×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


No.0020

☆いしのあるいし ======================================'05/03/13

        みなさん、おはこんばんわ (^^)ゞ 
                            
                             No.0020
===============================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ホームページの新着
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〆今回は残念ながら更新していません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ホームページより、気早に桜特集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 桃の節句を過ぎて暦の上では春になりました。 しかし、窓の外を眺める
と、三寒四温というのかな?
 雪の妖精が舞い踊る日々が続いたと思えば、春の○番という風が吹き荒れ
て、近所の庭先に咲いている梅のつぼみも花へと変化を始めています。

 ところで、みなさんの所には春一番は吹きましたか? どうも、キャンデ
ィーズの「春一番」の歌のイメージが強いので、この風が吹いたと天気予報
で聞くと春が来たと思ってしまいます。
 しかし、「春○番」...って、首を長くして待っていた温かい季節を運
んでくれるというよりも、嵐に近いものがありますよね。 私は高台に住ん
でいるので、電線が歌い、家が踊っている感じです。

 それから嵐とともに空気がしばらく緩みますが、数日後にはまた寒い日が
続きます。 まるで冬の季節を懐かしがるように舞い踊っています。 窓辺
から雪を見ているとイルカさんの「なごり雪」を口ずさみ、卒業式を思い出
してしまいます。
 さて、今回は新着のページが無いので、梅と桜の写真が含まれている昔に
書いた旅日記より紹介しますね。

〆そろそろ、梅が満開になる頃だと思います。 そういえば、梅で有名な大
分県の大山町。 梅の花が開花するこの時期に大きな梅園を開放します。
 満開の時は8000本も花が咲くので豪快だとか。 私が行った時は咲き始め
だったのですが、それでも木々の本数を見ると凄かったです。
 近くに「豊後・大山 ひびきの郷」という施設があって、私は施設内にあ
る温泉「梅の香温泉」の露天風呂へ。 露天風呂の下は日田から阿蘇へと向
かう国道が走っているんですが、木々から見えないようにしつつ、風呂から
は水墨画に色を付けたような風景を楽しむ事ができるので、お気に入りの温
泉場です。

  No.1:大分県・大山町の梅祭り
  http://okota.net/tabi/040223o/01.htm


〆阿蘇周辺で桜が咲く頃は、阿蘇の草原は野焼きの真っ最中です。 山の輪
郭が光る頃に走り始め、山々を越えて、大分県・日田市で休息を取る。
 いつも立ち寄るトイレのある公園の桜も満開で、犬の散歩をしている人達
と会釈を交わしながら、桜の木をバックにバイクを撮影をする。

 南小国を抜けて瀬の本へと抜けると、野焼きが終わったばかりなので、視
界の良さに驚く。 いつもは牧草で見えないのに地平線の向こうに阿蘇の五
岳がはっきりと涅槃像として見える。
 そして、中岳を越えて、もうひと山越えて、高千穂から御船ICに向かう
道路から南下して、目的地の大窪橋へと到着する。 僕のお気に入りのこの
場所は、むかしに作られた石橋の両側には大きな、おおきな桜が住んでいて
春先に「春が来たよ」とあわい桃色の花を咲かせます。 ほんと、日本庭園
を眺める用に自分に向き合い自然体で橋を眺めると趣のあるわびさびを感じ
られます。その桜の木のかたわらにバイクを止めて。 この1年間の事を思
い出しながら一枚、いちまい...

 No.1:さくら、さく、つーりんぐ 石橋とさくらとバイク編
 http://okota.net/tabi/020324/01.htm

  No.2:九州・桜咲くツーリング
 http://okota.net/tabi/040328/01.htm

 桜が咲いている中、独りでバイクで走っていると、日本語版のカントリ・
ロード口ずさんでしまいます。 みなさんは、どんな歌を口ずさみますか?


〆南阿蘇には菜の花に囲まれた1本の大きな桜があります。 昨年の台風で
2本に折れたと聞きましたが、今年はどうなのかな....
さて、一昨年前にバイクで訪れた時のお話をはじめます。

 空を眺めると雨が降りそうであったが、南阿蘇まで降水確率0%との天気
予報を信じて出発する。 走っていると冬場の寒さ程でないが手がかじかむ
 瀬の本の三愛レストハウスでホット缶茶を飲んで体を温めながら休憩しな
がら、山々に目を移すと九重の山々の山頂は雪化粧をしていた。
 再び走り出し、道中にある阿蘇神社に立ち寄り参拝をする。 桜に包まれ
た神社を写そうと参道に出てみると桜林といった感じで咲いていて、アマカ
メラマンが熱心に桜を撮っていた。 そう、そう、駐車場の管理人代理さん
が桜の花が咲く季節はライトアップするとのこと、ライトに照らされた桜や
神社は幻想的なので夜にも訪れて下さいとの事 確かに!
 阿蘇五岳を越えて南阿蘇に到着する、午前中の天気は悪かったけど、観光
客の多さに驚いてしまう。 そう、そう、今回の目的地は「一心行の大桜」
でして、全国名水百選の1つに数えられる「白川水源」がある熊本県・白水
村?にあります。 桜の根元には墓石があって、昔、白水村付近にあった城
主の墓だそうです。 名前の由来は城主達の霊を一心に弔い行をおさめたと
いうところから「一心行」の名がついたとの事です。
 今年も台風で二本になったらしいけど咲いているかな? 行ってみたいな

 No.1:さくらツーリング・熊本編(阿蘇神社/一心行の桜等) 
 http://okota.net/tabi/030405/00.htm

  No.2:九州・桜咲くツーリング
 http://okota.net/tabi/040328/01.htm

〆さて、熊本だけでなく、山口方面の桜も紹介しますね。
 関門海峡を抜けて菊川の千本桜へ立ち寄るが、しばれる寒さの為か早咲の
赤い桜しか咲いていませんでした。 かなりガッカリ、いつが満開なんだろ
と思いながらR191へでて、海岸線を走って長門・青海島へ
 景勝地・青海島に向かう道があって、トンネルを抜けると直ぐ右手に小さ
な公園が見えます。 公園の駐車場でバイクを止めると、「みすず公園」の
碑と、その上にある小さな女の子が本を読んでいる像が出迎えてくれました。
 私はバイクを降りて公園内にある金子みすず詩碑(公園の名前の由来)を
探しながら桜のトンネルや花の垣根を見ながら登り、所々にある展望公園に
足を止めると、目の中に仙崎の町や青海島周辺の景色が目に飛び込んできま
す。 空には鳥が優雅に飛んでいる光景も見れます。
 近くは先ほどまで歩いてきた花が綺麗に咲いていて、昼間に訪れたのなら
お弁当を広げて食べたくなります。もし、北長門海岸国定公園の青海島見学
に訪れたなら、眺めのよいみすず公園にも、ぜひ立ち寄ってください。

 No.1:さくらツーリング・山陰編
 http://okota.net/tabi/030406/00.htm
 ※萩市内の桜も紹介しています。 

  番外編:関門・桜咲くツーリング
 http://okota.net/tabi/040403/01.htm
 ※紹介の場所と違いますが、道中で残念に思った菊川の千本桜など、下関
 市+菊川町周辺の桜を紹介しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆いつものぼやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〆会社で壊れて廃棄処分されるPCの正常稼動するパーツを頂いて、自宅で
ノートパソコンを組み上げました。 さぁ、第二の人生だよと、使っていた
のは良いのですが、数日後に電源コードが足が絡んで...ぷち Σ(==)
 流石に廃棄されるPCのパーツで組み上げたので、ディスクトップ機のよ
うに電源が落ちて、二度と立ち上がらなくなりました。

 OSから再インストールすれば修復しそうなので、HDDだけ買って来て
パワーアップしました。 ポンコツパソコンですがHDDの動きが速いので
性能もパワーアップしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆編集後記/備考
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〆このマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
  http://www.mag2.com/

〆配信登録/中止は下記のアドレスからご自身でお願いいたします
 http://www.okota.net/cube/mg/ebooks.htm
 http://www.mag2.com/m/0000125541.htm
 ※アドレス変更は、現在購読中のメールアドレスで一度購読を解除されて
  から、新しいメールアドレスで再度お申込みください。

┏━ (^¬^) ━━━━━━━━━
┃ いしのあるいし管理人・おこた ━━━
┃ http://www.okota.net/   ━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/