×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×


No.0044

いしのあるいし ========================================== '07/11/23

          みなさん、おはこんばんわ (^^)ゞ 

                                                    No.0044
===================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆いつものぼやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新車を購入した1ヶ月後に転職?したので、保険などの切替で週末もどた
ばたしています。 退職金は日本版K401のおかげで貰え無いのですが、会社
で細々貯蓄していた分が戻ってきて、ホットしています。
 
 今日は久々に自宅でゆたりとハリーポッターの最新DVDとレミーのおいしい
レストランを見ています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ホームページより
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〆宮崎の旅
 あの旅の後、車は修理しないでCUBUからラフェスタに変更。 8月に宮崎
に行ったときには、車の不調を庇いながらの旅行だったので、車も新しくな
って、気分一新の旅行となる。
 前回よりも遅く出発したので、別府湾SAには旅の途中で休憩している車
が多かった。 大分で降りるが1本道を間違えて、湯布院方面へと走ってし
まう。 今回はトトロのバス停で有名な土々呂に立ち寄る。 人が多いと思
っていたら誰も居なかったので、バス停の前や周辺で車も入れて写真撮影。
数年前までは新聞などで宣伝された事もあって観光客で賑やかでした。
 青雲橋や日ノ影温泉駅から山越えして、ここに出て来るんですが、その頃
はバス停の前では人が入れ替わりで行列ができていたので、諦めた記憶が残
っていますが、この日は私一人
 まずは、今でも使われているバス停の前で1枚。 ここのバス路線は道幅
が狭かったので、小屋を川の上に建てた、全国でも珍しい停留所と思ってま
す。 川の砂洲?にある石で作ったミニトトロと以前はWCの場所にあった
猫バスが川の向こうに移動していたので、カメラに収める。

 10号線を南下して、途中からカーナビを信頼して西都市の古墳群を見に
行く。 平地に平屋の高さぐらいの丘と思っていたのが古墳で、車を降りて
見学する。 私が見学した古墳は土を盛った状態でなく、上空から見ると二
重丸といった感じであった。 その中央の丘に御棺が納められていて、その
周囲を囲むように.... 塀のように同じ高さで土がもってあった。
 カーナビを見ると「宮崎県立西都原考古博物館」が近くにあったので立ち
寄る。 博物館にしては珍しく無料で見学できた。
 内容は南九州の考古物の紹介で大陸から日本へ、また、逆として、九州で
は福岡などを中心として、大和方面の西へと文化が流れていく感じであるが
九州を旅すると分かるが、南九州は昔から周辺の王族などの文化の中心とな
った人達が戦いに敗れて、隠れ住んだ九州山脈があるからかな?
 完全に文化が違う感じがする。 福岡からR3を下りR10を上りながら
神社仏閣を見て回ると雰囲気が違うからね。 おもしろいよ。

 1日目:R10号南下編 宮崎へ
   → http://www.okota.net/tabi/070922/01.htm
 2日目:宮崎ぶらりと
   → http://www.okota.net/tabi/070923/01.htm
 3日目:五家荘を越え、阿蘇越えて
   → http://www.okota.net/tabi/070924/01.htm


〆バイクセンターツーリング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 太陽がまだ弱々しい光の頃の国道は流れが速く、流れに身を任せてバイク
センタに到着。 総勢4名でR10を南下し、青の洞門で大分から参加メンバー
と合流  早朝の青の洞門は、岩場に生えた木々に朝靄が垂れ込み、墨画の
風景といった雰囲気で寛ぐ、駐車場にはツーリング途中で休憩しているバイ
クは数台。 何故か、トイレの近くで休憩しているだけだった。

 福岡部隊との合流地を目指して、耶馬溪ダムでは大雨の爪痕を避けるよう
に迂回しながら耶馬渓を抜ける。 秋は風光明媚な一目八景を過ぎると、お
茶やソーメンのCM宣伝に使われそうな風景が広がっている。
 葉っぱを通して注ぎ込む陽射は、柔らかい緑色の光で染める。 道路沿い
の川は、岩がごろごろと転がっているが、奇岩といった感じで面白い光景で
ちょっと愉快。 峠を抜けてしばらく走ると玖珠町にでる。

	別府ツーリング
   → http://www.okota.net/tabi/070909/01.htm
	平戸ツーリング
   → http://www.okota.net/tankoro/motorcycle/2007/11/1015.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆編集後記/備考
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〆このマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
  http://www.mag2.com/

〆配信登録/中止は下記のアドレスからご自身でお願いいたします
 http://www.okota.net/remark/okota_menu.htm
 http://www.mag2.com/m/0000125541.htm
 ※アドレス変更は、現在購読中のメールアドレスで一度購読を解除されて
  から、新しいメールアドレスで再度お申込みください。

┏━ (^¬^) ━━━━━━━━━
┃ いしのあるいし管理人・おこた ━━━
┃ http://www.okota.net/   ━━━
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
ベースデザイン:http://hp-kitchen.com/