利になる反面、不便になっているところもありましたね(実感)。」

 工事に限らず、いつも暮らしている地元の情報は、意外と入りづらいものです。口コミで入ってくる情報もありますが、それだけで何でもわかるわけでもないし……。
 そんな声も多いのか、「東京ウォーカー(角川書店)」など地域の情報を専門に扱った雑誌やテレビ番組は多いですし、サイトやメールマガジンも数多く発行されていて、各種メルマガ配信システムのトップページを見ると、「地域情報」などのカテゴリの中にたくさん見つかります。
 内容は身の回りの情報をお届けする個人規模のものから、企業による大掛かりなものまで様々ですが、中には投稿による口コミ情報を当て込んで作ったのに、肝心の情報が集まらずに大慌て、なんて事もあるみたいですから、要注意かもしれません……。

おこた 「無料のメールマガジンはフリーペーパーの電脳バージョンだと思い     ますよね。読者は自然と、そういった情報を求める人が集まり、提供する方ではないですよね。そうでなければ、ホームページを作って情報を提供したり、既に市民が集まっている雑誌やサイトに投稿します。」

 地元に実際に住んでいる人たちが、実際に調べて作ったサイトやメルマガなら話は別ですが、中にはその土地の事を全然知らない人や企業が、広告収入目当てで作ったような場合もありますので、見極めないと期待外れに終わってしまう可能性もあります。
 地元の情報を入手する方法は、何も口コミやネットに限りません。住んでいる市区町村の広報誌や地元のショッピングモールなどの情報は、新聞の折り込み広告などと一緒に届きますし、他にネットでも地域の新聞社や自治体などの公式サイトも、チェックしてみると結構色々な事がわかったりします。中には割引きなどのクーポン券が付いていたりして、まさに一石二鳥なんて事も!

おこた 「(内容の薄いメルマガと較べて)この場合、遥かに市政だよりの方が役に立つ情報が満載です。地域内のイベントや、役所の興味関心を子供が見ても分るように書いています。また、近所の市場が発行している口コミなみの情報が冊子として付いているので便利です。  ある意味、お店を紹介するフリーペーパーなみの力はあると思います。」

 情報が氾濫している今の世の中ですが、逆に自分にとって本当に必要な情報は、自分から率先して探さないと集まりにくくなっています。地元の情報をあれこれ仕入れて、毎日の生活をより一層充実したものにしたいですね!

・Walkerplus.com  http://www.walkerplus.com/
   (Web KADOKAWA  http://www.kadokawa.co.jp/ 内)
・まぐまぐ     http://www.mag2.com/
・Pubzine      http://www.pubzine.com/
・melma!      http://www.melma.com/

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/