TOP >> 週末の旅人

ふらりと出雲へ  歴史が神話だった頃編  

太鼓 【ふらりと出雲へ  歴史が神話だった頃】
庄原IC近くで発見したお店【

やまたのおろちに飲み込まれる!!
やまたのおろちループ橋
出雲おろちループ橋【
8/17 05:40
自宅より出発する。
空の天気が気になるのでカーナビから天気予報を入手するが目的地も雨(TT) まぁ、いいかぁ、今日は、移動日なのさ。

8/17 07:00
お腹の調子が悪いので美祢で休憩中です。 前日に私がどこにいくのか御題を出していた。
Iモード掲示板を見ると早速、鳥取県と解答が書いてあった。
私は境港が島根県と思っていて、不正解と言ってしまったけど、後で調べてみると、今回の旅は島根と鳥取の県境を観光するので、半分正解だった。

8/17 09:00
広島県に入り、トイレ休憩。 PAをうろついていると、広島つけ麺の文字
旅行に出たときに、土地の名前がついている料理に弱く、食べてしまう。
でも、中身は、冷麺にこの土地で取れたゆで野菜の細切れが入っていただけでした。 
あじゃ〜^^ と思っていたら、超人気メニューみたいでした。

とりあえず、木地線の亀嶽駅の御蕎麦が美味しいとの話を聞いていたので、
カーナビにセットして走り始めると、三次ICではなく、次の庄原ICからの案内。

8/17 10:00
庄原ICから降りてカーナビにしたがって山道に入る。 
そう、そう、インター近くで大きな太鼓を発見。 近づいてみると太鼓などを販売しているお店でした。
旅はこういったユニークなものを発見すると、行ってよかったと思ってしまう。

しばらく、走っていると、あれ? どこかで見た風景が目に映りはじめる。 そう、三次ICからの道と途中から合流していたのであった。 カーナビよ、差額を返してくれ(TT)

その道は出雲おろちループ橋で、やまたのおろちの顔をしたトンネルを潜り抜けて山を降り始める。
ループ橋からしばらく走ると、スイッチバックで有名な場所の前を通過。 非常に珍しいのだが...九州にもあって、ここにはSLが走っているのでパスしてしまう。
亀獄駅の扇屋そば
扇屋そば屋、駅舎を利用しているお店
亀獄駅の扇屋そば
うまいかった。 割子そば
亀獄駅の扇屋そば
木地線の亀嶽駅【

横田町で、前回、見学した場所以外を見学しようと思いながら、頭の中にある地図と、街の様相が違うので....どこにも行けなかった。
事実は、案内板の通りに走っていると何故か郊外へとでてしまい。 何度か繰り返したので諦めた。

8/17 11:00
木地線の亀獄駅に到着。 駅舎がお蕎麦屋さんになっていて、屋号は扇屋そばです。
ここは、人づてに聞いた話なので、違うかもしれませんが、駅長の趣味が、お店まで発展したとかで、超オススメといわれながら
昨年、ここに来たら立ち寄るようにと言われていながら立寄れずに悔しい思いをしたので、今回は数回、道に迷いながらも意地でたどり着いた。

割子蕎麦を注文して食べていると、どんどんお客が増えきた。 麺のこしは東京で食べたよりは柔らかでしたが、出汁はちょっと甘め。
気がつくと平らげてしまっていたけど....後でも蕎麦を食う予定だったので、腹三部で立ち去る。
そう、そう、感想は九州人にとっては、やはり、他の人にも薦めたい味でした。

また、この先のスイッチバックの部分を楽しみにトロッコ列車でこの駅に訪れるお客さんもいるそうです。
作り置きはしないので何時の列車でと事前に電話で予約しておくと「そば弁当」を停車中に購入できるそうです。
美味しいそばを食べながら窓の外を流れる風景を味わいながら頂くのもよさそうですね。


亀獄駅の
蕎麦を食べに

須我神社
を散策

玉造温泉
と伝承館

出雲大社

日御崎神社と
島根ワイナリー

旧本陣と
鰐淵寺