×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


No.0036

いしのあるいし ========================================== '06/12/26

          みなさん、おはこんばんわ (^^)ゞ     

                                                    No.0036
===================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆いつものぼやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇QRコードと地域GPSと商品紹介
 鹿児島への旅の途中で、聞き流していたニュースで、QRコードを使って媒
体と携帯サイトを連携した試みが流れていました。 内容は鹿児島の天文館
で通りの名前をつけて、電信柱などにQRコードをつけておきます。 観光客
が道に迷ったときに、電柱のQRコードを携帯で読ませると、現在地と最寄の
お店の紹介ページが表示されるとか?
 便利と宣伝を最新の技術でまとめる、コロンブスの卵的な発想で面白いで
すね。

 一人旅中だったので、ニュースを聞きながら、私だったらこんな感じで応
用するのにと思いながら走ってしまいました。
 いつも大型ショッピングモール内は、目印が少ないので迷子になっていま
す。 また、タイムセールなどが行なわれていても、帰ってからチラシを見
て気がついたり。。。とほほもありますよね。
 そこで、ふっと思ったのが、入口の案内装置に会員カードをかざすとポイ
ントや本日のお勧めが流れて、駐車場の番号や、公共機関で来たとかボタン
を押して、いざ買物。
 帰る時に案内装置に会員カードをかざすと、現在位置から駐車場や公共機
関までの道筋が表示されるとか。。。。
 さらに買物途中でも、QRコードを参照したり、案内装置に会員カードをか
ざすと現在の場所を教えてくれて、そのフロアーの特売情報が流れたり。
 んで、当日に全フロアーを制覇すると、数ポイントがついたり。 商品を
見て楽しむだけでなく、店内をオリエンテーリングして遊べると面白いです
よね。
 ショッピングセンターに訪れるだけで、楽しめるような企画は無いかな?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ホームページより、旅を追いかけて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12/21〜24に鹿児島と熊本を旅してきました。
 いつものレポートはは、正月休みを利用して編集する予定です。
 メルマガを読んで頂いている方に、BLOGや過去に行った旅行記を使っ
て、どんな所に訪れたのか、想像して楽しんでいただきますね。

〆出水の鶴
ここでは田んぼを人が入れないようにして餌付けをしています。 私が訪れ
た時は求愛ダンスの時期ではなかったので、大半が固まって、餌を食べる為
に下を向いたまま。 ちょっと残念。
 ただ、時折、数羽連なって、飛来したりするので、寒風が吹く中をじっと
我慢して待ち構えて何枚か撮影してきました。 そう、そう、ここ出水では
「ナベヅル」、「マナツル」が多く飛来します。
      → http://plaza.rakuten.co.jp/okota/diary/200612240002/

〆焼酎蔵薩洲はま田屋伝兵衛
      → http://www.okota.net/tabi/060820/hama.htm
※「はま」は機種依存文字で引っかかるので、わざと平仮名にしています。

〆指宿砂風呂
 砂風呂は海岸に湧出する温泉を利用した天然サウナと思ってください。
 それも海水が温められてと思いきや、地底奥深くに眠っている水脈が温め
られて沸いて出ているそうです。
 砂風呂の効用は、砂の重みによる指圧効果、海岸に打ち寄せる波の音によ
る効果(子供とおばさんが叫び回ってこの効果を打ち消しているので、静か
にして欲しいものです。)があるそうです。
      → http://www.okota.net/spa/08.htm

〆山川ヘルシーランド
風呂からお湯がこぼれるぐらいに入っているますので
首まで温泉につかると、錦江湾の水面と露天風呂の湯面が重なります。
視界が良いときには大隈半島や湾内を行き交う船を見ることができます。
      → http://plaza.rakuten.co.jp/okota/diary/200612220000/

〆開聞山麓自然公園
 ゴルフ場と併設されている開聞山麓自然公園へと向かう。 開聞岳の中腹
から池田湖、長崎鼻、山川町が一望できる。
 途中、閉鎖されたレストハウス前に立寄ると、ここの斜面前に芝生が敷き
詰められた場所で横たわると南国ムードが漂い。
      → http://www.okota.net/root/65.htm

〆開聞山周辺
      → http://plaza.rakuten.co.jp/okota/diary/200612250001/

〆枕崎
 薩摩酒造文化資料館『明治蔵』によると、製造現場が見れるだけでなく、
福井県に住んでいる人形作家が作った芋焼酎製造工程はほのぼのして面白か
った。 ひとりひとりの表情がユニークで、酒に酔っ払ってサボっている?
人形などがいるので、探して遊びのも一計
 試飲コーナーには原材料(芋)の違いによる味の変化が楽しめます。
      → http://www.okota.net/tabi/040111/01.htm

〆野間半島
 昔は大陸との貿易の港として日本三大津と歌われていて、筑前の博多港、
伊勢の安濃津とともに唐の津と呼ばれていたそうです。 海からそびえ立つ
山々が多く、リアス式海岸になっているので、風光明媚な景色が素敵です。
 また、日本文化大きく影響を与えた高僧鑑真が、日本上陸した土地として
記念館もあります。
      → http://www.okota.net/tabi/060820/noma.htm

〆川内高城温泉
 この温泉の歴史は古く、800年?も続いているとか。 この温泉を有名
にしているのは、全国名湯百選にも選ばれた...
 そんな事は、小さい、ちいさい。 維新の英雄の一人である西郷隆盛が大
好きだった温泉場として、薩摩の維新は殿様がここに彼を口説き来たところ
から始まる....なんて話はないけど、相談に来たそうです。
      → http://www.okota.net/spa/04.htm

〆崎津天主堂
 崎津天主堂は、町が教会に寄り添って、町に溶け込んでいる印象を受けま
す。 近くには、チャペルの鐘展望公園の案内を発見。
 和風の境内を抜けて急坂を上っていくとチャペルの鐘展望公園があって、
公園は恋人同士でならす鐘などがあって、教会巡りをしながらラストは..
恋人同士で訪れるには素敵な天草路です。
      → http://plaza.rakuten.co.jp/okota/diary/200612250002/

〆大江天主堂
 大江の町を見下ろす大江天主堂で、建物はロマネスク様式の白亜の聖堂で
昭和8年に設計施工したらしいです。 これまでの天主堂よりも光を多く取
り入れ、明るい色調でまとめているのが特徴らしいです。
      → http://www.okota.net/root/26.htm

〆バルンフェスタ
 23日夜の阿蘇盆地(大観峰の真下)で、バルンフェスタが開催されました
写真ではなかなかイメージができませんが、気球はクリスマスソングのリズ
ムに会わせて気球が光ります。
      → http://plaza.rakuten.co.jp/okota/diary/200612240001/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆編集後記/備考
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〆編集後記
 今回はインターネットで初詣できるサイトも紹介する予定でしたが、ネッ
ト上には神様はいないと言うニュースも流れて、紹介できるほども見つけら
れませんでした。。。。。。  残念。
 まぁ、あの独特の雰囲気で参拝してこそ価値があるという意味も理解でき
ますから、しかたないかな?

〆このマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
  http://www.mag2.com/

〆配信登録/中止は下記のアドレスからご自身でお願いいたします
 http://www.okota.net/remark/okota_menu.htm
 http://www.mag2.com/m/0000125541.htm
 ※アドレス変更は、現在購読中のメールアドレスで一度購読を解除されて
  から、新しいメールアドレスで再度お申込みください。

┏━ (^¬^) ━━━━━━━━━
┃ いしのあるいし管理人・おこた ━━━
┃ http://www.okota.net/   ━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/