TOP >> 週末の旅人

平戸ぶらぶら

長崎平戸巡り
阿蘭陀商館跡地から平戸城を眺める
長崎平戸巡り
三浦安針の墓
長崎平戸巡り
商店街出見つけたおらん像
長崎平戸巡り
松浦資料館
 日本本土・最西端の観光が終わったのが午前中。 展望台から平戸が見えた時に頭に...
そういえば、平戸温泉で城下雛まつりが行われている事を思い出して行って見る。

赤い平戸大橋を渡って...あれ? 前回、訪れた時は無料だったので、慌てて料金を払う。
平戸観光はいつも駐車場を探しに苦労する。 歩いてと思っていたら港を通り過ぎて丘にある公園に来た。

少し、公園を散策すると三浦安針の墓?記念碑があった。 なぜ? 横浜では?
やはり、史跡を観光をしようと松浦史料博物館へと行って見た。
平戸というと江戸時代に鎖国するまでの阿蘭陀との港とイメージが強いですけど、この土地を治めていた松浦氏は、源平・壇ノ浦合戦に登場する松浦水軍だったりします。 
長崎平戸巡り
おらんだ橋【
長崎平戸巡り
人形は「まる優」マークってな感じで、
長崎平戸巡り
美味しいチャンポンを食べた店も展示していた
長崎平戸巡り
港では気持ちよく泳いでいた
長崎平戸城
港を監視するように平戸城が見える
歴史的に古いので珍しい物は無いかな?なんて思いましたけど、豊臣秀吉の時代に立てられたので、雛人形が3歳児の大きさだったのと、干支をイメージした人形ぐらいでした。 平戸特有の雛人形があるかな?なんて訪れただけに、ちょっと残念 古より伝わる人形は豪華さを競っても、私にはわからないので、平戸だったら阿蘭陀風の雛人形あるかなんて期待して港に下り、オランダ商館の跡地に歩いていく。 雛祭り期間なので商店街にも...期待しすぎだった。
寂しさを感じながら写真を撮って、平戸市役所前にあるお店でもつ入りチャンポンを頼べる。 普通のチャンポンだったけど、美味しかった。
このまま帰るのも勿体無いので平戸城に立寄る。 城跡地が運動公園といった感じになっていて、城と思っていたら菩提寺なのか神社がどでんと迎えてくれる。
あれ? と思うと、その奥に城を発見。 中身は何処でも同じで松浦氏の歴史や郷土の宝でしたけど城から見える風景は格別でした。
長崎平戸城
平戸城入口に構えている狛犬
長崎平戸城
地蔵坂櫓
長崎平戸城
北虎口門
長崎平戸城
平戸城【】から大橋方面を眺める