TOP >> 週末の旅人


チンチン電車/北九州市門司レトロの散策
チンチン電車
北九州市門司レトロの散策
関門海峡と双胴船
チンチン電車/北九州市門司レトロの散策
乗り込むことが出来る
リアル版の大正の町並み/北九州市門司レトロの散策
大正時代の町並み
 単に古い建物が並んでいる地域だった門司レトロ地区は海峡ドラマシップ【】が出来た。 対岸の下関を入れて、関門地域は本物の観光地になったような気がする。
 こんな事を言っているのは、小さな船着場の周辺に商店街を持ってきた感じの場所で、まだ、まだ、古い工場や湾岸施設の方が多く、観光客が陸路で九州入したさいのお食事場所的な所と思っていた。
 しかし、海峡ドラマシップができ、武蔵VS小次郎で有名な巌流島の整備、門司<=>下関間のフェリー移動時間の短縮によって、日帰り旅の目的地として遊べるようになった気がします。
 さて、海峡ドラマシップですが、1〜2Fは大正時代の門司の町並みを再現していて、写真に写っていない部分など、飲み屋街の再現とか、あと、お店屋さんもあってウィンドウショッピングを楽しめます。 貸し服店とかあれば面白いのにな〜
 海峡歴史回廊は、関門地区が関わった歴史を著名な人形師達が作った人形で再現していて、歴史に興味ない方でも歴史や小説をベースに再現しているので、その時にタイムスリップした感じで感動できました。 絶対、お奨め
 リアルタイム関門海峡は子供が喜びそうな施設ですが、足元に張ってある航空写真は地域住民の方は自分の家を探していたし、その他の方はスペースワールドなどの観光地を探して楽しんでしました。
リアル版の大正の町並み/北九州市門司レトロの散策
朝/昼/晩と光景が変わるようになっている
北九州市門司レトロの散策
海峡ドラマシップよりレトロ地区を眺める
ブルーウイングもじの橋が渡り、双胴船のボイジャー号が通過中
ブルーウイングもじ方面
北九州市門司レトロの散策
リアルタイム関門海峡の床
北九州市門司レトロの散策
海峡レトロ通り
北九州市門司レトロの散策
この後に行く、巌流島【


海峡ドラマシップ

門司レトロ旧舘

巌流島散策

めかり散策