TOP >> Touring Wind

結婚式発祥の地・八重垣神社

日本の結婚発祥の地・八重垣神社 日本の結婚発祥の地・八重垣神社
八重垣神社神社の名前は知らなくても、小さい頃に聞いた物語....素盞嗚尊(すさのおうのみこと)が出雲を放浪中に八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した話を知っていますよね?
その後に命を救った稲田姫命と夫婦となって、ここの神社を建てて住んだそうです。
現世で初めての結婚という事から、この神社は縁結びの大神として祭られているそうで、写真を撮っていると朝も早いのに祈願をしている姿をちらほらと見かけました。

そういえば縁結びというと出雲大社が有名ですが、大国様を祭っているので、どちらかといえば生きて行くために必要な人と人の縁を結んでくれる神様だそうです。 まあ、友人や親友との巡り合わせになるのかな?
そして八重垣の神様同士がこの地上で夫婦となられたと言う事で、男女の縁を結んでくれるそうです。
縁結びに御利益のあるとか、何故かなと思えば、出雲の始祖にあたるスサノオウのお嫁さんを祭った神社だからとか? 
日本初の結婚式が行われたとの事 <= 私、思うに、これは効果抜群かな?

そう、そう、忘れてならないのは、社殿の奥の森に稲田姫が鏡として使ったといわれる鏡の池
まず、本殿で占い用紙を買って、その紙に硬貨をのせて水ぬ浮かべて、沈む時間で早婚、遅婚なのと恋の行方を占いができるそうです。
手前に沈むと近い人と縁があるとか、遠ければ遠距離恋愛
池に浮かべて沈むまでの時間(分)が年をあらわすとか。。。。
私の場合は、目を離した隙に沈んでいました(笑)

そして、日本最古の壁画が展示してあったので見てきました。 本当に最古?と思うぐらいに色は残っていて、ちょぴりと感動してきました。

日本の結婚発祥の地・八重垣神社 日本の結婚発祥の地・八重垣神社 日本の結婚発祥の地・八重垣神社