×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


No.0002

☆いしのあるいし ===================================== '04/02/14
 
  みなさん、おはこんばんわ (^^)ゞ 
                                    No.0002
============================================


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ホームページの新着
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〆週末の旅人より
 ☆福岡オートサロン2004
 http://okota.net/tabi/040221f/01.htm
 チューニングカー&ドレスアップカーの夢の祭典を見に行ってきました。
 ☆筑前飯塚・ひなのまつり
 http://okota.net/tabi/040221/01.htm
  福岡の有名なお菓子屋さんが多い町である飯塚に雛人形を見に行ってきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ホームページより抜粋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〆地図を持たない気ままな旅
 ツーリングに出かける時は、いつも朝早く目覚める。 家から見える天気は、山に雲が被さっていた。 雨の中を走るのは苦にならないが、お店に入る時など人に迷惑をかけるのが嫌なので、空を気にしていたが,降られる前に通過した。
 高速はオフ車タイプは全身に風を受けて疲れるので、風よけになりそうな車を探しながら、遅い車を抜いていく....

途中、ガス欠になりながら八代南ICで下りて空と相談。 快晴だったので涼しげな山間部(高速はで下りて球磨川沿いを走り人吉経由で鹿児島)を走る事にした。  しばらく、新道の方を走っていたが、ツーリング好きな私としては走ったことのない道の方が面白いので、バイクなら狭い道も気にならないので道の駅を過ぎた辺りから旧道に入ってみる。 旧道の狭い場所は自動車がやっと通過できる所もある。
 気に入った風景を見つけたらUターンして道端にバイクを止めて、風景写真をパシャパシャ  ふぅ〜 満足
 球磨川の下流の方は川幅も広く、川に緑が生えるぐらいに包まれている風景は綺麗でした。 川は泳げる場所があれば水浴をしてみたいぐらいに穏やかな流れで、川の中で釣り人を見つける。
 エジソンミュージアムがある場所から、次第に川が右や左とくねり出し、川岸の砂浜に大きな岩がごろごろと見える頃には風景も起伏にとんできて、山々も色々な緑に染まっていて面白くなり....
 次第に写真を撮る為に停車する回数が増えてくる。 ほんと、犬のマーキングみたいに、ラフティングをする前の準備体操を眺めたり、球磨川下りの船が目の前を通過したりと川沿いの出来事を眺めていた。

 人吉市内で大口市への案内にしたがって国道267号線へと進路をとる。山道に入り木地屋町を通過する頃になるとバイクをバンクさせるたびに、コーナーの途中できじ車が「こんにちわ」、「こんにちわ」と言って来るバイクを止めて見るとこの土地の伝統玩具である「きじ車」を交通安全を兼ねて飾っているらし。 それもコーナー毎に個性があって、空に向かって叫んでいるもの、餌を食べているもの、こちらを眺めているものといった感じです。 そう、そう、中にはきじ車の変わりにトトロも....なんの関係があるんだろう?
 備考:きじ車(きじ馬)は素朴な玩具であり、球磨川と筑後川に挟まれた九州にしかない玩具らしいです。  最初は子供のおもちゃでしたが、お土産として売られるようになり、次第に彩色されて小型化したそうです。
 そういった意味では道端に飾ってあった、きじ車が本来の大きさなのかもしれませんね。  ちなみに、きじは「木地」と「雉子」の二つの意味ではないかといわれています。

つづきは、写真付の日記を見てください。
  九州縦断ツーリング・「地図を持たない気ままな旅」
  http://okota.net/tabi/020818/01.htm

〆オススメ検索キーワード
 ・「きじ車」
 ・「球磨川下り」
 ・「おかどめ幸福駅」

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆行って見たいと思っている観光地
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  あかりをつけましょぼんぼりに...というわけで、2月から3月にかけて、九州にある古都は雛祭りで、静々と賑わいます。 実は数年前から「ひなの国・九州」といって、冬場でも暖かい?九州の祭りを楽しんでもらおうと企画されていて、既に来年の祭りがWebで紹介されています。 これから九州旅行を考えている方は参考にされては如何でしょうか?

 話しついでに雛祭(ひなまつり)ですが、平安時代、宮廷の女性や子供達の間で、紙で作ったお人形(ひいな)で遊ぶのが流行したそうです。 また、中国から伝わってきた厄祓いの風習として、幼児の身近に魔よけのための人形や形代を置いて、3月3日(3月最初の巳日)に川や海に流す事と結びついて、これらが、いつの頃か女の子の誕生や成長をお祝いする日となったそうです。

 私も日田のひな祭りにバイク屋さんのツーリングに強制連行(付き合いで参加)してから、写真の趣味の方で人形の魅力に見せられて訪れています。

 日本各地のひな祭りあれこれ byおこた
 http://www.okota.net/remark/m65.htm

また、九州では下記の場所で開催されているようです。 
 ★大分県日田市  天領日田おひなまつり
   http://okota.net/tabi/010311/hina.htm
 ★福岡県八女市  八女ぼんぼりまつり
   http://okota.net/tabi/020303/01.htm
 ★熊本県人吉市  人吉球磨はひなまつり
   http://okota.net/tabi/030208/01.htm
 ★福岡県吉井町  筑後吉井おひなさまめぐり
   http://okota.net/tabi/030301/00.htm
 ☆宮崎県綾町   綾 ひな山まつり   
   http://okota.net/tabi/030222/00.htm
   http://www.okota.net/remark/m69.htm
 ☆福岡県柳川市  さげもんめぐり   
 ☆大分県中津市  城下町中津のひなまつり
 ☆佐賀県佐賀市  佐賀城下ひなまつり
 ★鹿児島県鹿児島市  薩摩のひな祭り(仙巌園)
 ☆長崎県平戸市 平戸温泉・城下雛まつり
 ☆大分県杵築市 城下町散策とひいな(雛)めぐり

※★は実際に足を運んだ所で、写真日記がある物はURLを書いておいてます。

〆オススメ検索キーワード
 ・「ひなの国」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆旅先で見つけた物
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回は旅先で見つけた美味しい物の話です。

☆熊本の田楽のおはなし
 近年、少し涼しい季節に阿蘇登山道を駆け巡り南阿蘇は熊本県高森町に訪れます。 ここで有名な田楽又は地鶏を頂いて、帰路へとつきます。
 まずは、田楽の話から町の外れにある交差点より、「高森田楽村」の看板を頼りに根子岳方面へと走ります。 ここは阿蘇五岳の中でも険しい山・根子岳の麓にあって、根子岳と麓の豊かな自然を味わいながらお食事ができます。
 田楽というと豆腐に味噌を塗って焼いた物というイメージが強かったのです。 実際に訪れると季節の地物を串に刺して囲炉裏の周囲に串を立てます。 
 地物は炭火の熱でじわじわと焼けていきます。 全体的に表面の水分が飛んだところで、調味料として味噌を塗って食べます。 この味噌も田楽専用で、甘目の味噌が焦げ、山椒の香りと友に刺激が食欲を増してくれます。
 素朴な料理ですが、魚嫌いな私でも美味しく魚を食べれるし、里芋はほくほくして美味しかったです。  また、定食を頼むと高菜飯とだご汁がついてきて、汁にゆず胡椒を加えて食べると美味しさがまします。
 以前、田楽は冬の場の食べ物だと言われた事を思い出しました。 昔の人は外の作業で冷え切った体を温めながら田楽を焼いて、自家製で作れる調味料・味噌で味付けしたのでしょうね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆今回のぼやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 春の訪れを知らせる風が吹くと唐の時代の詩人が「春眠不覚暁」と歌ったのを思い出します。 本来の意味は寝るのに適した季節となって、太陽が昇った事を気がつかないぐらいに熟睡してしまう事を唄っています。
 でも、九州の沿岸部の岡では、春一番から始る強風で家が揺れ、風鳴りで寝れない状態が続くので、暖かい陽気で眠気がきて、野原で昼寝をしてしまい。 気がつくと夜になっている事を詠んでいると思っていました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆編集後記/備考
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今回は自分の誕生日を祝う為に臨時号として第2号を発行させて頂きました。 そういえば、小さい頃は友人が集まって誕生会を行っていた方は多いと思います。 2〜3月生まれは、いつも3月のお別れ会と一緒する事が多く。 気持ちが不完全燃焼をしていただけに大人になった今でも大切にしています。 
 時間の流れが早く感じる現代なので、人生節目として気分転換にMy誕生日を祝っては如何でしょうか?  


 このメルマガは『まぐまぐ』さんを利用して発行しています。
購読申込み・購読中止・配信先変更等は下記又はまぐまぐさんのホームペー
ジより行ってください。
 http://www.okota.net/cube/mg/ebooks.htm

┏━ (^¬^) ━━━━━━━━━
┃ いしのあるいし管理人・おこた ━━━
┃ http://okota.net/    ━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/