TOP >> Touring Wind

出雲方面へ(ソーマ銀の跡地)

石見銀山/ジパング・ソーマ銀の跡地 石見銀山/ジパング・ソーマ銀の跡地 石見銀山/ジパング・ソーマ銀の跡地
石見銀山ソーマ銀の跡地は16世紀〜17世紀の約100年の間には大量の銀が採掘され、戦国大名の軍資金や江戸幕府の財源として使われました。
また、石見銀山が佐摩村にあったことから「ソーマ銀」と呼ばれ海外にも数多く輸出されたそうです。
17世紀前半の日本で生産される銀は世界の産出銀の約3分の1を占めていたといわれています。
 石見銀の産出量は年間38tと推定されるので、かなりの部分を産出していたと考えられています。
我々も代官屋敷前の駐車場にバイクを止めて石見銀山の歴史を勉強....
最初の頃は落盤も多く、命がけだったとか....
銀山跡地近くの五百羅漢を見ると、 なんだか(ノ<)
今年は昔の日本を追いかけながら観光しているけど品質と言う意味の技術では、明治前の日本は捨てたもんじゃ無いことに気がついてきた。
出雲地方で出てくるタタラ&大鍛治にしろ、現代の技術では再現できない物を作っていたとか.....

まぁ、それぐらいの技術をベースで持っていなければ、頭の良い人が海外で活躍する程度どまりだったと思う急速に西洋化できたのは、目的が違うから評価は低かったけど、技術レベルが高かった証拠なんでしょうね。

石見銀山/ジパング・ソーマ銀の跡地 石見銀山/ジパング・ソーマ銀の跡地 石見銀山/ジパング・ソーマ銀の跡地