TOP >> 週末の旅人

薩摩の旅 『渡り鳥・鶴』     

鹿児島・出水のなべ鶴

鹿児島・出水のなべ鶴 鹿児島・出水のなべ鶴 鹿児島・出水のなべ鶴

朝、いつもの通りに目が醒める。
鹿児島に住んでいる友人宅に遊びに行くのが目的なので、この時点になっても目的地は決めていなかった。
取り合えず天気予報を見ていると帰りの日が雨との事なので、到着予定時間を考えながら出水で鶴を見て霧島神宮に参拝する事にした。
 日が昇ると同時に出発して高速に乗り込む。 長距離は走るので疲れないようにゆっくりとしたペースで走っていく。 日奈久ICで下りてR3を走っていく。
 予定通りに山道になった所で、今回も50km/hの所を30km/hで走る車に捕まってしまった。 対向車線にトラックが来ると、3テンポ遅れてブレーキを踏まれるので、車間もたっぷりとあけてついていく。
 しばらく走って津奈木太郎峠にさしかかると、日奈久〜水俣間でゆういつの?追越車線なので、びゅんびゅんと無理して車が抜いていく。  私も取り合えず、30km/h走行の車を抜く。 

 峠を越えてつなぎの町並みが見えてくると、つなぎ駅を中心に温泉や美術館等があって休憩を兼ねた観光をするにはGoodな施設が並んでいる。
ただ、事前に知識がないと休憩できる場所がないと思って通過してしまう。 
 個人的には、これらの施設を纏めて道の駅にしてくれれば通過してしまわないのにと思う....って、今回は先ほどの峠で遅い車を追抜けた安心感から立寄るのを忘れていた。


鹿児島・出水のなべ鶴 鹿児島・出水のなべ鶴 鹿児島・出水のなべ鶴

 水俣市内に通過すると海を眺めながらの走行となる。 この頃から道脇に「薩摩街道」という看板が目に付いていく。 出水市内を抜ける頃に観測センターへの看板を発見。 鶴を見にセンターへ立寄る。
 今回も撮影のベストポジションで陣取りしているカメラマンの方々が、観光客が鶴にカメラを向けると人の前をうろうろ。 うろうろ
 p(((><)))q 無茶苦茶腹が立つ。 他の観光客も残念そうに立ち入り禁止区外で餌をついばんでいる鶴の近くまで歩いていって記念写真を撮っている。 私も彼らがいない場所まで、随分と歩いていって鶴をやっと撮影できた。 

 さて、ここでは田んぼを人が入れないようにして餌付けをしています。 私が訪れた時は求愛ダンスの時期ではなかったので、大半が固まって、餌を食べる為に下を向いたまま。 ちょっと残念。
 ただ、時折、数羽連なって、飛来したりするので、寒風が吹く中をじっと我慢して待ち構えて何枚か撮影してきました。
 そう、そう、ここ出水では「ナベヅル」、「マナツル」が多く飛来します。  ナベ鶴は体が....については、出水市のホームページが詳しいので参考にしてください。 詳しく解説しています。
鹿児島・出水のなべ鶴 鹿児島・出水のなべ鶴