TOP >> 電脳書斎

×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


「デジろぐオークション復活? 『百年の孤独』再出品」

  前にYahoo!オークションで焼酎「百年の孤独」を出品した、デジろぐ倶楽部メンバーの田中さん。その模様はこのメルマガでも紹介しましたが、再び出品する機会が訪れたようです。

田中  「夫がまたまた『百年の孤独』を買ってきました。それで、今回はお店に買い取ってもらおうかなと思って、メールで問い合わせてみたところ、送料はこちら持ちなんだそうです。買い取り価格や送料を考えると、これだったらオークションに出した方がまだ高値で売れると思うのですが、いかがなものでしょうかね?」
デジ之介「久々のデジろぐオークション復活…ですかね? ただ、それであれば、BIDDERSで気長にやってみてはどうでしょうかね??? 出品手数料も無料なので、オークションではなく固定価格(田中さんが納得する価格)にして、決定しなくても気長に再出品するなんてやり方でやってみるのも方法だと思います。落札時の手数料もYahoo!よりも若干安いですし、せっかくの機会ですので、試してみると良いかも知れません!?」

 ちなみに、前回の落札価格は7,550円。オークションとして出品して値段が上がっていくのも楽しいですが、固定価格の場合だと希望する金額でしか落札されませんので、思ったより値段が上がらなくてガッカリ、という事は防げます。特にBIDDERSの場合は固定価格の出品手数料も無料ですから、手数料を払って落札下限価格を設定するよりお得という事もあります。ちなみにYahoo!オークションの場合は逆に、即買価格(=固定価格)の方が、最低落札価格を設定するより手数料が割高になります。
 またBIDDERSの固定価格で出品して入札がされなかった場合、オークションと違って自動的に再出品はされませんが、出品し直す時に前に出品した時の情報を流用できますから(コピー出品)、同じ情報を何度も入力する手間は省けます。

田中  「こちらの方が、同じ売るにしても楽しみがありますね。ビッダーズで固定価格8,000円くらいで出してみようかな? なんて考えています。」
デジ之介「主導権が変るんですよね。普通のオークションでは、希望落札価格を決めない限りは、入札されて時間がくれば終了…になりますが、固定価格で考えておけば、売れるまで待つ…なんてことができますからね。」

 という感じで、BIDDERS出品でまとまりかけていたのですが、この後思わぬ展開に?

田中  「夫の友人が『百年の孤独』を手に入れて来てくれたらしくて、その人に早くバックしたいと言うので、手っ取り早くYahoo!オークションの方へ出品しました。今回は希望落札価格(無料でした)を7,600円で設定しましたが、さてさて、どうなる事でしょう?…と思っていましたら、なんと!わずか14分で落札されてしまいました! しかも、2本あると書いておきましたら、2本ともご購入いただきました。さすがに、『百年の孤独』の人気は凄いですね!w(@。@ ;)w」

という事で、急きょYahoo!オークションに出品する事になり、しかも14分でスピード落札という驚きの結果に!
 ちなみに田中さんの設定した希望落札価格というシステムは、入札者がこの値段を設定した時点で、期間が残っていても自動的にオークションを終了するというシステムで、今回の田中さんのように納得できる価格ならすぐにでも落札したいという場合に特に便利です。ちなみに、このシステムはBIDDERSでは「即決価格」と呼ばれるものに相当して、固定価格とは逆にYahoo!だと無料、BIDDERSだと手数料が必要になります。

田中  「ちょっと真面目に調べてみたら、楽天のショップなんかでは、1本8,000円〜9,000円以上で売られているんですね〜! しかも、入荷困難で販売は、購入希望者の中から抽選で決めるのだとか…。う〜ん、ここまで凄いか〜〜!(@。@;)」

 ちなみにこの『百年の孤独』、ネットなどを見るとかなりの高額で出回っていますが、メーカー希望小売価格は2,571円だそうです。しかし市場に出回る量が極端に少ないため、人気が殺到して値段が吊り上っているみたいですね。

田中  「ビッダーズに出品しようと思いましたが、夫が早くお金が欲しいと催促して、うるさいのでYahoo!の方へ出品しました。せっかくアドバイスしていただいたのに、すみません。次回はビッダーズに出品して遊んでみます。」

 という事で、ネットオークションも種類によって楽しみ方にも違いが出てきますね。商品や目的によってあれこれ使い分けて、オークションを賢く利用したいですよね!

・Yahoo!オークション  http://auctions.yahoo.co.jp/
   (Yahoo! JAPAN  http://www.yahoo.co.jp/ 内)
・BIDDERS        http://www.bidders.co.jp/
・楽天フリマ      http://furima.rakuten.co.jp/shuppin/
     (楽天市場  http://www.rakuten.co.jp/ 内)

提供:デジろぐ

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/