TOP >> Touring Wind

山口県・萩/長門方面(笠山・虎ヶ崎)

山口萩/笠山・虎ヶ崎 山口萩/笠山・虎ヶ崎

萩市の北の外れに日本海に突き出た島笠山があります。
笠山は一万年から三千年前の火山活動でできた標高112mの日本一の小さな火山です。
ここの麓には風穴という場所があって、この火山から抜けてきた空気が岩から噴出してきます。
夏場に訪れると体に良いエアコンといった感じで涼しいですよ。
その手前にある明神池は海と繋がっていて、海水魚と淡水魚が泳いでします。
お店屋さんで餌を買って、肴に餌付けしようとすると....
空を飛んでいるトンビが空中で餌をキャッチするので、本来の目的を忘れて遊ぶ方々も多いです。

山口県・萩/笠山・虎ヶ崎 また、春先になると、笠山の突端にある虎ヶ崎という場所があって、ここに椿の花が綺麗に咲き乱れます。
10haの広さに椿の原生林が広がっており、色々な椿が2万5千本咲いているそうです。
原生林というので、獣道よりは少しましな道を掻き分けながら回ると思ってましたが、実際には自然を身近に感じる為の整備された公園といった感じで、小鳥の鳴き声を聞きながらの散策となりました。
散策道は、桜の花が散るように、綺麗に咲いた椿の花が、そのまま落ちて、絨毯のように敷き詰められています。
広場では、各地....九州の椿や山茶花の花が記念樹として咲いていました。
また、椿の花は花びらが散っていくのでなく、花が散るので、散歩道は椿の絨毯が引き詰められる時もあります。
そういう私も、歩いていると、椿の花が花のまま、「ぼと」という音がしそうな感じで散っていました。