TOP >> 週末の旅人

薩摩の旅 『鹿児島市内より』     

西郷隆盛が最後に過ごした祠
西郷隆盛が最後に過ごした祠
城山から見た桜島
城山から見た桜島
鹿児島・磯庭園(仙巌園)
磯庭園で、牡丹の展示
最終日も9時ごろに出発する。
家の外にでると、屋根や車に3mm高さの霜が下りているので驚く。

R3を南下して市来市から高速に乗って天文館へ
鹿児島水族館と県庁と城山のある地域にあるのは分かるんだけど.....町中は方向音痴のこの私....結局、どこが天文館で、車はどこに止めて良いのか分からずにぐるぐる
※「天文館どっとこむ」というサイトがあるんで、事前に調べれば良かったんですけどね。
 また、名前の由来は、薩摩の殿様が、ここに天文観測や暦の作成などを行う施設の別名からです。 ここは市民が楽しむ繁華街としてだけでなく、白熊君やカスタード饅頭で有名な蒸気屋等が並んでいるので、観光客も訪れて遊んでいきます。

水族館に止めて歩けば見つかったのかな?と思いながら城山に登っていく。
途中で西南戦争の際には西郷隆盛が自刃した西郷洞窟の前で、あれ?何だろうと、車を止める。
知らなかったので、維新で活躍する前に幽閉されえちた時代の記念碑かな?と思ったけど、最後の場所だったなんて。 (^^A

城山の駐車場に車を止めて城山展望台へ
普通の公園と思っていたんだけど、駐車場からはお土産屋さんの前を通らないと行けないように柵で仕切られていた。 げげ(××) それにしてもお土産屋の方々はキャッチボールしたりと遊んでいた。
通り過ぎながら商品を見たけど懐かしい物ばかりで、城山にきたぞ〜という商品がなかったので何も買わずに通過する。
展望台まで歩いて来ると生茂った木々の間から噴煙を上げている桜島や眼下には官庁街が見渡せます。 夜はデートスポットと聞いたけど、昼間も老夫婦などが多く休んでいた。
鹿児島・磯庭園(仙巌園)
城門
鹿児島・磯庭園(仙巌園)
御殿(+500円払って中を見学する価値はあり)
鹿児島・磯庭園(仙巌園)
御殿に隣接する庭
鹿児島・磯庭園(仙巌園) 城山から車で5分ぐらいで磯庭園(正式名称は仙巌園)へと行く。 
 磯庭園の駐車場は、偶然にも少林寺?の寒稽古で満車120%(園内にも臨時駐車)で、30分ぐらい待ってやっと入場。 700台も駐車できる所なので、こんなに待ったのは初めて。
 さて、この園は、薩摩のお殿様の別邸で周囲の風景も考慮に入れた設計になっているので、桜島を見りには絶好なポイントです。  殿様が生活した御殿を中心にした和風庭園に竹林や曲水の庭等が広がっており、散策するように観光するには楽しい所です。
 そう、そう、猫神等があるので、猫好きな方は一度参拝にこられては如何でしょうか?

今回は訪れませんでしたが、隣接している江戸末期に建てられた洋式工場を利用した尚古集成館があって、薩摩の殿様に関る品を中心に、この地方の文化や歴史が感じられる物が展示されています。 
磯庭園と共通券になっているので、せっかく、ここに訪れたのなら立寄ってくださいね。
え? 帰りの時間を気にしていたのと、2〜3年前に訪れたのでパスしただけです。(笑)

駐車場から高速に乗るために目の前の道路を右折でなく、海岸線にでて多賀山公園脇から吉野ICへ
この多賀山公園は提督といわれる方が憧れたという東郷平八郎の銅像があるらしいです。 寄ってみようかな?と思いながら駐車場が分からなかったんでパスして、高速のICへ

                                 The end
鹿児島・磯庭園(仙巌園)
御殿からの桜島
鹿児島・磯庭園(仙巌園)
磯庭園億からの桜島
鹿児島・磯庭園(仙巌園)
こういった池があります。