×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


No.0008

☆いしのあるいし ========================================  '04/05/16

        みなさん、おはこんばんわ (^^)ゞ 
                               No.0008
=====================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ホームページの新着
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〆飛行船を追いかけて、海峡釣り公園
 飛行船が福岡県北九州市の上空を飛ぶ事を知って、写真を撮りに走ってい
く。 会場からは下からになるので撮影しやすいポイントを探していると、
日明・海峡釣り公園を発見。
 この公園は釣好きが多い都市ならではの公園かな? 子供連れなど初級者
向けだったりします。 車を降りて遊歩道を歩いていくと、RORO船が走って
いた、 空船かな?、大きな秘密基地が移動していった感じだった。
 岸壁には太公望たちが投げ釣をしていたので、錘に当たらないように注意
しながら歩いていく。

〆阿蘇を眺めながら、ファームロード&ヤマナミ散策
 スカイ・ファームロード日田へと入っていく。 この道は天ケ瀬温泉まで、
遠くR212と並走しながら山間部を、UP、Downを繰り返しながら抜けていく。
 天ケ瀬を過ぎるとR212は玖珠へと北側に曲がるが、ファームロードWaitaへ
とバトンタッチして湧蓋山方面へと真っ直ぐと走っていく。 途中、R387と
交差する場所は、まだ、まだ、工事中で、昔ながらの細い道路なんだけど
.....大型トラックが車体をガリガリいわせながら走っているので困っ
たものだ。 湧蓋山を突き抜ければ筋湯温泉なんだけど、山を迂回しながら
田の原温泉へと抜けていく。

〆ありた・ぽーせりんぐぱーく
 デジカメを買いなおしたので写真を撮りに行きたかったけど、昼から雨と
の天気予報。 雨が降る前に行けそうな所.....そういえば、有田ポー
セリンパークには行った事がないので佐賀方面へ
 駐車場から見える「ツヴィンガー宮殿」へと歩いていく。 なんで、有田
に欧州の宮殿?と思っていたら、欧州では初めての磁器であるマイセン磁器
を完成させたポーランド王のアウグストさんが建てた宮殿。
 宮殿は、西洋のお城?というより、花畑の中にある彫刻に飾られた美術館
といった感じで、全体的に色々な彫刻が飾っている。 「動」を感じる派手
な感じがするが、宮殿を通り過ぎると「静なイメージのバロック庭園に変わ
っていく。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ホームページより抜粋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〆四国ぐるりん旅
 今回は四国に行きたいと思って具体的に計画をしたのが、出発の3日前で
した。 大分県に入った頃に空が白々と明るくなり、佐賀関を8時に出発す
るフェリーに乗船。
 船内では朝が早かったので仮眠をと考えたが、20代の女性の団体が大声
で喋るので寝れなかった。 ※いつもの事だけど(==)つらい
 9時過ぎに四国に上陸する。 今回はうどんを食べるのが目的で無いので、
讃岐うどん発祥の地でもある町の道の駅に立寄ることにした。
※道の駅の施設の「うどん会館」が目当て

 途中、原子力発電所のゲストハウスと一緒になっている道の駅のジャコ天
が美味しいというので立寄って頂く。 僕にとっては少し塩辛かったけど、
御飯と一緒に食べるのなら丁度良い味でした。
 そう、そう、じゃこ天とは、ハランボとかいう小魚が材料で、頭以外の全
ての部分ををすり身にして油で揚げたものです。 愛媛を代表する食べ物ら
しいので、一度はご賞味あれ。

 高速に乗って香川県へと走る。 うどんが食べたかったので、善通寺ICで
降りて金刀比羅に到着する。 うどんタクシーで訪れた時で最高に美味しい
うどん屋に案内してもらいながら巡ろうと考えたけど、13時頃だったので
記念モードで、参道にあった酒屋さんの記念館に立寄った後に、参道にあっ
た手打ちうどん屋に入る。
 ※初めて訪れた時は食べ方が分からないし、訪れた季節で美味しい物って
違うので、うどんタクシーを利用した方が良いと思います。

 金刀比羅さんも1時間ぐらいかかるので、途中で引き返してうどん会館の
ある道の駅滝宮へ この綾南町はさぬきうどん発祥の地だそうです。
 というのが、空海と縁のある智泉大徳さんが、中国から持ち帰ったうどん
の技法でここに住んでいた両親をもてなしたのが讃岐地方にうどんの最初だ
そうです。
 うどん会館でメニューを見ながらかけうどんを注文する。 後で知ったん
だけど、季節の野菜が入った「しっぽくうどん」の方が九州人の口には合っ
たような気がする。 実は九州もうどん王国と言ってもおかしくないぐらい
にうどん屋が多い。 ただ、四国のように麺を食べるというよりは、麺を調
理して食べるといった感じです。 例えば、焼きうどん、ラーメンやちゃん
ぽんの麺をうどんにしたり等々....
 
 宿泊する高松市内を高速でパスして志度町の平賀源内の生家に訪れて、牟
礼街にあるの民族資料館へ ここは駐車場内には石の彫刻が飾ってあって敷
地内の芝生では家族連れが遊んでいた。 常時展示室に入ると、半被姿の人
形が石の切り出し、運搬、加工を再現しているので、昔の石工がどんな感じ
で作業していたかのかリアルに理解できます。 そう、そう、一緒に見学し
ていた親子連れが人形が動いたと言っていたぐらい、パネルや説明を聞いて
いると人形達が動き出しそうです。 館外には石でできたベンチだと思って
いたら色々な加工がされているので、ベンチや石の彫刻を見て回るのも一興
です。

 PM4時ごろに高松駅方面に向かって走っていると屋島を発見。 そろそ
ろ日が暮れるな〜と思いながら屋島ドライブウェイを使い山上へ
 この道の途中にあるパーキングから源平合戦が行われた古戦場(源平合戦
の屋島...檀の浦の戦い)が見えます。 戦場となった頃の屋島は引き潮
の時に陸路になる浅瀬で繋がっている島で、ドライブウェイから見ると河口
に見える浅瀬で戦ったようです。

 話の続きは写真と一緒に『四国ぐるりん旅』を読まれてください。
 初日:讃岐うどんを食べながら源平合戦・屋島へ
  http://okota.net/tabi/031115/01.htm
 中日:祖谷&大歩危から高知へ
  http://okota.net/tabi/031116/01.htm
 終日:四万十川&足摺岬からの帰宅
  http://okota.net/tabi/031117/01.htm

〆おすすめ検索キーワード
 ・うどんタクシー
 ・源平合戦・屋島
 ・坂本龍馬
 ・四万十川 

〆追記
 四万十川で船に揺られて岸辺を航行中に、清流にしか住めないというカワ
セミを発見。 小さくですが、カメラに納めました。
 http://okota.net/tabi/031117/s02.htm

 今回は四国というのを知りたくって走り周りましたけど、その結果から、
次回は下記のような感じで、じっくりと腰を落ち着けて回りたいと思ってま
す。
 ・愛媛県では、道後温泉としまなみ街道
 ・香川県では、金刀比羅さんと源平合戦で、時間があればうどん巡り
 ・高知県では、四万十川と坂本龍馬の脱藩の軌跡巡り
 ・徳島県では、粗谷渓谷と鳴門海峡

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆行って見たいと思っている観光地
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〆おじさん独りでは遊びに行き難いとばかりに、何度も近くを通過するばか
りのハウステンボス。 同行人を探してと思いながら....なかなか
 ところで、よく勘違いされているのが、ハウステンボスは遊ぶ場所ではな
く、非日常的、のんびりと過ごす為のリゾートです。
 ヨーロッパの森にある町をイメージしている感じです。 町を運営してい
る技術も素晴らしいらしく遊びにではなく、仕事で訪れる方もいるとか!?

 ハウステンボス・
 http://www.huistenbosch.co.jp/top.html
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆旅先で見つけた物
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 食べ物の話ばかり続いたので、違う話題も良いかな?と思いまして、今回
は旅先で見つけた温泉の話です。 
 元旦に天守太鼓の演奏を聞きに熊本に行ったときに思い出しましたが、菊
地温泉から菊水ICへと国道325号線を30分ぐらい走ると、メロンの上半分
が屋根の道の駅「メロンドーム」があります。 ここの駐車場から周辺と眺
めると、正面の山にお城が見えるのに気がつかれるとおもいます。
 このお城は史跡ではなく温泉宿で、『菊地砦温泉 狗奴国城』といって、
立寄り湯として入浴だけもOKです。
 ホームページを作り始めた頃の記憶なので、現在は若干変っているかも知
れません。 記憶を辿ると、駐車場に車を止めてお城の塀をくぐると、そこ
に入口があります。 券売所で券を購入して宿に入ると、ごくごく普通の温
泉旅館の風景で、形だけ?といった印象。
 しかし、更衣室へと登り、温泉に入って気がつくのですが、外から見えて
いた天守閣部分が温泉場だったりします。
※頂上とその下が温泉になっていて、男女日替わり制です。
 特に頂上部分の露天風呂は総檜の浴槽で、ここから眼下に広がる畑や遠く
に見える森などの菊池平野が見渡せて、殿様orお姫様になった感じになりま
す。 また、下の部分は、上のような感じはなかったのですが、スーパー銭
湯にあるようなお風呂が多く、温泉三昧といった感じで個人的にはこちらが
大好きです。

〆おすすめ検索キーワード
 ・メロンドーム
 ・狗奴国城

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆今回のぼやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 職場が変わってから残業三昧。 今年も、また、宮崎、鹿児島、四国の中
村、鳥取の境港に行きたいとおもいつつ、行くチャンスがない(〜〜A
 1ヶ月もバイクに乗っていないし、近々に数泊の旅に出かけたいな〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆編集後記/備考
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〆このマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
http://www.mag2.com/
〆配信登録/中止は下記のアドレスからご自身でお願いいたします
 http://www.okota.net/cube/mg/ebooks.htm
 http://www.mag2.com/m/0000125541.htm
 ※アドレス変更は、現在購読中のメールアドレスで一度購読を解除されて
  から、新しいメールアドレスで再度お申込みください。

┏━ (^¬^) ━━━━━━━━━
┃ いしのあるいし管理人・おこた ━━━
┃ http://okota.net/    ━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/