TOP >> 温泉めもめも


椿ヶ鼻ハイランドパーク・風の館

椿ヶ鼻ハイランドパーク・風の館 自然石と風の力を活かした準天然温泉..冷泉といった方が早いかな。
 冷泉とは15度以下で湧き出す、鉱物等を含んだ水の事で風力発電で発生した電力を使って暖めているそうです。 湯質も柔らかかったような気がします。
 最新の情報を得ようとWebサイトを訪れてみると、準天然温泉となっていたので気になったんですけど、ゴール・ウォームタイトも使用して温泉に近い成分にしているそうです。
 これだと人工温泉になってしまいますね。 ただ、最近はそういう事を隠している温泉も多いなか、逆に売り物にしているのが小気味良い感じです。

 場所は山の中を抜けるスーパー林道沿いにある椿ヶ鼻ハイランドパークというアミューズメントパーク内にある施設内にあって、パーク自体がアウトドア等のレジャーが楽しめます。 お風呂は自然の中にある大きなロッジ風になっていて、私はみんなが駐車場で遊んでいる間に入浴してきました。 駐車場に戻ると、谷から抜けてくる風が心地よく、火照った体を冷やすように隅でたたずんでいました。
 スーパー林道も数年前の台風で道が荒れてから低速で景色を眺めながら、大自然を楽しんでいます。