TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「今こそ気をつけたい・賞味期限のお話」

     スーパーやお店などで閉店間際に盛り上がるのが、お惣菜など生鮮食品の値引き。同じ商品がお手軽価格で買えるので、これを狙ってくるお客さんも少なくないみたいですね。

デジ之介「近所の安売りケーキ屋さんで、当日期限のシュークリーム&ケーキ類を買い込んできまして…。タダでさえ安いんですが、1個65円のシュークリームが45円になっていて、100円のスポンジカスタードケーキが50円…なんて感じでして…。我が家ではいつも、数日間は平気で食べてます!でも、結構、早く無くなってしまうんですけどね(笑)。」

 その日のうちに食べるのなら問題はありませんが、これから食べ物が傷みやすい時期だけに、食中毒には気をつけたいですね。
 さて、食べ物を買うと大体書いてあるのが賞味期限。少しくらい過ぎても大丈夫、と思っている方も多いようですが、実は食べ物の期限表示にも色々な種類があって、「賞味期限」と書かれているのはその食品ごとに定められた、おいしく食べられる期間の目安とされていますが(「品質保持期限」もほぼ同じ意味で使われているようです)、「消費期限」の場合はもっと厳密で、期限が過ぎたものを食べておなかを壊しても、食べた人の責任になりますのでご注意下さい。またどちらの場合でも、書かれている保存方法を守らなかったり、開封した後だと、期限内でも悪くなる場合があります。
 食べ物の種類によっても賞味期限には違いがあって、例えば卵の場合、表示されている賞味期限は生で食べた場合のものだそうです。なので賞味期限を多少過ぎていても、加熱して食べる分には大丈夫。とはいえ、期限を過ぎると食中毒の原因となるサルモネラ菌が急激に増殖するそうなので、早めに食べた方が安全です。
 またヨーグルトの場合、発酵食品なので多少古くても大丈夫とよく言われますが、賞味期限を過ぎると酸味が強くなりますし、また健康上の効果も下がるともようですので、こちらも早く食べるに越した事はありません。
 食べ物が悪くなるのも怖いですが、考えようによっては防腐剤などの食品添加物で、いつまでたっても腐らない方がよっぽど怖いですよね。

東雲  「子供の頃、紅茶に入れるスライスしたレモンが、忘れられたまま半年ほど冷蔵庫の中で放置されていたのですが、やっと気付いて容器を開けてみたら、切った時と全然変わっていなかったという事がありまして……(怖)。」

 これは極端な例かもしれませんが、食べ物も腐るのが自然ですし、期限を守っておいしく食べたいですよね!

・賞味期限と食品添加物
      http://www.health.ne.jp/topics_f/20020311.html
     (healthクリック http://www.health.ne.jp/ 内)
・全国たまご商業協同組合
     http://www.tamagoken.or.jp/
・チチヤスモーモークラブ
     http://www.chichiyasu.com/mo2club/
     (チチヤス乳業 http://www.chichiyasu.com/ 内)


提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/